シリヤケイカが簡単に釣れる改造エギの作り方!と、沖漬け(笑)

釣り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

やってみたら意外と楽しかったシリヤケイカエギング

色々とエギを試してみたりするのも楽しいところ。
そこでエギを改造して釣ってみたのですがこれが反応◎。

シリヤケイカの反応が良いボトムをしっかりと探ることのできる改造エギはとても便利。
作り方は簡単。手順をまとめてみました。

今回はそんな改造エギでシリヤケイカを釣り、やってみたかった料理を試します。
その料理は沖漬け。シリヤケイカを沖漬けにするってあまり聞かないですが……やってみたら結構おいしかったですよ!

改造エギでシリヤケイカを釣って沖漬けにしたい

ボチボチとやっているシリヤケイカエギング。

夕マズメからのんびりと始めるスタイル。まったりやる釣りも結構楽しい。

これまでは色々なエギを取っ替え引っ替え試していました。
ボトムを常にとるのでオモリをつけて使ったりもしていたのですが、調べていたら良さそうなカスタマイズがあったので今回はそれを試してみたいと思います。

改造エギでシリヤケイカを釣る

改造する……ということで100円ショップのエギを使って最初は作ったのですが、バラシが多発したので100円じゃないエギで再挑戦です(笑)

エギのシンカーをペンチで抜き取ってヒートンを設置。

使うのはパタパタQラトル。

改造するのに躊躇しますが、良いエギのほうがフックがしっかりしていてバラシが少ない印象。

後はヒートンにハリスなどで接続してオモリをつけます。
今回はレンジを高めにしたかったので、ショックリーダーで接続。

水槽で泳ぎを確認すると、浮力のあるエギは地面から離れたところで水平姿勢をキープしてくれます。

いざ、実釣。
改造100円エギでアタリが連発したので効果は実証済み。自信を持って海へ投入です。

後はオモリを地面に引きずるようにゆっくりリトリーブするだけの簡単なお仕事。
何かに引っかかったように重くなったらシリヤケイカがエギを抱いている合図。

始めてすぐにシリヤケイカが釣れました!
この改造エギだとエギのレンジも簡単に調整できるのが良いですね。使い勝手良いです。

シリヤケイカを釣ってすぐに沖漬けにしてみた

さて、今回やってみたい料理は沖漬け。

醤油2:みりん1:酒1の割合で作っておいた漬けタレに、釣ったシリヤケイカをそのまま投入。
これでイカの体にタレが染み渡ります。

自宅に戻って冷蔵庫に入れて一晩漬けます。

取り出してみると身に程良くタレが染みて茶色い仕上がりに。
今回は捌いて丼にしてみることにします。

シリヤケイカの沖漬け丼。
卵黄でも添えればご馳走です。

シリヤケイカの沖漬けの味は……アオリなんかに比べれば甘味は無いですが、コリコリした食感とタレの旨味の相性が抜群でおいしい!
あまり評判の良くないシリヤケイカですが、ちゃんと調理すれば十分に美味しいです。

それにしても、改造エギは本当に効率良く釣れますね。
楽しくなってきたところでシーズンが終わってしまったので、また来年かな。

ナチュラム 楽天市場支店
¥10,288 (2024/07/14 02:38時点 | 楽天市場調べ)
釣具のキャスティング 楽天市場店
¥57,200 (2024/07/14 01:02時点 | 楽天市場調べ)
タイトルとURLをコピーしました