香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

家族との香川旅行。
巨大な鳥居が目印の田村神社に訪れたところ、隣接した寺があることに気付き立ち寄ってみました。

そのお寺は、一宮寺(いちのみやじ)。
四国八十八箇所霊場の第八十三番札所となっている寺です。

田村神社ほど広い敷地ではありませんが、弘法大師も訪れたという寺は、雰囲気も良いので田村神社と共に訪れていただきたいおすすめの場所です。

お遍路さんが多く訪れる「一宮寺」

一宮寺があるのは香川県高松市の一宮町。
田村神社の表参道から出て少し歩いたところにあります。

アクセス方法は田村神社とほぼ同様になりますので、下記の記事からご覧ください。

香川県高松「田村神社」美しい鳥居と境内とみずみくじ初体験

時間帯や曜日の関係もあったのかもしれませんが、他の寺に比べてお遍路さんが多くいらっしゃいました。

仁王門(山門)

香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

田村神社側から訪れると、最初に目に入るのが仁王門(山門)。
屋根瓦葺きの表門です。

両脇には仁王尊立像がたち、特大サイズの大わらじが奉納されています。
わらじには、旅の道中の安全を祈願する意味があるそうですよ。

本堂と大師堂

香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

境内に入ると本堂が正面に見えてきます。
大きくはありませんが、風格がある立派な本堂です。

弘法大師の作といわれている、聖観音菩薩がありますよ。

香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

四国八十八箇所霊場の第八十三番札所ということもあり、こちらにも「水曜どうでしょう」でおなじみの彼が迎えてくれます。

大師堂

香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

こちらは大師堂。
「一宮のお大師さん」として親しまれています。

奥に鎮座する大師像を拝顔できます。
また、天井一面には先祖供養・家内安全を祈願した吊灯籠が納められていますよ。

まとめ

このお寺は決して広くないながらも、歴史を感じられる雰囲気と荘厳さが感じられました。
雰囲気も良いので、田村神社と共に訪れていただきたい場所です。

このお寺に立ち寄ったことで、ますますお遍路参りをしたくなりました。
いつかいろいろなお寺を参って廻ろうと妻と誓ったのでした。


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!


香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

世界最大の口コミ旅行サイト
香川県高松市「一宮寺」観光途中に立ち寄った巡礼第八十三番札所

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*