「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

珍しく神奈川県への釣行。
夜通しで釣りをした後、釣り場近くの三浦半島を巡っていると、あっという間に昼間近。

釣りをした後はお腹が妙に減るんですよね。
ということで、友人と一緒に調べて見つけた「グルメ館 豊魚」へ行くことに。

そこで食べたのがマグロ丼。
三崎港に近いということもあり、このマグロが絶品!なんとも贅沢な昼食となったのでした。

「グルメ館 豊魚」は2階にあり、1階には鮮魚が並ぶ「三崎生鮮ジャンボ市場」があります。
おいしい食事をした後は、鮮魚売り場で土産にとサザエを購入。港に近い場所らしい時間を過ごすことができましたよ。

神奈川県三浦市にあるグルメ館 豊魚 (ぐるめかん ほうぎょ)へ

神奈川県にある三浦半島の三戸浜堤防での釣りのあと。
せっかく遠出してきたのでと釣り場近くを巡っていました。

週末釣りで三浦半島の三戸浜堤防へ!釣果はアイゴ(もらいもの)
三浦半島の「黒崎の鼻」で眺める絶景!駐車に若干難点ありですが…

そんなことをやっていたら、気付けばもう昼時。
釣りの合間におにぎりなんかを食べてはいるのですが、釣りは意外と体力を使うのですぐお腹が減るんですよ。

そこで向かったのが「グルメ館 豊魚」。
せっかくなのでおいしい海鮮物でもと調べていたところ、生鮮市場とも同じ建物にあり、車でそう遠くなかったこともあって行ってみることにしたのでした。

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

睡眠不足というか夜通しの釣りでほとんど寝てなかったので、ぼーっとしていて店の外観なんかを撮るのを忘れておりました。
なぜか店頭に設置されていた大きな水槽の中のイセエビはバッチリおさえていたようです。あー、イセエビも食べたいですねぇ。

いや、今日は折角三崎近くにいるんだから、マグロでしょう、マグロ。

「グルメ館 豊魚」の広々とした店内は団体利用も可能

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

店内に入ってみると、なんとも広々としたスペースが広がっておりました。
たくさんある席はその数なんと250席。団体さんも利用されていましたよ。

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

2階なのですが、結構な高さがあり、座席からは緑豊富な林が見える景色が。
窓も広く陽の光がしっかりと入るため、明るい印象の店内でした。

絶品マグロ丼を頬張る!

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

注文したのはマグロ丼。味噌汁付きです。
友人はマグロ以外の魚なんかも盛られたマグロ・イクラ丼なんかを注文しておりましたが、僕はマグロ一択。マグロ堪能希望。

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

どうですこの厚みのあるマグロの切り身がこれでもかと盛られたマグロ丼。
どんぶりも大きくてボリュームたっぷり。おいしい!がほぼ確定している一品ですね、これは。

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

贅沢に掻き込みたい衝動を抑えつつ、まずはマグロの切り身をおひとつ。中トロと赤身がどちらも盛られているのが、こちらのマグロ丼のいいところ。
中トロ部分は旨みのある脂が口の中で溶けるようで思わず唸ってしまうくらいの仕上がり。

「グルメ館 豊魚」のまぐろ丼が絶品でほっぺた落ちそう(神奈川県三浦市)

赤身部分は程よく歯ごたえもあり、新鮮なものはマグロ本来の味が楽しめて実においしい。
中トロ→赤身→中トロ→赤身……このループが無限ループであることを何度願ったことか。ま、終わりがくるからおいしいんですけどね。

ということで、結構なボリュームだったにも関わらず、あっという間に米一粒残さず食べきってしまいました。

まとめ

こんな昼食であったら、何度でもウェルカムな大満足のランチ。
マグロが名物という土地で最近マグロを食べていなかったのですが、やはりマグロが名物という三崎港に近いこともあっておいしいですね。圧倒的でした。

今回食べたマグロ丼は、中トロと赤身がどちらも盛られているのが嬉しいところでした。
脂の旨みを楽しんだ後、マグロ本来の旨みを楽しむ。その繰り返しは至福そのもの。また近くに行くことがあればぜひ立ち寄りたいお店です。


グルメ館 豊魚 (ぐるめかん ほうぎょ)

■住所
神奈川県三浦市南下浦町菊名751-10

■TEL
046-887-1616

■営業時間
11:00~21:00

■定休日
年中無休 *年末年始他 特別休業あり


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*