2023年初ブラックバス釣りで初バス出るも厳しすぎるバス釣り|霞ヶ浦水系ブラックバス釣りブログ

釣り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

久しぶりのブラックバス釣り

色々情報を見ていると相変わらず厳しそうな雰囲気の霞ヶ浦水系。
冬の間はタナゴやヘラブナ釣りをしていたので、3月初旬になってようやくの2023年初バス釣行です。

暖かくなってどうかな……と思っていたのですが、厳しさ変わらずのバス釣り。
あ〜こんなだったなぁと思い出しながらの釣行となりました😅

初バスが出てもなんだか気持ち良さの無いバス釣り

冬の釣りは厳しく……反応が欲しくて淡水小物釣りをメインにしておりました。

さらにヘラブナ釣りを始めまして。

1月2月の寒い時期はこの辺の釣りをしていました。

さらに秋〜冬は海釣りに出ていたので、バス釣りは長い間やっておりませんでした。

1月には富士見池ではバスを釣っているのですが、野釣りは昨年の9月以来。

釣れるのかしら……と不安を持ちながらも、久しぶりに一日バス釣行です。

霞ヶ浦本湖→流入河川→北浦と巡るもブラックバスからの反応が無い……

早朝、霞ヶ浦本湖からスタート。

まだ月が出ております。

本湖から始めてアシ際などを探ってみるも反応無し。
一度バイトがあったものの引き強すぎで嫌な予感満々でしたが、予想通り残念ながらアメナマ。

あぁ、やっぱり厳しい😇

本湖を離れいくつか水路の様子を見てから、牛堀へ。

始めて1投目でコココン!とアタリ。ライン出たのであわせてみると、バスでした。
なんともあっさり。

ここまで大きめのルアーを使っていたのですが、反応があまりに無いので一誠の沈み蟲1.8インチ。
ネイルシンカーを突っ込んでバックスライドな感じで。

軽くしたのが良かったかな?と期待して続けるもその後は一才反応無し。
ま、交通事故的なやつですね。

初バスなのになんでしょう。
今年はバス釣りあまりやってないこともあって、あまりしっくりきません。

その後は強風になってきたので、北浦でシラウオパターンを期待して狙ってみるもシーバスのアタリだけ。
んー厳しい。

日没まで続けてみたものの、結局朝の一匹だけ。
とりあえず釣れたので良かったものの、疲れのほうが勝る釣行😮‍💨

それでも釣っている人はどこかで釣っているんですもんね。

この日は川村光大郎さんとオリキンさん(おそらく)が撮影していました。
バスも右肩上がりになっていくと良いですねぇ。

釣具のキャスティング 楽天市場店
¥21,329 (2024/06/17 12:08時点 | 楽天市場調べ)
ナチュラム フィッシング専門店
¥21,414 (2024/06/17 12:08時点 | 楽天市場調べ)
釣具のキャスティング 楽天市場店
¥35,640 (2024/06/20 13:15時点 | 楽天市場調べ)
ナチュラム 楽天市場支店
¥6,900 (2024/06/20 13:15時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました