さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

海沿いに行ったら食べたくなるのが海鮮料理。
妻と2人で茨城県鹿嶋市に遊びに行った際、せっかく海の近くに来たのだからと銚子まで出て夕食に海鮮料理を食べることにしたのでした。

海沿いを車で走り店を探していると、暗い中に煌々と光る看板が目立つ一軒の店を発見。
さかな料理 礁 (いくり)」という店でした。

店の外には「生まぐろ」と張り紙がされていたりと、銚子港から近いこともあり、新鮮な魚がいただけるのではないかと即決して店内へ。
刺身が食べたいと刺身を中心とした膳を注文します。

礁 (いくり)では、銚子港に水揚げされた地魚のみを提供しているとのこと。
それもあってか刺身は新鮮。刺身を食べたい!という欲求を十分に満たしてくれる食事となったのでした。

東国三社の鹿島神宮と息栖神社を参拝後に銚子へ

ある晴れた休日の朝。
春を目前に控えた暖かい風に誘われて、妻と2人、自然が多い鹿島神宮へと訪れることにしました。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!
茨城県鹿嶋市宮中にある神社、鹿島神宮(かしまじんぐう)。古くは常陸国風土記に鎮座が確認される東国随一の古社であり、創建は神武天皇元年。 なんと紀元前660年創建という歴史…

日本三大楼門の一つに数えられる楼門が出迎えてくれたりと、始まりから荘厳な雰囲気で見所の多い鹿島神宮。
ただ、それよりも僕ら夫婦が鹿島神宮に足を運びたくなるのが、鹿島神宮周辺に広がる森の中を歩けること。左右が豊かな緑に覆われた300mほど伸びる奥参道を中心とし、自然の中を心地良く歩ける道がいくつかあるのです。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

写真だけを見ると山の中を歩いているかのようですが、参道から少し森の中に入っただけでこんな景色になります。
夏でも不思議とひんやりとしていて、緑と土の匂いも濃く、歩くだけで身体が軽くなるような感覚になります。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

鹿島神宮を訪れた後は息栖神社へ。
どちらも東国三社と呼ばれる神社のひとつ。もう一つは香取神宮ですが、この3つを参拝すると伊勢神宮に一度参拝したのと同じ御利益をいただけるとか。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

息栖神社を参拝後に、目の前にある利根川を眺めていると、若干小腹が空いてきていることに気付きます。
さて、夕食はどうしよう?と妻に聞いてみると、せっかく海が近いところにいるので刺身が食べたいとの返答。これには僕も同意。

せっかくだからと、車で30分弱のところにある銚子へと向かい、気になった店に入ってみることにしたのでした。

銚子港に水揚げされた地魚をいただける店「さかな料理 礁 (さかなりょうり いくり)」

本銚子駅から700mほど。

利根川沿いの道を車で走っていると、暗い中に煌々と光る看板が目立つ一軒の店を発見。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

「さかな料理」の文字や「生まぐろ」の張り紙。
刺身が食べたいと考えながら車中から店を探していた僕ら。銚子港からも近く、この店なら目的のものを食べられそうと思いこの店に決めたのでした。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

外観から見る通りの広い店内。川側にカウンター席があったので、そちらに座ることにします。店は利根川の目の前、川と言ってもほぼ海とつながる河口部分です。
夜だったので川は真っ暗ですが、明るい時間であれば川を眺めながら食事ができるんでしょうね。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

さて、希望に叶うものはあるかな……とメニューをみてみると、ありますあります刺身の数々。
お値段はそれなりにしますね。ま、旨い飯が食えればそれで良いのです。

妻が礁膳、僕は刺身にぎわい膳、さらに〆鯖を注文します。

〆鯖

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

最初に運ばれてきたのは〆鯖。380円也。
しめ鯖と言っても、店によってしめ具合がかなり異なりますが、この〆鯖はよくしまっていそうな見た目をしていますね。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

お味のほうはと言うと……予想通りよくしまっていて、かつ醤油に浮かぶほど鯖に脂がのっていて大変美味。
ただ、一部凍っている部分があったりしたので時間をおいて残りは食べました。おいしいだけに残念。

膳と一緒に持ってきてくれれば良いのに……とも思いますが、こちらのお店、料理の提供までそれなりに時間がかかります。

注意書きにも書かれていましたが、出来立て・揚げたてをおいしく召し上がっていただくために作り置きはしない、ゆえに時間がかかるとのこと。また、予約客優先の料理提供となるそうなのでご注意を。この時も2階に団体の予約客がいるようでした。
僕ら夫婦は待たされても仕方無しと思えるほうなのですが、周りにイライラしている方がいるとそれに苛立ちます。席座ってすぐ食いたいならファーストフードで飯食うか、自分で魚買って鮮やかに捌いて食えば良し。

刺身にぎわい膳

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

さて、メインの膳。まずは僕が注文した刺身にぎわい膳から。1,700円。

内容は、

  • 刺身の盛り合わせ
  • 香の物
  • ご飯
  • 味噌汁
  • 小鉢(ひじきの酢の物)

となっています。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

まぐろを中心に据えた刺身の盛り合わせ。
銚子港に水揚げされた地魚のみ使用。板長が直接買い付けに出向いているという魚の刺身、期待してしまいますね。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

刺身は文句なし。食べたい!という欲求をドンピシャで叶えてくれる刺身です。
どの刺身もそれぞれ質が高くじっくり味わえます。

さらに、刺身とタッグを組む白飯もおいしい。
刺身定食なんかで刺身はおいしいのに白飯はベチャッとしちゃっていて残念……なんてことが割とありますが、こちらの白飯は米が立っていて甘みもあり美味。千葉県の契約農家から仕入れたコシヒカリ100%のお米を使用しているようですね。

ちなみに膳はご飯のおかわりが可能。
空になりかけたところで、スタッフさんが「おかわりいります?」と声かけてくださいました。モリモリ2杯食べてしまった。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

ひじきの酢の物は味がよく、味噌汁にも海藻が入っていたりと刺身以外もしっかりとおいしい。
野菜や食材も地元のものを中心とし厳選して使用しているそうです。

礁膳

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

妻が注文した礁膳。1,800円。
天ぷらがある分、見た目からして刺身にぎわい膳よりもこちらのほうが豪華ですね(笑)

ちなみに「礁 (いくり)」は”潮の満ち引きで見え隠れする岩の事”だそうです。初めて知りました。

さかな料理 礁 (いくり)|銚子の地魚を刺身で堪能!旨し!

天ぷらを分けてもらって食べましたが、揚げたてでおいしかったです。
僕みたいに刺身をたくさん食べたければ刺身にぎわい膳、天ぷらも含めて食べたければ礁膳が良いかもしれませんね。

まとめ

銚子で見つけた「さかな料理 礁 (いくり)」。
刺身を食べたいと思って入った店ですが、その欲求を見事に解消してくれた形です。

ロケーションが利根川河口前と良いところにあるので、次は明るい時間に行ってみたいですね。


さかな料理 礁 (さかなりょうり いくり)

■住所
千葉県銚子市港町1635-1

■TEL
0479-24-8211

■営業時間
11:00~20:00

■定休日
火曜日


カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
グルメ 和食

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*