『一宮寺(いちのみやじ)』香川県高松市にある第八十三番札所【香川・愛媛旅行編】

『田村神社』をお参りした後、すぐ隣にお寺があることに気がつき立ち寄ってきました。

引き続き香川・愛媛旅行編です。

 

お遍路さんが多く訪れる『一宮寺』

f:id:islog:20151230202355j:plain

一宮寺(いちのみやじ)は、香川県高松市一宮町にある真言宗御室派の寺院。四国八十八箇所霊場の第八十三番札所。讃岐国一宮の田村神社に隣接する。本尊は聖観音。
本尊真言:おん あろりきゃ そわか
ご詠歌:讃岐一 宮の御前に 仰ぎ来て 神の心を 誰かしらいふ

寺伝によれば、義淵により大宝年間(701年 – 704年)に大宝院として創建され、後に行基が一宮寺と改めたという。その後大同年間(806年 – 810年)に空海(弘法大師)が伽藍を整備し聖観世音菩薩像を刻んで本尊として安置したと伝えられる。
江戸時代までは隣接する讃岐一宮である田村神社と同一視・混同されていたが、延宝7年(1679年)に時の高松藩主である松平頼常によって分割され、現在に至っている。

引用: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%AE%AE%E5%AF%BA

一宮寺』は田村神社の表参道から出て少し歩いたところにありました。

時間帯や曜日の関係もあったのかもしれませんが、他の寺に比べて多くのお遍路さんがいらっしゃいました。

こちらにも門に大きなわらじがあります。

本堂と大師堂

本堂

f:id:islog:20151230202431j:plain

大きくはありませんが、趣のある立派な本堂です。

こちらでも『水曜どうでしょう』ではおなじみの彼が迎えてくれます。

f:id:islog:20151230202444j:plain

大師堂

f:id:islog:20151230202520j:plain

こちらでは奥に鎮座する大師像を拝顔できました。
このお寺は決して大きくないながらも、歴史を感じられる雰囲気と荘厳さが感じられ、個人的には好きなお寺となりました。

まとめ

このお寺に立ち寄ったことで、ますますお遍路参りをしたくなりました。
いつかいろいろなお寺を参って廻ろうと妻と誓ったのでした。


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*