洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

地元、葛飾区立石。
これまでも立石にあるお店については色々と記事にしてきましたが、まだいくつか行きたいと思っていてもなかなか行けていないお店があります。
嗚呼、酒好きと食いしん坊を魅了する町、立石。

さて、そんな僕の”行きたい店リスト”に長い間入っておりました1店に訪れてきました。
洋食工房ヒロというお店です。

いただいてきたのは人気メニューの”ミックスフライ“。
ミックスフライと言っても、ファミレスなんかのものとは違います。なんていっても、海老が立っていてまして……。

あとは写真で見ていただくとしましてw
美しいお姿からしてまず目で楽しめ、食べてみれば美味である上ボリューム満点。満足な気分に心からなれる料理でございました。

立石で人気の洋食店「洋食工房ヒロ」へ

立石といえば飲み屋。
駅前の仲見世を中心とした飲み屋街でよく知られている町です。

https://www.islog.jp/entry/category/travel/japan/tateishi/

でも実は、飲み屋以外にも色々とお店があるんです。立石の他の店については上記一覧からご覧ください。

そんな中、ずーっと気になっていた「洋食工房ヒロ」は店名の通りの洋食店。
立石で洋食?と侮るなかれ、実力派の洋食店なのです。

これまで行きたくても行けなかったと書いてきましたが、いつ行っても満席で入れなかったのです。
料理するのはあの浅草ヨシカミで修行されたというマスター。下町の人気洋食店なのですよ。

洋食工房ヒロへのアクセス方法

洋食工房ヒロは駅前の飲み屋街からは少し離れた場所にあります。

駅からは西の方向にあります。徒歩10分弱といったところ。
奥戸街道沿いにありますが、店の入口は細い道に入ったところにあるので、Googleマップなんかを参考にして行ったほうが間違いありません。

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

注意して探していないと、初見では通り過ぎてしまいそうな店構えをしています。
店の前に置かれたメニューなんかが目印でしょうか。

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

早速店内へ。
開店時間すぐの11時ちょっと過ぎに入ったため、お客さんはいませんでした。

ただ、しばらくすると次々とお客さんが入ってきたので、開店直後が間違いなくて良いかもしれません。

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

席は、2人掛けテーブルが2卓と4人掛けテーブルが2卓。
こじんまりとしていますが、下町にひっそりと佇む洋食の名店といった風情で良い雰囲気です。

ミックスフライ

さて、注文したのは人気ランチセットメニューというミックスフライ。1,296円です。
メンチカツ・カニクリームコロッケ・海老フライという、贅沢な盛り合わせとなっています。

コーンポタージュスープ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

最初に運ばれてきたのはスープ。
ランチセットメニューにはコーンポタージュスープが付いてきます。

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

コーンポタージュスープをいただきながら料理の到着を待ちます。

まろやかでコクのあるコーンポタージュスープ。
スープのクォリティの高さから、メイン料理にもより期待してしまいます。楽しみ。

メンチカツ・カニクリームコロッケ・海老フライの盛り合わせ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

スープをいただきながら待っていると、いよいよお待ちかねのミックスフライが運ばれてきました。
運ばれてきたプレートを目にしてまあ、驚きました。海老フライが、立っております。

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

上から見るとこのような感じ。
こんもりと盛られたサラダを中心に、海老フライ・メンチカツ・カニクリームコロッケが立つように盛りつけられています。

ソースの色合い・バランスも綺麗で、目で楽しめるその美しいお姿。絶妙なバランスとレイアウトです。

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

この日はバックパッカーに憧れてのトミーさんと一緒に訪れました。
さてどこから手をつけよう……と、この綺麗な盛り付けのどこから攻めようか一瞬迷ってしまいます。

海老フライ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

さてさて、まずは海老フライから。

あれだけ高くそびえ立っていた海老フライ。どうしようかと思いましたが、思い切ってかじり付くとサクッとした歯触りです。

海老の身はプリプリとしていて甘みがありなんとも美味。付け合わせのタルタルソースの酸味と相性が良く、ライスにも良く合います。

メンチカツ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

こちらはメンチカツ。
ナイフで切ってみると、中から脂が溢れます。

切り口を見た通りのジューシーなメンチカツで、揚げ口の食感も良くこれまたおいしいです。
下に添えられたソースはデミグラスソース。このソースがジューシーなメンチカツを上品に演出しています。

カニクリームコロッケ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

ミックスフライの最後の主役、カニクリームコロッケ。

中は柔らかい食感で、一口で手作りだと確信できる丁寧さが感じられるコロッケです。
その柔らかい中身を、衣がしっかりと包み込んでいます。

下に添えられたソースは、トマトソース。程よいトマトの酸味がカニクリームの甘みと相性◎です。

サラダ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

メインはメンチカツ・カニクリームコロッケ・海老フライですが、中心に盛られたサラダも魅力的です。

添えられたサラダ、というには量が多いです。
こんもりと盛られたキャベツの千切りの上に、オニオン・人参・紫キャベツ・パプリカのマリネが添えられています。

たっぷりと野菜が摂れるのもミックスフライのいいところですね。
お店の配慮が感じられます。

まとめ

洋食工房ヒロのミックスフライ!立石の洋食屋といえばこの店!

写真は妻が注文したポークジンジャー。
一口食べましたが、上品な生姜焼きといった具合で、ご飯が止まらない系の一品でした。
他のお客さんの様子を見ていると、ミックスフライかポークジンジャーを注文する方が多かったです。

ミックスフライにしてもポークジンジャーにしてもそうでしたが、上品でありながらも上品過ぎず、ライスによく合う、マスターの細かい配慮や想いが感じられる温かい料理でした。

セットのメイン料理はもちろん、サラダもライスも量が多くボリューム満点。良心的です。
味にも量にも大満足で店を後にしました。おすすめのお店が、またひとつ増えましたよ。


洋食工房ヒロ

■住所
東京都葛飾区立石1-6-1

■TEL
03-3696-7503

■営業時間
[ランチ]11:00~14:30(L.O.14:00)
[ディナー]18:00~20:30(L.O.20:00)

■定休日
月曜・火曜


カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 グルメ 洋食 日本 立石

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*