立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

東京都葛飾区立石にある、『兎月(とげつ)本店』。そこでいただくかつ重セットと鍋焼きうどん。

僕は蕎麦が好きで外食の際には蕎麦屋がよく思い浮かびます。
そして僕の住む町、立石にも美味しい蕎麦屋さんがいくつもあります。

通常蕎麦屋では当然蕎麦をいただくものですが、僕は庶民的な蕎麦屋でいただくカツ丼が好きです。

ある晩、カツ丼が無性に食べたくなった僕は、妻と『兎月(とげつ)本店』に向かいました。

近所にあると重宝する庶民的な蕎麦屋

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

『兎月本店』は京成立石駅より徒歩5分ほどのところにある蕎麦屋です。

店内は外観から想像するよりも広く、奥には大きなお座敷があったりします。

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

宴会や法事でも使えるようで、前回来た時は座敷方面がにぎやかでした。

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

蕎麦屋とはいえ、『兎月本店』には丼ものからうどん、肴までメニューが充実しています。
前回来た際にはしゃぶしゃぶをいただきました。

蕎麦をじっくり味わうのもいいですが、こういう風に充実のメニューがあると安心感があります。

庶民的な良さ

僕はかつ重セット、
妻は鍋焼きうどんを注文しました。

かつ重セット

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

かつ重セットです。
かつ重の他に、かけそばとお新香がついてきます。

早速かつを一切れいただきます。

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

かつは衣がサクッとしており食感が良く、つゆが程よく沁みています。
つゆはまろやかな醤油と甘みの後に、出汁の風味が追いかけてきます。
上にかかった卵は半熟の部分もあり、かつの旨味を増幅してくれます。

目立った特色があるわけではありませんが、どれも程良いバランスで、食べてて安心できるかつ重でした。

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

また、かけそばもthe大衆そばといった具合で、そばもつゆもさらっと食べれるいわゆる『普通』のそばでした。
こういう『普通』のそばが、丼ものと抜群に相性が良いのです。

かつ重の間に、かけそばを啜りつつ、あっという間に完食してしまいました。

鍋焼きうどん

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

秋に入り肌寒い夜が増えてまいりました。
そんな夜に食べたくなるのが鍋焼きうどん。

蕎麦屋でうどん?
という疑問も浮かびそうですが、『兎月』にはうどんもあるのです。

さて、鍋焼きうどんです。

立石『兎月(とげつ)本店』のかつ重セットと鍋焼きうどん

具がたくさんのっていて、見た目からも楽しめます。

うどんは柔らかく味がしっかりと沁みていました。
くたくたのうどん、美味しいですよね。

つゆは薄味で、塩っ辛くないやさしい味です。

ホフホフ言いながら食べるのも楽しい、そんな鍋焼きうどんでした。

まとめ

庶民的な蕎麦屋

そんな印象のお店でした。

実は以前、『兎月』にはしゃぶしゃぶを食べに来たこともありました。

しゃぶしゃぶがあってうどんもあって肴もある。
そんなメニューのバリエーションの豊富さから、客の食べたいものに応えてきたお店のスタンスが見えるような気がします。

こういう蕎麦屋が地元にあるのが嬉しい限り。

また、「何か」食べたくなったら行こうと思います。

兎月そば(蕎麦) / 京成立石駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*