カンパチの和風カルパッチョとサバカレーで釣りキャンプ飯|新島釣りキャンプ第二弾【DAY4 ランチ】

釣り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

新島釣りキャンプ第二弾、4日目。
釣りにキャンプにと遊びまくった3日目。4日目は朝マズメの釣りはせず、ゆっくりと寝ることに。

目覚めてテントから出てみると、晴れて風が弱く釣り日和。
釣りに行きたい気持ちもありますが、ここまでの釣りキャンプ生活での疲れが残っていたので、午前中はのんびりと洗濯をしたり、昨日釣った魚を調理して早めのランチに釣り飯を作って食べることに。釣りは、夕マズメにするとします。

キャンプランチのメニューは、カンパチの和風カルパッチョサバカレー
加えて、あら汁とお裾分けでいただいたアシタバのおひたしもつけます。

火を焚き、米を炊き……ポカポカと暖かいキャンプ場で食べるキャンプランチは10割増しでおいしい(笑)
羽伏浦キャンプ場で過ごす時間、楽しめております。

※友人「ヤカン」と2人での新島釣りキャンプ。昨年10月に続いての再遠征です。

羽伏浦キャンプ場での釣りキャンプ4日目!午前中は洗濯・料理をしてのんびりと…

強風に悩まされた新島遠征初日・2日目。
その鬱憤を晴らすべく3日目は釣りにキャンプにと動き回ったので、疲れがそれなりに溜まっておりました。

3日目はまだ暗い早朝から起き出して釣りを始めたのですが、疲れが溜まっていたので、4日目であるこの日はゆっくりと寝ることに。
鳥のさえずりで緩やかに目が覚め、学校の始業のチャイム(?)で身体を起こしたのでした。

「痛たたたぁ……」
前日のサーフ往復2時間がとどめとなって怠くなった身体。関節を曲げたりして身体の痛みを確かめますが、温泉が効いたのか思っていたより筋肉痛はありません。

テントから出てみると、すっきりとした晴れ模様。
遠征に来てからこれまでで、一番風も無く穏やかな天気です。

使っているテント「コールマンツーリングドームLX」もどこか嬉しそうに見えます(笑)
これまで激しい雨風に煽られていましたからね。

空を見てみると、綺麗な飛行機雲と薄い雲。風が弱い証拠ですね。

コーヒーを淹れて、前日に買っておいたパンを齧っての簡単な朝食。
そんな食事も、こんな環境で食べればおいしいもの。

朝食を済ませたら洗濯。3日間釣りばかりしていたので、洗濯物が溜まっておりました(笑)
ゴミ袋に洗濯物と洗剤・水を入れて、袋の中で揉み洗いします。

キャンパーが残していった洗濯ロープと、持参したロープを木にくくりつけ、洗濯物を干したら完了。
この日は2月末の冬とは思えないほどのポカポカ陽気。気持ち良く乾いてくれます。

羽伏浦キャンプ場は無料ながら手入れが行き届いているキャンプ場。
居心地良いです。

羽伏浦キャンプ場の調理場で魚を捌き炉で火を焚いてキャンプ飯作り!

洗濯を終えたら、食事の時間。
昨日釣った魚を調理して釣り飯ランチを作ります。

前日に釣ったカンパチとサバ。

どちらも内臓は取り除き、クーラーボックスの中で冷やしておきました。
サバは2時間ほど簡単にですが陰干しにしてあります。

前日のメニューはカンパチの刺身とサバの塩焼き。
同じメニューでは飽きてしまうので、今回は工夫することに。

一日寝かせたカンパチ(ショゴ)。
前日に食べた釣りたてのカンパチの刺身が絶品だったので、一日寝かせたカンパチの味がどんなものか楽しみです。

カンパチは三枚おろしにして、一口サイズの刺身に。カルパッチョにしてみます。
皿に刺身を並べて、ラップをしてクーラーボックスで冷やしておきます。

サバは焼いてカレーの具とするので、切り身にします。

魚が捌き終わったら、テント近くの炉に移動。
火を焚いてBBQスタイルに移行します。

米はメスティンで炊いておきます。

あら汁にしようとカンパチ・サバのアラを焼き、3日目にお裾分けしてもらったアシタバを湯がきます。

湯がいたアシタバの水気を取り、マヨネーズをかけて七味をパラパラっと。
アシタバのおひたしで一品完成。

今回の遠征のキャンプ飯には必ず参加してくれた黒猫。
首の下の白模様が特徴的なので「ネクタイ」と呼ぶことにしました。

このキャンプ場にいる猫はすぐに懐いてくれるので、猫好きとしては嬉しい限り。

アラは湯にいれて出汁をとり、アシタバを湯がいたお湯でレトルトカレーを温めます。
サバの切り身はニンニクを炒めたオリーブオイルで焼いていきます。

カレーの具にするので味付けは塩胡椒でシンプルに。
もうこの時点で齧り付きたいくらいおいしそう……。

カレーは2つの種類を混ぜたハイブリッド。
カレーはキャンプ飯の定番ですね。

アラで出汁をとったスープにネギとアシタバをいれたあら汁。
前日が味噌ベースだったので、塩ベースの味付けとしました。

刺身を皿に盛り付けてクーラーボックスで冷やしておいたカンパチ。
ここにオリーブオイル・ポン酢・塩胡椒・七味を混ぜたソースをかけまして……。

シソとネギを刻んで散らし、中央にアシタバを添えてこんな仕上がりに。
これでキャンプランチ調理完了です!

カンパチの和風カルパッチョとサバカレー!あら汁とアシタバのおひたしもつけて釣りキャンプ飯!!

完成しました、本日の釣りキャンプ飯!
カンパチの和風カルパッチョ・サバカレー・あら汁・アシタバのおひたし……なかなか贅沢なランチとなりました。

まずはあら汁から。
カンパチのアラからさっぱりとした脂が出て旨い!サバの良さも出ていて仕上がり良しです。

アシタバのおひたしもGOOD。
セリのような香りが爽やかで、マヨネーズとの相性も良いですね。

今回のメインメニューのひとつ、カンパチの和風カルパッチョ。
一日寝かせたカンパチの味は……しっとりとした食感で旨味が強くなり、やはり旨い!

カルパッチョにしたことで前日と違う味が楽しめておいしいのですが、素直に刺身にもして醤油のみで釣りたてと比べてもみたかったな……とも。
どちらにせよ、カンパチおいしい!また釣りたい今日釣りたい(笑)

もう一つのメインメニュー、サバカレー。
あぁ、旨ひ。カレーにほぼ外れなし。なんでこう旨いんでしょうね、外で食べるカレー。

焼いたサバもカレーによく合います。
サバ独特の香りや味が、スパイスが香るカレーにも負けずに相性バッチリなのです。

島での釣りではサバがやたらと釣れるので食べていると飽きがち。
ただ、おいしい魚であるのは間違い無いので、調理方法を工夫すればおいしく食べられるんですよね。

いやぁ、この日の釣りキャンプ飯も美味!
料理がおいしかったのもありますが、心地良い環境で気のおけない友人と過ごす時間は最高ですね。

洗濯をしてすっきりとし、ゆっくりと食事をとって元気充電完了!
夕マズメの時間をメインとして、釣りに向かいます。サーフ、リベンジです。

合わせて動画もご覧ください!

楽天ブックス
¥1,540 (2024/07/13 22:42時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました