広島旅行で必訪の宮島!電車とフェリーでのアクセス方法

島の14%が世界遺産、そんな歴史ある島「宮島」。厳島神社があることなどで知られています。
10分ほどのフェリー旅も楽しめるため、旅中の一興としても面白く、広島旅行では必ず訪れたい場所です。

その宮島は海に囲まれた島。
そのため、宮島へ渡るには船でいく必要があります。メジャーなのがフェリーですね。

広島旅行で多くの人が利用するであろう広島駅からは電車で約30分。
フェリー乗り場への徒歩移動とフェリー乗船時間を合わせても、乗り継ぎが良い場合、広島駅から1時間強で訪れることができます。

美しき世界遺産宮島!アクセス時も楽しもう

広島旅行の際、宮島へとアクセスする場合は広島駅を利用することが多いかと思います。ここでは、その広島駅から宮島へのアクセスについて綴っていきますね。
電車やフェリーからの景色を眺めながら向かうことで、アクセス時も楽しむことができますよ。

広島旅行の際、飛行機を利用する場合は広島空港へと着くと思います。

LCC春秋航空で広島旅行!空港からはリムジンバスで広島駅へ

広島空港から広島駅への移動はリムジンバスが便利です。
そのことについては上記記事をご覧ください。

広島駅から宮島口駅へ

広島駅から、宮島フェリー乗り場の最寄駅である宮島口駅までは、通常の電車または路面電車を利用することになります。

ここでは、山陽線を利用してのアクセス方法について綴ります。

f:id:islog:20151231002017j:plain

山陽線乗り口から「宮島・岩国」方面の電車に乗ります。

f:id:islog:20151231002027j:plain

山陽線の電車はカラシ色。旅の際は電車の色やレイアウトなんかも若干違って、それを見るのも楽しいですね。

f:id:islog:20151231002047j:plain

30分ほどで宮島口駅に着きます。

ちなみに、広島駅から宮島口駅に向かう方法は他にも路面電車があります。
山陽線での移動の410円よりも半額くらいなのですが、時間は1時間以上かかってしまいます。観光の際は山陽線を利用する方が時間的にメリットがありそうです。

宮島口駅から宮島へのフェリー乗り場へと向かいますが、多くの人が同じ方向に進むと思いますので、流れに沿っていけば迷うことはないと思います。

f:id:islog:20151231002101j:plain

宮島駅口から徒歩10分ほどでフェリー乗り場に着きます。

田の久 宮島口店|メニュー豊富な店の広島流お好み焼き!

フェリー乗り場近くには食事できるところもあるので、宮島に向かう前に腹ごしらえすることもできますよ。

フェリーに乗って宮島へ

f:id:islog:20151231002620j:plain

フェリー乗り場には自動券売機があるので、そこでチケットを購入します。
料金は180円です。

f:id:islog:20151231002632j:plain

時間にもよりますが、大体15分おきにフェリーはでています。
ここから約10分ほどの船旅です。

f:id:islog:20151231002639j:plain

いざ、フェリーへ。船は旅のテンションを盛り上げてくれますね。これも宮島に訪れる魅力のひとつでしょう。

海にはカキの養殖場が見られます。

f:id:islog:20151231002656j:plain

10分ほどで宮島に到着します。
短い時間ですが、フェリーは楽しいですよ。

ということで、電車やフェリーの乗り継ぎにもよりますが、まっすぐ向かえば1時間〜1時間半ほどで着くかと思います。

魅力たっぷりの宮島

f:id:islog:20151231002704j:plain

宮島は島の14%が世界遺産という、歴史的建造物と自然が融合した大変美しい島です。

嚴島神社・弥山・清盛神社・牡蠣・穴子などなど、魅力たっぷりの場所となっています。

f:id:islog:20151231002752j:plain

神社などの見所だけでなく、海に囲まれた島は歩いているだけでも心地の良い場所です。
海を眺めながらのんびり過ごすのも良いでしょう。

f:id:islog:20151231002801j:plain

定番の景色も眺められたりと、満足度の高い観光地です。

各観光スポットに訪れたときのことは別の記事で綴りますね。

まとめ

旅先としておすすめの宮島。
歴史的建造物と自然を満喫したことで、旅行前まで調子の良くなかった体と心が、島を離れる頃にはすっきりと軽くなったことを自覚できました。

アクセスは、山陽線とフェリーでの移動がおすすめ。
宮島は見所たっぷりなので、早めに移動して宮島での過ごす時間を多くしたほうが良いですよ。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*