ベルリンのスーパーで夕飯探し ビール好き必見!!

旅行記

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

ベルリンのスーパーは色々なものが置いてあり面白い。特にビール好きにはたまらない。安価でうまいビールがたらふく飲める。

妻とのヨーロッパ旅行ですが、いよいよこの旅の最大の目的であるベルリン旅行と相成りました。

前回の記事では、フランクフルトから食堂車での食事を楽しみながら列車でベルリンまでたどり着きました。

ドイツ列車ICEの食堂車で気分は最高!フランクフルト→ベルリン

ここではその後のことについて綴ります。

ベルリンの街と匂いと食べものと酒に酔う

フランクフルト中央駅からベルリン中央駅についた僕らは、予約していたホテルの最寄り駅であるU2のBuelowstrに向かいました。
ホテルは、Novum Hotel Aldea Berlin Zentrumでした。
着いて気付いたのですが、以前ベルリンに住んでいたとき、家族が遊びにきたことがあったのですが、その時家族が宿泊していたホテルと同じホテルでした。

その時点ですでに夜だったので、ホテルにチェックインすると夕飯をどうするか話し合いました。疲れていた僕らは、近くのスーパーで食料を調達することに決めました。

海外のスーパーって日本に無いものが売っていたり、ただ見るだけでも楽しいですよね。
僕は住んでいた時もスーパーにはお世話になっていたので、この旅ではスーパーに行くことも目的のひとつでした(笑)

僕らが入ったのはREWEというスーパーです。REWEはベルリンでは一般的なスーパーで、住んでいた頃僕は好んでこのスーパーを利用していました。ビールの品揃えがスーパー毎に違うのですが、REWEに置いてあるビールが一番好みだったのです。
スーパーは他に、KAISER’SやALDIやLidl、REALなどがよく見られるでしょうか。

そこでサラダを食べようと野菜コーナーを物色し、サラダに和える生ハムを見て回り(ソーセージやハムの種類の多さはやはり段違いです)、カップラーメンが食べたいと即席ラーメンコーナーに向かい…(笑)

でもでも、最終目的地はやっぱりここです!

f:id:islog:20151229160445j:plain

最高の眺め。

ビール達は大体80セント以下、100円いかないくらいで買えちゃうんです。しかもビンにはファンドがついているので、飲んだ後レジに返すか専用のマシーンに入れれば、1瓶10セントくらい戻ってきます。
以前ベルリンにいた頃はお金が無く80セントでも惜しかったので、38セントのこのビールを飲んでいました。これも間違いなく美味しいので、機会があったらお試しください。50〜60円ですよ(笑)

水より隣に並んでいるジュースより安い。飲むしかないでしょう!ということで2瓶購入です。

支払い時、ドイツではレジ前のベルトコンベアに自分の買うものをカゴから出しておいていきます。IKEAやコストコのレジと同じです。
2人いる場合、レジでは払う人と袋に入れる人の連携が不可欠です。
レジで読み取られた商品はレジ横のスペースに溜まっていくので、それを随時入れていかないと次の人とかぶってしまうのです。
この旅では僕が支払い、妻が袋詰めの役割で連携をとりました(笑)

ホテルに戻って早速カップラーメンのためのお湯を沸かします。
ヨーロッパのホテルでは湯沸かしが、ついてないところがほとんどなので、小型の湯沸かしポットを持っていきました。

お茶に食事にとても重宝します。

本日の夕飯はカップラーメン(しかも日清)とサラダです。

f:id:islog:20151229160527j:plain

それとビール!

f:id:islog:20151229160540j:plain

ビールは栓抜きが部屋についていませんでした。ベルリンに住んでいた時に教えてもらったライターで栓を抜く方法で対応しました。テコの原理ですね。
結構現地ではそんなノリで開けたりするのです。

日清のカップラーメンは美味しく、海外の味も感じられて良い感じでした。アメリカのカップラーメンとかはまずかったですけどね。マルちゃんとかなのに。

ビールは言うまでもなく美味しかったです。ドイツのビールは常温が一番美味しいんですよね。日本の一般的なビールみたいに炭酸と冷たさで誤魔化すのとは違います。喉越しだなんだ言いますが、やっぱり味なんですよね。

f:id:islog:20151229160551j:plain

ファンタってドイツ発祥なんですよね。

夕飯を食べ終えた僕らはこれまでの旅の疲れがでて、シャワーを浴びるとすぐに寝てしまいました。

ようやく、明日からは腰を据えてベルリン巡りです。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,760 (2024/07/15 12:16時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました