豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

豊臣秀吉。
戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将であり、三英傑の一人。

天下人としても名高い秀吉を知らない方はそういないでしょう。

その秀吉の廟所(墓所)が京都にあるのをご存知でしょうか。
豊国廟(ほうこくびょう)と呼ばれる場所です。

真田丸などでも紹介されたそうなのですが、僕は妻に言われるまでは知りませんでした。
ぜひ訪れてみたいと今回の京都旅の途中に立ち寄ったのですが、秀吉の墓があるのはちょっとした山の上。

京都には観光名所が多くあり、どこも多くの観光客でごった返している印象。
その中にあって、豊国廟は訪れる観光客は少なく自然に囲まれた穴場スポットです。

京都旅行の穴場スポット「豊国廟(ほうこくびょう)」

自転車をレンタルして京都市内を巡る妻との京都旅2日目。

京都でレンタサイクル!えむじかで自転車を借りて鴨川沿いをサイクリング!
三十三間堂|千手観音で知られる京都名所の頭痛除け御守りと御朱印

鴨川沿いをサイクリングして三十三間堂を訪れた後、僕らは豊国廟へと向かうことにしました。
豊国廟は三十三間堂の近くにあります。

ただし、近いと言っても入口まで歩いて15分強。しかも結構な坂道を登って行くことになります。
自転車だからすぐに着くだろうと考えていたのですが、自転車をほぼひいて坂道をのぼることとなったので変わりませんでした。

自然に囲まれた場所にある豊国廟

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

三十三間堂から東に坂道を登って行くと、豊国廟への入口があります。
豊国廟への道沿いには京都女子大学があるので、平日だったこの日は多くの学生と行き違いました。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

鳥居をくぐって中へと入っていくと、正面に門が見え、その奥には緑深い山が見えます。

こちらには授与所があり、お守りのほか御朱印がいただけます。
御朱印をいただいたのですが、そのことについてはまた最後に。

ここで「秀吉公のところまで行かれますか?お時間はありますか?」と声をかけられました。聞くところによると、頂上まで行く場合は往復で40分はかかるとのこと。
なにやら険しい道が待ち構えている雰囲気が漂ってきましたよ。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

正面に進み、山のほうへ。山の名前は、阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)。この山の中腹に豊臣秀吉の墓があるとのこと。
登拝料は100円で、山への入口にある箱にいれます。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

入口に建てられた豊国廟の説明を読んでみると、「豊臣秀吉の廟所(墓所)である」とやはり始まっています。
ほうほうなるほどと、読み終えてから前を向いてみると……。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

目の前に立ちはだかるはこの無数の段を持つ階段。想像していたよりも急です。
階段の終わりは遥か上ですが、気合い入れて登るとしましょう。

無数の階段を登って豊国廟へ

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

登り始めたのはいいものの登っても登っても階段が終わらないので、途中で何度か休みつつ一段一段階段を登っていきます。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

途中、後ろを振り返ってみると、ちょっと怖くなるくらいに急な階段。
もし倒れそうになった場合は階段の方に倒れよう、と妻と声を掛け合いながら登ります。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

斜めに登ることで少しでも楽に登ろうとする妻。
2人して息を切らしながらなんとか登り切りました。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

登りきった、はずでした。
しかし、階段を登り終えた僕らの目の前には門があり、その奥にはさらに急な階段が……。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

しかも2回目の階段は、より狭く急です。
ちなみにこの時、豊国廟ですれ違ったのはたった一人。穴場スポットなのが納得出来る険しさです。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

急なので踏み外して落ちないか怖くなるくらいの階段。
豊国廟まであと少し……という気持ちでなんとか階段を登っていきます。

豊臣秀吉の墓「豊国廟」

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

階段を登りきると、立派な石塔が建っています。
こちらが阿弥陀ヶ峰の中腹にある、豊国廟。豊臣秀吉の廟所(墓所)です。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

門が閉まっているので中には入れないかと思いきや、右奥の柵の一部が切り取られ、階段がかけられています。
後で授与所で聞いてみたところ、正面の門を開けてしまうと線香などを焚かれてしまい危ないので、右奥から入れるようにしたとのこと。

豊臣秀吉が眠っているかと思うと、自然と手を合わせて思いを馳せておりました。

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

墓がこんな小高い山にあるとなかなか人も来ないで寂しいかもしれませんが、ちょっと木に隠れて見づらいものの京都の街がここからなら見渡せますね。
天下人の墓。もう少し人が多く来てもいいのになぁ、と思った次第です。

まとめ

豊国廟|天下人「豊臣秀吉」の墓は京都の山の上にある

最後に、こちらが授与所でいただいた御朱印です。
春だったこともあり、桜が散りばめられた限定のものを頂戴しました。綺麗ですよね。

京都にある天下人「豊臣秀吉」の墓、豊国廟。
観光スポットが多くあるものの、どこも観光客でいっぱいの京都にあって、人が少ない穴場スポットです。

京都旅行の際には、訪れてみてはいかがでしょう。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 京都 日本

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*