読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isLog [イズログ]

isLog〜イズログ〜は『日々生きること自体が旅』をモットーに、旅行記やグルメ情報について綴っているブログです。

MENU

パクチーポテトチップス(カルディ)生パクチーと比べてみた!

グルメ

f:id:islog:20160214151339j:plain

パクチーの虜。

先日カルディで、妻がバレンタインデーのチョコを探していたのです。
僕はチョコが好きではないので(甘いものが苦手)、店内をふらふら〜としていると、なんとも気になる一品が。

その名も『パクチーポテトチップス』。

パクチーポテトチップスにカルディで出会う

これまでも何度かパクチー関連のことを書いておりますが、パクチーが好きなのです。 

www.islog.jp

www.islog.jp

プランターで育ててるくらい、好きでございます。
パクチー風呂とかやってみたいくらい。
嗚呼、ぱくちぃ。

カルディがお気に入りで何度も訪れているのに、『パクチーポテトチップス』の存在には気付いておりませんでした。
見つけてすぐに「パクチーのポテチがあった!」と嬉々として妻の元に駆け寄った次第。

パクチーポテトチップスはパクチーの香りがちゃんとしておいしいのだ

f:id:islog:20160214151356j:plain

自宅に戻りまして。

パッケージのデザインがいいですね。
パクチーの葉の形だけでワクワクできます。

f:id:islog:20160214151358j:plain

裏面には「パクチー好きが作ったパクチーポテトチップス」との文字が。

5種類のスパイスをベースにベトナム産のパクチーリーフを使ったアジアンテイストのポテトチップスです。
ひとくち食べるとパクチーの香りが口の中に広がります。

スパイスはシナモン・トウシキミ・カルダモン・クローブ・コリアンダーですね。

さてさて、早速開封してみます。

f:id:islog:20160214151359j:plain

開けた瞬間にパクチーの香りがぶわっと……しませんでした。
パクチーの香り、一切なし。
乾燥させたパクチーは香りが落ちるので、実際、パクチーを名乗った加工製品は物足りないことも多いのです。

f:id:islog:20160214151402j:plain

ところどころ緑色の粉末がかかっているのも見られますが、ぱっと見は普通のポテトチップスですね。
香りがしないことで若干不安になりましたが、「ひとくち食べるとパクチーの香りが口の中に広がります」という一文を信じて、ひとくち……。

おおお……!!
ちゃんとパクチーの香りだありがとう。

しかもフレッシュな香りだありがとう。

パクチーが十分感じられる、風味。
食べるまでは香りがしなかったので不安だったのですが、そんなことは簡単に払拭してくれる口の中から広がる香り。

こういった加工製品で使われる乾燥パクチーはあくまでも乾燥パクチーの香りなのですが、このパクチーポテトチップスの香りは本物のパクチー寄りです。

ということで、

f:id:islog:20160214151403j:plain

庭に行ってプランターからパクチーをとってきて、

f:id:islog:20160214151409j:plain

採れたてパクチーと比べてみました。

フレッシュ感は生のパクチーに比べて当然落ちますが、香りや風味はやはりかなり近い。
まさかポテトチップスでここまでパクチーを感じることができるとは。

これは「パクチー好きが作った」と書くだけのことはあります。
しかも、ポテトチップス自体がサクッと油っこくなく、おいしいのも素晴らしい。

まとめ

これはすごい、ほんとにパクチーだ」なんて言いながら妻と2人でいただきました。
これはもう、まとめ買いしちゃおう。
と思ったのですが、人気あるようですぐ売り切れちゃうようですね……。

そんなにお菓子を食べるほうではないのですが、パクチーとなると別。
素敵なポテチをありがとうございます。

 

 

次回予告(明日になってみたら違うことが多々あります)

『立石バーガー』テレビでも紹介される珍スポットに10年ぶりの再訪
RSS購読 rss-button-off