読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isLog 〜イズログ〜

isLog〜イズログ〜は『日々生きること自体が旅』をモットーに、旅行記やグルメ情報について綴っているブログです。

MENU

はやい!うまい!やすい!立石『与作』の豚ロースしょうが焼き定食

グルメ 立石

f:id:islog:20160123205326j:plain

立石といえば「せんべろ」。

そんな飲み屋が多い町にありながら、古くから定食を掲げているお店があります。

与作

北島三郎さんの「よぉさぁああぁくぅううぅう〜」という力強い声がもれなく思い浮かびそうな店名ですが、お店自体もなかなかに個性的で、それでいてほっこりとする定食屋なのです。

訪れるだけでとりあえず楽しい『与作』の魅力

立石駅の目の前、京成電鉄沿線に『与作』はあります。

f:id:islog:20160123205328j:plain

目印は赤い看板。

はやい!うまい!やすい!」のキャッチコピーが印象的。
ライトニングがフィーバーしております。

入り口はというと、

f:id:islog:20160123205330j:plain

このような面構え。

立石にはメニューを貼りまくる系のお店が結構ありますが、こちらもなかなかのメニュー量。

まず目を引くのは価格でしょう。
カレーライス400円、天ぷらそば(うどん)320円。

34周年記念感謝価格で、17時〜21時の間は飲み物全て100円引き。
酎ハイ210円。安い。
「せんべろ」とはいかずとも、「せんほろ」はいけますね

さて、店内。

f:id:islog:20160123205331j:plain

いきなり味のある公衆電話が迎えてくれます。
ルミエールのものと同じ型かしら。

店内はカウンター席のみで狭いです。
10人座れるか座れないか、といったところ。
いい感じだ。

f:id:islog:20160123205332j:plain

外観と同じく、店内も壁一面メニューだらけ。
定食と一品料理が種類豊富で悩んでしまいます。

f:id:islog:20160123205337j:plain

次は酒呑みにこよう。
僕ら以外のお客さんはみなさんお酒を呑んでいらっしゃいました。

このお店、8:00から開けているようなのですが、朝から飲みにくるお客さんもいるらしいです。

f:id:islog:20160123205339j:plain

ショーケースもいい味だしてます。
メンチカツや天ぷらなんかが入っているのですが、どれも100円以下でした。
草履サイズのさつまいも天が90円。

魅力的なメニューが多すぎる……。
キョロキョロとメニューを見回して、やっとこさ注文します。

  • 豚ロースしょうが焼き定食
  • なべ焼きうどん

を注文して妻と取り分けることにしました。

この日はおかみさんがお一人で切り盛りされていたので、料理がでてくるまでの時間が若干かかりました。

でも大丈夫です。

f:id:islog:20160123205340j:plain

テーブルの下には漫画の山がございます。
美味しんぼでも読みながらゆったり待ちましょう。

豚ロースしょうが焼き定食

店内に漂うしょうが焼きの香り。

まず、しょうが焼きの皿が運ばれてきます。
そこからご飯、味噌汁、昆布の佃煮、漬物、と……。

f:id:islog:20160123205341j:plain

定食は5品となりました。
いろいろいただけるのが定食の醍醐味。

f:id:islog:20160123205343j:plain

ではでは、早速しょうが焼きを一口。

旨い

特に際立った特徴はないのですが、こういうのが美味しいのです。

味が濃いめになっており、よりご飯が進むタイプ。
添えられた厚切りのレモンを絞っていただくと、肉の旨みと玉ねぎの甘みに、レモンの酸味が加わってなお美味しくなります。

合間に昆布の佃煮や漬物を挟みつついただきます。
また、わかめとなめこが入った味噌汁がとても美味しい。

一度箸をつけると止まらなくなる定食です。

なべ焼きうどん

冬の定番、なべ焼きうどん。
グツグツしている状態のまま運ばれてきました。

f:id:islog:20160123205344j:plain

湯気を見ているだけでもにやけてしまう粋な料理。

このなべ焼きうどんはなんとも優しさ溢れる味、です。

f:id:islog:20160123205346j:plain

「寒いからなべ焼きうどんでも食べる?」
「うん、食べる!」
って流れでおばあちゃんが作ってくれたような。

醤油ベースのつゆは、ごぼうが入っているので、けんちん汁のような風味もあり美味しいです。

うどんはやわらかめ。
味がよく染みておりました。

美味。

まとめ

豚ロースしょうが焼き定食が680円で、なべ焼きうどんが450円だったので、2人でも千円ちょっとで済みました。

大分産 極上ブリ 油あり! 刺身 470円
などなど、魅力的な一品料理も多くあったので、次はお酒を飲みに行こうと考えております。
朝から行ってみようかしら。

会計時に「また良かったら寄ってやってください」と丁寧に声をかけていただき、なんだか心も体も温かくなって店を出ました。
良き出会い。

ごちそうさまでした。

 


与作

■住所
東京都葛飾区立石4-25-11

■営業時間
8:00~23:00

■定休日
隔週日曜


 

せんべろ探偵が行く (集英社文庫)

せんべろ探偵が行く (集英社文庫)

 
東京★せんべろ食堂

東京★せんべろ食堂

  • 作者: さくらいよしえ,せんべろ委員会
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

次回予告

別ブログ『Exitlog』の検索キーワードが面白い
RSS購読 rss-button-off