テーマXeoryを使っているならitemscopeを直したほうがいい【WordPress】

テーマXeoryを使っているならitemscopeを直したほうがいい【WordPress】

バズ部が提供している無料のWordPressテーマ、Xeory
当ブログ、並びに運営しているWordPressサイトの大半は、そのXeoryをテーマとして利用しています。

とても使い勝手の良いテーマなのですが、最近気まぐれにW3Cのバリデーションサービスで検証してみたところ、これまで何で気付かなかったんだろう?というくらい凡ミスのようなエラーが見つかりました。
修正も簡単なので、Xeoryを利用している方はチェックしてみたほうが良いですよ。

Xeoryは無料で使い勝手の良いテーマだがいくつか修正したほうがいいところがある

使い勝手がいいので頻繁に利用しているXeory。カスタマイズもしやすいですし。
バズ部が作ったということで信頼はしているのですが、いくつか手作りっぽいミスのようなものに気付いたりします。

ま、それも気にならないくらい総合的には素敵なテーマなんですけどね。

Xeory Extensionの検索結果ページは変更必須ですよ!(WordPressテーマ)

気になるところは修正することでより良くなるテーマといったところ。

W3C Markup Validation Serviceでitemscopeのスペルミスに気付く

さて、たまたまW3Cのバリデーションサービスで当ブログを検証してみたところ、気付いたのが下記のエラー。

Attribute itemschope not allowed on element body at this point.

指摘されたコードは下記の部分。

んー、一体どういうこと?とエラーとコードを見合わせてすぐに違和感。
「itemschope=”itemscope”」の部分。「itemschope」って完全にスペルミスですよね。

色々カスタマイズしているうちに自分で入力ミスしたのかと大元のデータを見てみても同様の状態になっておりました。
ちなみに、Xeory BaseとXeory Extension双方です。

ということで、header.phpを開いて、該当部分を「itemscope=”itemscope”」に変更。
改めてバリデートしてみたところ、エラーは出ませんでした。めでたしめでたし。

Attribute datetime not allowed on element span at this point.

ついでなので、W3Cバリデーションサービスで出た他のエラー修正もしてみました。

Attribute datetime not allowed on element span at this point.

記事ページを検証してみた際に上記エラーが発生していました。

指摘されたエラーはコードの上記部分なので、

このように修正。これでエラー解消です。

Blog は mainContentOfPage プロパティの認識される有効なターゲット タイプではありません。

こちらはGoogle Search Consoleの構造化データのほうで出たエラーですが、以前はなかったような……どうだろう。
新しいエラーだとしたら、Xeoryに限ったことではないですね。

Blog は mainContentOfPage プロパティの認識される有効なターゲット タイプではありません。

エラーが発生しているのは上記部分。

それをこんな形で修正。まだちょっと要様子見ですが。

まとめ

以前にもW3Cバリデーションサービスでの検証はしたことがあったのですが、その時には全くエラーに気付きませんでした。
明らかにおかしい、凡ミスのようなエラーなんですけどね。

公開提供されているテーマとはいえ、人が作ったもの。
直すところは直してより良いマイテーマとして使いたいですね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*