Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

Search Console(ウェブマスターツール)を確認していたら、当ブログの構造化データにエラーが発生しているのに気付きました。

Search Consoleでエラーがでているのはよろしくない状態ですので、早めに対処することとしましょう。今回は実際のコードを提示しつつ、対応手順をまとめます。

schema.orgでマークアップしてエラーを修正

まず、構造化データとはなにか。
構造化データは、HTMLで記述された情報が何を意味するのかを検索エンジンやクローラに理解できるようにするためのものになります。
制定されているフォーマットをもとに、検索ロボットが解釈しやすいようにマークアップします。

なにもない状態から自分でウェブサイトを構築する場合は、構造化データのフォーマットに沿ってHTMLを記述する必要があります。
Wordpressなどを使用している場合はテーマにもよりますが、デフォルト状態から構造化データが実装されていることが多いです。

ちなみに、当ブログはWordpressで構築、テーマはXeory Baseを利用しています。

構造化データエラー確認方法

構造化データのエラーを確認するには、まずSearch Consoleを確認します。

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

Search Consoleのサイト管理画面の左側、「検索での見え方」から「構造化データ」を選択します。当ブログの場合は上記のようにエラーが表示されていました。189のアイテムにエラーがあるとされています。えらいこっちゃ。

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

エラー部分をクリックしていくと、どのページにエラーが発生しているか詳細を確認できます。さらに、エラー原因を確認するため、「ライブデータをテスト」をクリックします。

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

するとどの部分にエラーがあるのかはっきりします。当ブログの場合はBlogPosting内にエラーがあるようでした。

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

エラーをクリックし、ページごとの詳細を確認します。いくつかの必須フィールドの値がないことがエラーとして表示されているようでした。

では、実際にこのエラーをschema.orgでマークアップすることで解消しようと思います。

 

構造化データエラー修正方法(BlogPosting)

エラーが表示されなくなるまで実際に記述したコードを下記にまとめます。

コードを記述したあとは、構造化データのテストツールに確認したいページのURLを入力して確認します。

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

https://search.google.com/structured-data/testing-tool/u/0/?hl=ja

「author」フィールドの値は必須です

「ishikawa」の部分が著者名になります。僕はXeory側のCTAに著者情報をまとめているので、管理画面より記述しました。

「image」フィールドの値は必須です

こちらは元々書き出していたキービジュアルにマークアップを追加する形にしました。Xeoryの場合はsingle.phpに書き足す流れになります。
url、width、heightも同時に記述しないとエラーになります。
Wordpressの場合、

とすれば、キービジュアルのURLが出力できます。

「publisher」フィールドの値は必須です、「name」フィールドの値は必須です

この2つは同時に解決します。publisherフィールド内にnameを含めます。「ishikawa」の部分がそれぞれのサイトでの固有のものになります。
また、publisherフィールドでは「logo」と「url」が必須になります。

「dateModified」は推奨フィールドです

必須ではなく推奨でありますが、気になるので対応。
元々投稿日のみ表示していたところに、更新日を追加しました。

Wordpressの場合は上記のコードで更新日が取得できます。

「mainEntityOfPage」は推奨フィールドです

こちらも推奨フィールド。
URLにはそのページのURLを記述します。

Wordpressの場合は上記のようにすればURLが出力されます。

まとめ

このようにひとつひとつマークアップすることでエラーは解消されました。

Search Consoleで構造化エラーが発生!実際した対処方法まとめ

構造化データは仕様が変化し、新しいフィールドも追加されているようですので、今後も動向を注視しておかなくてはならないですね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*