動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

本日10/7、Prismaに動画フィルター機能が追加されましたよ!これが面白い!

ニューラルネットワークと人工知能を組み合わせて写真を芸術作品に加工するアプリ「Prisma」。夏にリリースされてからというもの、何千万ものダウンロードをされている人気のアプリですね。

そのPrismaに追加された新機能が動画フィルター。どんなものか早速試してみましたよ。
実際の画面はGIFアニメーションで貼りますね。

画像加工アプリPrismaが新機能動画フィルターを実装!

画像フィルターについてはもはや言うまでもないですね。SNSなど、色々な場面で、Prismaで加工された画像を見かけるようになりました。
普通の写真もあっという間にアーティスティックになりますからね。面白いです。

そのPrismaに追加された動画フィルター。ベータ版とのことでまだ荒い部分もあるのですが、それでもやはり楽しめますよ。

Prismaで動画フィルターを使う手順

現在動画フィルターを利用できるのはiOSアプリ。Androidアプリの動画対応はまだとなっています。

まずはPrismaを起動します。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

その後、右下にあるピンク色のビデオボタンをタップします。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

ここでビデオボタンをタップすれば撮影に、「Albums」をタップするとこれまで撮影した動画を選択するためのカメラロールが表示されます。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

ここではカメラロールから動画を選択することにします。
任意の動画をタップすると、動画の切り抜き画面なります。切り抜けるのは15秒以内です。
「Next」をタップすると、エフェクト選択画面に移ります。エフェクトを選択すると、Prismaのロゴが表示され、動画処理とともに白で埋まっていきます。ロゴが全て白くなれば、処理完了となります。

Prisma動画フィルターサンプル

動画フィルターの種類は下記の9つ。

  • Candy
  • Gold Fish
  • Paper Art
  • Curly Hair
  • Roy
  • The Scream
  • Illegal Beauty
  • Tokyo
  • Gothic

いくつか試したものをGIFアニメーションにして貼ってみます。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

まず、試したのがこちらの動画。我が家の猫です。
この動画に「Paper Art」フィルターをかけると……。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

こうなります。面白いですねー。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

次にこちら。台湾の朝の風景。

動画もPrismaでアートに!Prismaが動画対応したので試してみた!

「Tokyo」フィルターをかけてみたらこうなりました。綺麗ね。

アプリの人工知能アルゴリズムが1フレームずつ動画を変換しているとのことで、動画にフィルターをかける処理には時間がかかります。
まずはそれぞれのフィルターを試してみたい、という方は2秒ほどの動画で試したほうがいいですよ。

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*