漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

最近ウェブサイトを閲覧していると頻繁に見かける漫画系の広告。ライトなものならいいのですが、なんだかグロ系・エロ系が目につくようになりました。

やめてパパ…私…もう嫌だよ……

今まで蔑まれ虐げられてきた恨み…

こんなキャッチコピーが飛び交う、なんといいますか、ナンセンスな、「気持ち悪い」広告が多いのですよね。ウェブサイトのイメージも悪くしています。なんというか、不愉快。

と、自分のブログはどうかと気になり、Google AdSense(グーグルアドセンス)の管理画面から確認してみると、表示されちゃっているようでした……。
はっきり言って嫌なので、グロ系・エロ系を表示している漫画系広告はブロックすることにしました。

気持ち悪い漫画系広告はブロックしてしまおう

元々、僕はアドセンスの広告はブロックしないスタンスです。以前、カテゴリをブロックしてみたりと色々試してみたのですが、そのままにしておくことが収益としては一番良かったりしたもので。

アドセンスはサイトの内容に合わせて広告をピックアップし表示するものなので、そこにはある程度の信頼関係が発生します。自動的に表示される広告だからこそ、閲覧者に不快感を与える表現はどうかと思うのです。
どれだけデザインに凝っていても、悪趣味な広告が表示されるだけで、ウェブサイト全体の雰囲気も悪くなります。

下記が、グロ系・エロ系を表示していることを確認した広告主です。貼る画像はあくまで一部です。記事の最後に、ブロックする方法を記載します。

ウェブサイトの雰囲気を悪くしている!今回ブロックした下品な漫画系アドセンス広告

まんが王国

00%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%99%e7%8e%8b%e5%9b%bd-min

comic.k-manga.jp

下品で悪趣味な広告を出稿している数が多いまんが王国。ここをブロックしておけば大体防げるかもです。

シーモア

01%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%82%a2-min

www.cmoa.jp

めちゃコミック

02%e3%82%81%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af-min

sp.comics.mecha.cc
lp.adclr.jp

テレビのCMはあんなにかわいらしいのにね……。

Renta

Renta

renta.papy.co.jp

ハンディコミック

04%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af-min

sp.handycomic.jp

楽天マンガ

05%e6%a5%bd%e5%a4%a9%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99-min

manga.rakuten.net

BookLive!

BookLive!

booklive.jp

コミなび

07%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%81%aa%e3%81%b2%e3%82%99-min

mechacomi.jp

今回ブロックしたのが上記。
どれも下品で表示されて欲しくないものばかりでした。好きな方もいるのかもしれませんが、大半はどうなのだろう……。

不愉快なアドセンス広告をブロックする方法

やっぱり何度見ても僕は不愉快。
同じように感じている方向けに、広告をブロックする方法をまとめます。

まずはグーグルアドセンスの管理画面にアクセスします。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

最初に、自分のサイトにどのような広告が表示されているかを確認しましょう。「広告の許可とブロック」から「広告(広告レビュー センター)」を選択すると掲載済みの広告が確認できます。もう既にいますね、下品な広告が。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

表示された広告をクリックするとポップアップされるので、左下にある「ブロック」をクリックすればブロックすることが可能。
ただ、この方法だと一個一個ブロックしなくてはならないためキリがないので、下品な広告を出稿している広告主ごとブロックしてしまった方が簡単です。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

広告主(URL)ごとブロックする場合は、「広告主のURL」に移動し、ドメインを入力することでブロックできます。

今回グロ系・エロ系を表示していることを確認し、実際にブロックしたのは下記。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

ブロックするドメインを登録する前に、自分のサイトに表示されているかを確認しておいた方が良いです。

「広告(広告レビュー センター)」の画面右上に「フィルタ」ボタンがあるのでクリックします。すると、広告をフィルタリングできるようになるので、一番上の入力欄に調べたいドメインを入力します。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)
すると、そのドメインで出稿された広告に絞り込まれて表示されます。全部の広告が不愉快だった場合は、まとめてドメインでブロックしてしまいましょう。

まとめ

今回調べてみての印象ですが、漫画系のアドセンス広告はほとんどがエロ系・グロ系の不愉快なものばかりでした。流行り?効果があるから出稿しているのだとは思いますが……。気持ち悪い。
今回ブロックした広告は、ウェブサイトの雰囲気を著しく悪くするものだと思います。

カテゴリをブロックするのは経験則として避けたいところですが、広告単体では目を光らせておいた方が良さそうですね。せっかく訪れてくれた方を不快にしてしまっては元も子もないですからね……。

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*