国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

話題の国産RSSリーダー「Feed Watcher」を使ってみました。良さそうですよ!

スマートフォンアプリ開発を手がけるカレット株式会社が開発したRSSリーダー「Feed Watcher」。メールアドレスなどの個人情報の登録不要で利用できるRSSリーダーで、自分好みにカスタマイズして使えます。
しかも、明日9月29日にサービス終了となるMy Yahoo!のデータを移行できるとあり、特にMy Yahoo!ユーザには重宝するRSSリーダーとなっています。

My Yahoo!・iGoogleの正統進化系!「Feed Watcher」

Feed Watcherは「My Yahoo!・iGoogleの正統進化系」と謳っているだけあり、難しい操作は必要なく、使いやすさ・見やすさに特化したRSSリーダーという印象です。

利用するにも面倒な登録・個人情報の取得は一切なし。すぐにブラウザから使えます。
では、実際にFeed Watcherを使ってみましょう。

RSSリーダー「Feed Watcher」レビュー

「Feed Watcher」を利用するには、ブラウザから下記にアクセスします。

http://feedwatcher.net/main/

すると、Feed WatcherのRSSリーダー画面に遷移します。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

Feed Watcherはログインせずに使用することもできるようですが、ログインしないと設定が自由になりません。
ということで、画面右上のログインボタンをクリックして進めます。ログインはFacebook・Twitter・Googleアカウントでできるので、好きなものを選び、連携を承認します。
これだけで、ログインは完了です。個人情報の入力などは一切不要。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

初期画面は4カラムでブルーベースのオーソドックスなデザインです。ライフハッカーやはてなブックマークの人気エントリーなどが最初から登録されていますね。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

ちなみに、スマートフォン(ここではiPhone6、ブラウザはChrome)での表示も最適化され見やすくなっています。
家ではパソコン、外ではスマホで確認なんていう使い方もちゃんとできますね。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

設定は、ページ右上にある歯車アイコンをクリックし設定画面を表示させることで可能です。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

「新規RSSフィードURL」の欄に購読したいサイトのRSSフィードURLを入力して追加ボタンをクリックすることで、好きな購読媒体を増やせます。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

このように、RSSリーダー画面に当ブログの情報が追加されました。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

新規フィード登録以外にも、自分好みにカスタマイズできるように設定ができるようになっています。表示件数や列数などを変更し、自分の見やすいレイアウトにして使用できます。
また、ラベルや背景色ももちろん変更可能ですよ。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

設定画面の「並べ替え」をクリックすると、コンテンツの並べ替え用画面が表示されます。ドラッグアンドドロップで直感的に移動できるので、ストレスなく変更できます。

国産RSSリーダーFeed Watcherを使ってみた!My Yahoo!の代替に!

また、My Yahoo! ユーザの方は、こちらからデータをダウンロードし、Feed Watcherの設定画面の「RSSフィード一括登録(インポート)」から移行することが可能です。My Yahoo!は明日9月29日サービス終了。お早めの移行を。

シンプルで見やすく、カスタマイズも出来て自分好みにできる国産RSSリーダー「Feed Watcher」。僕もこれから使い込んでみて使用感を確かめますが、ざっと使ってみた感想としては使いやすく良さそう、といった印象です。

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*