リンク否認ツールで低品質リンクからサイトを守る方法(Search Console)

リンク否認ツールで低品質リンクからサイトを守る方法(Search Console)

運用しているウェブサイトやブログへの被リンク。
コンテンツを更新し続け運用を継続すればするほど、たくさんのウェブサイトから自分のウェブサイトやページへとリンクが貼られていくことになります。

調べてみると驚くほど色々なところにリンクが貼られていたりしますが、その中には低品質なサイトからのリンクが含まれていたりもするものです。
低品質なリンクが大量に貼られているとSEOにも悪影響となりうるため、そういったリンクは取り除く等の対策が必要です。

今回は、低品質な被リンクを調べる方法と、そういったリンクをSearch Consoleのリンク否認ツールを用いて否認する方法をまとめます。

低品質リンクを見つけてリンク否認ツールで否認する

まとめサイトやキュレーションサイトが蔓延している今。
自分ではオリジナルコンテンツをほとんど作らずに、他サイトの情報を引っ張って掲載するだけのサイトが多くあります。

もううんざりしているわけですが、その中には文章や画像を無断転載するサイトも少なくありません。

そして、そういったサイトを真似た中途半端なサイトも多々出現してきます。
こちらも他ブログの更新情報などを掲載していたりするだけだったりするのですが、そのような低品質なサイトから大量にリンクを貼られてしまうと、リンクを貼られた側のサイトにも悪影響があったりするわけです。

Google Search Console で低品質な被リンクを調べる方法

では、どうやってそういった低品質な被リンクを調べるか。
それには、Google Search Consoleを利用するのが便利です。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

まずは上記からGoogle Search Consoleにアクセスして、被リンクを調べたいサイトのページに移動します。
サイトのページに移った後、左にあるメニューから「検索トラフィック」の中にある「サイトへのリンク」をクリックします。

すると、選択しているサイトに対する被リンクの数が最も多いリンク元や、最も多くリンクされているコンテンツが表示されます。
被リンクの詳細を調べるには、「リンク数の最も多いリンク元」の下部にある”詳細”をクリックします。

リンク否認ツールで低品質リンクからサイトを守る方法(Search Console)

「リンク数の最も多いリンク元」の詳細ページに移った後は、「その他のサンプルリンクをダウンロードする」ボタンをクリックすると、リンク元の一覧がCSV等でダウンロードできます。
ダウンロードしたリンク元の一覧には、リンクが貼られているサイトのURLがずらっと並んでいます。

その中から、怪しいと思われるURLや、同一ドメインで大量にリストアップされているURLをチェックしていきましょう。

  • リダイレクトされたり不快なスクリプトが組まれているサイト
  • 掲載している内容とリンク先の内容があまりに異なるサイト(アダルト系サイトなど)
  • 著作権を守っていないサイト(コピーサイトなど)

僕の場合は、上記のようなサイトからリンクされている場合は、低品質なリンクを生み出しているサイトと判断しました。

ちなみに、上記画像ではillpeti.cfなどが15万以上のリンクを貼っていたりと明らかに怪しいです。

ブログがパクられた…Googleに著作権侵害による削除を依頼!

このサイト、僕が運用しているブログをコピーしたサイトです。
もちろん、今回のリンクの否認の対象としました。

リンク否認ツールを使って低品質リンクをブロックする方法

集めた低品質リンク元はブロックしなくてはいけません。

通常、他のサイトからのリンクは、サイトの品質に対して投じられた票と見なされます。

Google では、第三者のサイトでの操作がウェブサイトに悪影響を及ぼさないようにすることに注意を払って取り組んでいます。場合によっては、ページやサイトについての Google の評価に参照リンクが影響を与えることがあります。

参照:https://support.google.com/webmasters/answer/2648487?hl=ja

Search Consoleヘルプにある「バックリンクを否認する」に書かれている文章ですが、被リンクはGoogleの評価に影響を与える可能性があります。

通常、他のサイトからのリンクは、サイトの品質に対して投じられた票と見なされます。

それでも削除できない PageRank を操作する意図のある悪質なリンクや品質の低いリンクがある場合は、そのリンクを否認することができます。つまり、Google でサイトを評価する際に特定のリンクを考慮に入れないように依頼することができます。

参照:https://support.google.com/webmasters/answer/2648487?hl=ja

そこで利用するのが、Search Consoleのリンク否認ツール。
スパム リンク・人為的リンク・品質が低いリンクを貼られたと認められる場合には、ツールを利用してリンクを否認しましょう。

リンク否認ツールで低品質リンクからサイトを守る方法(Search Console)

まずは下記ページにアクセスし、リンクの否認を利用したいサイトを選択し、「リンクの否認」ボタンをクリックします。

https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

リンク否認ツールで低品質リンクからサイトを守る方法(Search Console)

ページが遷移すると、リンクを否認するにあたっての注意事項が表示されます。しっかりと読んだ上で利用しましょう。

続ける場合は、「リンクの否認」ボタンをクリックします。

リンク否認ツールで低品質リンクからサイトを守る方法(Search Console)

すると、リンクの否認をするURLのリストをアップロードするようポップアップが表示されます。
「ファイルを選択」からテキストファイルをアップロードします。

# example.com のほとんどのリンクは削除されたが、以下のファイルは削除されなかった
http://spam.example.com/stuff/comments.html
http://spam.example.com/stuff/paid-links.html
# shadyseo.com の所有者に 2012 年 7 月 1 日に連絡し
# リンクの削除を依頼したが回答なし
domain:shadyseo.com

参照:https://support.google.com/webmasters/answer/2648487?hl=ja

サポートによると、テキストファイルの記述の方法は上記のようになっています。

頭に#をつければコメント。否認を要請する理由を記述します。
ページを否認する場合には、URLをhttpまたはhttpsから記述します。
また、様々なページからリンクを貼られている場合は、「domain:ドメイン名」でドメイン全体を否認できます。

テキストファイルを登録すると、上記画像のように「このファイルには ○件のドメインと ○ 件の URL が含まれています。」と表示されます。

まとめ

リンクの否認を申請すると、Google Search Console Teamからメールが届きます。
処理の完了までは数週間ほどかかることがあります。

サイト運営をしていると、次々と被リンクが増えていきます。
コピーサイトや文章・写真の無断転載を発見する手がかりにもなるため、定期的に被リンクのチェックをし、悪影響がありそうな低品質リンクを見つけた場合にはリンクの否認を申請した方が良いですね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*