ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

フカセ釣りを始めたくて……。
突然フカセ釣りに憧れを持ったのですが、フカセ釣り専用の道具は一切無い状態。

フカセ釣りで重要なのは撒き餌を撒き、刺し餌を同調させること。
その大事な撒き餌を入れておく容器もバケツしかない状態でした。これはいけない。

バッカンと撒き餌柄杓は揃えたいということで、ダイワ(Daiwa) の

  • 磯バッカンハンドルタイプH36ホワイト
  • ロングキャスターライトⅡ

を購入。

釣具屋に置いてあることの多いベタなアイテムですが、使いやすいのです。

釣具を購入してフカセ釣りデビュー

フカセ釣りをしているベテランの方の姿を見て、ちょっとした憧れのようなものを抱きまして。
これまで投げ釣りや穴釣りをメインにやってきたわたくしですが、新たな一歩を踏み出すことにいたしました。

正確にはウキフカセ釣りと言うようですね。
オキアミなどの餌をつけた1本針のウキ仕掛けを潮の流れのままに漂わせ、そこに撒き餌を投げて餌と撒き餌を同調させる……そのデビュー戦を迎えるために釣具を購入して準備をしたのでした。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー
冬の釣り…というと何が思い浮かぶでしょうか? 海沿いは非常に寒いですし、深場に魚が移動し食い渋くなるということで釣りにとって悩ましい時期なのですが、ひとつ試してみたい釣りがありま…

結果、狙いの黒鯛を釣り上げることができたわけです。
実は自分の実力ではなく、釣り方をレクチャーしてくれた存在があったわけですが……詳しくは上記記事を読んでみてください。

初めてのフカセ釣り。釣果をあげられるとは思っておらず、正直練習のつもりで臨みました。
が、もし釣れたら釣具レビューでもしてみようと考えていたこともあり、今回の記事の流れとなります。前置き長くなりましたが、いざ。

撒き餌に必要なバッカン「DAIWA磯バッカンハンドルタイプH36ホワイト」を購入

まずはバッカン。
撒き餌を入れておくケースですね。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

購入したのは、DAIWA(ダイワ)の磯バッカンハンドルタイプH36ホワイト
外寸は約25×37×26cm、素材はポリエチレンよりも柔軟性と弾力性を持つEVAです。

カラーはブラックやレッドもあったのですが、夏場には濃い色だと日光で高温になりそうだったのでホワイトをチョイス。
汚れは目立ちそうなので、使っていくうちにどうなっていくかは注意して見ておきたいところです。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

持ち手は掴みやすい合体ハンドル。
下側のハンドルを押すことで、簡単にハンドルの合体状態を解除することも可能。外した後は、側面に軽く押し付けることで固定も可能です。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

バッカンにはハードタイプとソフトタイプがあり、こちらはソフトタイプ。
ソフトタイプだと軽量で、折り畳めることで省スペースにもなります。懸念点としては、撒き餌量が少なくなると自立しづらくなることでしょうか。釣りに行くときは折りたたむなり、バッカンの中に荷物を入れていけば良いですね。

ハードタイプであればバッカン受三郎などの竿立てを装着できるメリットもありますが、持ち運びを考えて今回はソフトタイプとしました。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

バッカンの蓋はベルトとスナップで丸めて固定することが可能。
釣り場では風が強いことが多く蓋がばたついてしまうのですが、固定しておけば問題なし。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

塩ガミに強い大型ファスナー。
海沿いでは常に潮風に吹かれ続けますし、塩水に濡れることもあるので嬉しい装備です。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

ハンドル部分にはタオルハンガー。
撒き餌で手が汚れるのでタオルを掛けておくのも良いですが、餌ケースなんかを装着しておいても便利です。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

撒き餌を入れて使ってみましたが、実際使いやすいです。
テトラポッドに置いても滑り落ちる事なく安定して使えます。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

撒き餌が掬いやすい上に洗いやすい底角部丸型形状+内側鏡面仕上げ。
こびり付いた撒き餌も落ちやすいです。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

撒き餌を使い終わったらささっと洗い流すだけで綺麗に。
片付けが簡単なのは嬉しいですね。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

釣りを終えて帰る際、濡れている道具をバッカンに入れて持ち帰っています。
こうする事で、バッカンだけ水気を拭いておけば車に積んでも問題なし。便利ですね。

大体4,000円ほどで購入できます。
撒き餌をよく使うならバッカンがあるとやはり便利。

ダイワ(Daiwa)の撒き餌スプーン「ロングキャスターライトⅡ 45-620」が安価で便利

お次はバッカンの相方、撒き餌スプーン。
スプーン・柄杓……何が表現として正しいのかわからないですが。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

こんな撒き餌を撒くための道具です。
今回購入したのは、Daiwa(ダイワ)の撒き餌スプーン「ロングキャスターライトⅡ 45-620」

「45-620」はカップ幅45mm・全長620mmという意味。他にも36-480・36-620・45-480などのサイズがあるようです。
シャフトにスケールが付いているので、魚の大きさを測るのにも便利。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

カーボン製のシャフトにチタンカップのハイクォリティなものもありますが、数千円したりと高価。
しかし、ロングキャスターライトⅡは1,200円と安価。それでいて使いやすいです。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー

グリップの形状は手に馴染みやすく、長時間使っても疲れにくいです。
カップ形状が角度5°に調整されています。使用前は理由がわかりませんでしたが、バッカン内から撒き餌を掬う際にまとめやすく、遠投もしやすい角度だと実感しています。

今回購入したDaiwa(ダイワ)の「磯バッカンハンドルタイプH36ホワイト」と「ロングキャスターライトⅡ」。
どちらももっと高価なものもあり悩んだのですが、フカセ釣りデビューの僕にとっては十分な機能性。この道具を使って、もっともっと魚を釣り上げていきたいものです。

ダイワ(Daiwa) のバッカンとロングキャスターライト|釣具レビュー
これまで投げ釣りや穴釣りばかりだったわたくし。 今年フカセ釣りデビューいたしました。デビューしたと言っても手探りしながらの釣りだったわけですが、ターゲットとしていた黒鯛を…

フカセ釣りデビュー戦で使った釣り具については別記事にまとめました!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
釣具 釣り

コメントを残す

*