ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

ASUS主催のブロガーイベント「ZenTour」に参加し受け取ってきた、ZenFone 3

自身初めてのZenFone。
それどころかAndroid端末もほとんど触ったことがないので、ZenFone 3を受け取ってからは、小学生の頃にファミコンを買い与えられた時のような、未知の領域に踏み込むようなワクワクした気持ちでおりました。

イベント当日は見たいのを必死に抑え(本当はちょっと覗いた)、翌日にじっくりと開封の儀を執り行うことと相成りました。

ということで、今回はZenFone 3の外観デザインやボタン配置などについて綴ります。

iPhoneしか使ったことのない人間のZenFone 3開封の儀

2017年1月20日、秋葉原で開催されたASUSのブロガーイベント「ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加し受け取ってきたZenFone 3。

ASUS「ZenTour 年末年始大感謝祭!」に初心者ながら参加してみたよ

イベントの様子は上の記事からご覧ください。
そのイベント内でZenFone 3がレビュー用として貸し出され、規定を満たすレビューをすることでそのままプレゼントとして受け取れるという、なんともありがたい企画なのです。

さて、そのイベントに応募して運良く当選した僕ですが、これまで使ってきたスマートフォンはiPhoneだけ。
iPhone3G→iPhone4→iPhone5→iPhone6と利用してきたので、iPhone7はどうしようかしらと思っていたところに舞い降りてきた天使がZenFone 3だったのでした。

ZenFone 3開封!付属品は?

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

こちらがZenFone 3のパッケージ。
ブラック一色にラメがキラキラと光る、高級感のある箱です。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

いざオープン!してみると、さっそくZenFone 3のお姿が。
ZenFone 3はサファイアブラックとパールホワイトの2カラー展開ですが、これはサファイアブラック。

フィルムに包まれている本体をそーっと出し、内容物を全て出してみます。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

本体の他に付属しているのは、充電用のUSB Type-CケーブルとACアダプタ、それにイヤフォン。
他にはユーザーマニュアルなんかが入っております。

ZenFone 3の外観デザインをチェック!

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

さて、ようやく手に持ちましたZenFone 3。
ひとまず持ってみると感じるのは高級感。エッジがダイヤモンドを削る際と同様の技術で加工されているとZenTourで聞きましたが、そういうこだわりもあってか持ち心地が良いです。

ZenFone 2では上部にある受信レシーバーの下にASUSのロゴがありましたが、ZenFone 3ではなくなっているんですね。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

ZenFone 3では裏面も含めて両面がガラス。
光をあてると同心円に光る加工が施されており、美しいデザインとなっています。

スタッフの方が、本体がかっこいいのでケースをするにも透明にしたほうがいいとおっしゃってましたが、それには頷けますね。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

開封したてなので尚更なわけですが、ガラスが鏡のごとく綺麗です。
写真を撮っていると、我が家の愛猫が写り込んでいたりと、写真を撮るのにも一苦労なくらいw

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

ホームボタン等のタッチキーは、ディスプレイの外部に配置されています。
搭載されている5.2インチのフルHD解像度のディスプレイがフルに使えますね。

下部側面には、マイクとスピーカーに加え、Type-Cポートがあります。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

右側面には電源ボタンと音量ボタン。
左側面にはSIMカードスロットのみとなっています。

イヤフォンジャックがあるのは上部側面です。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

背面上部にはカメラとレーザーオートフォーカス、RGBsセンサーとLEDフラッシュがあります。

カメラの下にある縦長の長方形部分が指紋センサーとなっています。
約0.2秒でロック解除!という触れ込みでしたが、実際試してみるとこれが速い。と、機能についてはまたの機会に。

ZenFone 3の電源をいれてみた

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

開封の儀を終えた後、すぐに電源をいれてみました。

Android端末を触ったことがないわけではないのですが、新品に電源をいれて設定するのは初めて。
表示される内容も新鮮なものばかりです。

ZenFone 3開封!ZenTourで受け取ったZenFoneの外観チェック

と言ってもそれほど難しい手順はなく、ひとまずWi-Fiに繋ぎ、普段よく使っているアプリなんかを利用できるところまではすぐにいけました。

Androidにまったく慣れていないのでおっかなびっくり触ってみましたが、意外となんとかなるものです。

気付いたこと、試したことなんかは別記事にまとめます。
ZenTourのプレゼンテーションで聞いたこともさっそく試してみましたが、これが結構面白かったので。

まとめ

ということで、ZenFone 3開封の儀と、ZenFone 3の外観デザインやボタン配置などについてでした。

ZenFone 3のデザインは高級感もあり、かっこよく感じられるのでフォルムは気に入っています。
後は実際にいじくってみてどうか、ですね。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ZenFone 3 ガジェット

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*