スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

最近購入したダイソーのスキレット
購入する前から妄想していたのが、スキレットでステーキを焼いて食べること。それが外ならなお良し、最高でしょう。

購入した後の初回シーズニングも済ませ、あとは出番を待つばかりのスキレット。
そんな彼を持ち出して、夢のスキレットステーキを焼いてみることにしました。

熱々のスキレットにステーキ肉を置くと、ジュージューと良い音を立てて焼けていくステーキ。
焼き立て熱々肉を頬張ってみれば、外はカリッと中はジューシーでたまらぬ旨さです。

鉄板に残った肉汁の残りでガーリックライスも作ってお腹いっぱい。
クセになって何度もやってしまいそうな夢のような時間でした。こうやって書いていて、もう既に食べたいくらい。

スキレット初陣はステーキ!

ダイソーでスキレットを買ってきて、初回シーズニングを終えた前回。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨
鋳鉄製の厚手のフライパン、スキレット。 その厚みから熱が均一に伝わり素材の旨みを引き出せるスキレット。しかもスキレットでの料理はフォトジェニック。人気の調理器具です。さて…

鋳鉄製製品は手がかかる……わけですが、その行為を経て愛着が湧く魅惑のスキレット。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

今回使うのはこちらのスキレット。
取っ手なしなのでフライパンでは無いわけでもしかしたらスキレットとは呼ばないかもしれませんが(笑)、ここではスキレットとして書いていきます。ステーキ皿?

なんにしても、この子で焼いたステーキが絶品でした。
厚みから熱が均一に伝わり素材の旨みを引き出せるというのは本当ですね。外はカリッと中はジューシーな焼き具合、たまりませんでした。

メスティンとエスビットポケットストーブ・スキレットを使ってステーキ&ガーリックライスディナー

ではでは早速準備に入ります。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

縁の下の力持ち。エスビットポケットストーブを置きまして。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨
ドイツのエスビット(Esbit)のポケットストーブ。 その名の通りポケットに収まるほどコンパクトで、ソロキャンパーや登山家の方御用達、ドイツ軍を始めとした軍隊でも採用されている携…

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

ステーキの残り肉汁でガーリックライスを作りたいので、まずは米を炊きます。
燃料は100円ショップで買った固形燃料。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

メスティンに米をいれて火にかけます。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨
トランギアから発売されているメスティン。キャンプでの最強クッカーとの声もあがっているようですが、わたくし、最近まで全く存在を知りませんでした。 それが友人がメスティンメス…

米は10分ほど水に漬けてあります。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

蓋を閉めて20分ほど待ちます。
固形燃料に火をつけて放っておくだけでおいしく炊けちゃうメスティン。本当に便利。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

20分ほど経って白い煙がたち始めたら、メスティンは火から外してひっくり返して蒸しておきます。
この間に自作アルコールストーブを置き、ステーキを焼く準備を始めます。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

スキレットを熱して、オリーブオイル投入。本当は牛脂が良いらしいですが、無かったので。
オリーブオイルが十分に熱くなったら、スライスしたニンニクを焼いていきます。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

ニンニクの香りがたってきたら、牛ステーキ肉投入!!
投入してからすぐにジュージュー良い音がします。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

片面の焼き具合が頃合いになったら、肉をひっくり返します。
この瞬間たまらんですね。肉の表面で踊る脂がものすごく誘惑してきます。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

肉汁が溜まったところにタマネギ投入。このタマネギがまた旨いんですよねぇ。
ここでハーブソルトをパラパラっと。肉の味を楽しみたく、味付けは薄めでシンプルに。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

焼けたら一度スキレットを空けまして……。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

残った肉汁でニンニクスライスをあらためて炒め、メスティンから白米をスキレットに投入してガーリックライスを作ります。
ガーリックライスが出来たら、ステーキを並べて完成です!

スキレットで作ったステーキ&ガーリックライスが旨い!

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

完成しました、ステーキ&ガーリックライス
スキレットのまま、熱々の状態でいただきます。目の前でジュージューいわれているので、もう我慢できません。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

まずはステーキから。んんーーーこれは旨い!!
肉を買ってきたときには普通に焼いたらパサパサしそうだなと思ったのですが、そんなことはなく、外はカリッと中はジューシー!

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

続いてガーリックライス。
こちらも肉の旨味がしみこんでいて堪らぬ旨さ。匙止まらぬ。熱いのに、掻き込むようについつい一気食いしてしまいます。

スキレットで焼くステーキ最高!外はカリッと中はジューシー…旨旨

嗚呼、もう無くなっちゃうのか……と惜しみながらの完食。
もう一枚食べられましたね。それくらいおいしかったです。ごちそうさまでした。

まとめ

夢のスキレットステーキ。
いやはや、めちゃ旨でした。

素材の旨みを引き出せるというだけあって、スキレット料理おいしいですね。
絶妙な焼け具合に感動。また近々食べたいです。

大事にスキレットを育てていって、色々な料理を作りたいですね。
次回は何を作ろうかしら。また肉でも良いけど(笑)

 

■動画も撮ってみました!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
キャンプ飯 グルメ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*