赤唐辛子が練りこまれた赤い麺!四ツ木製麺所の坦々うどん

日頃からよく通っている立石にある四ツ木製麺所にランチに行ってきました。

週末の昼下がり、温かいものが食べたくなり妻とお店に向かいます。
最近寒くなってきたので、温かい麺類を体が欲するようになってきました。

辛くて温かいうどんで身体を温めよう

この日の四ツ木製麺所も混んでいました。
辛うじて空いていたカウンター席に案内してもらいます。

これまでも色々食べてきましたが、この日は違うものをいただきたいと考えていました。

定食から、
僕は『赤唐辛子麺の坦々うどんとミニ明太子ごはん』、
妻は『親子丼とわかめうどん』を注文します。

赤唐辛子麺の坦々うどんとミニ明太子ごはん

f:id:islog:20151231082427j:plain

赤唐辛子麺の坦々うどんとミニ明太子ごはん』です。

ミニ明太子ごはんは金糸卵の上に明太子がのっています。
里芋の煮物がついてくるのも嬉しいですね。

さて、主役の坦々うどんは赤唐辛子麺がオレンジ色で特徴的です。

f:id:islog:20151231082438j:plain

うどんはいつも通り、モチモチでいい歯ごたえ。
弾力のある麺は噛めば噛む程小麦の味がし、それでいて確かに辛味を感じます。

つゆは辛くスパイシーなものではなく、ひき肉をときながら食べると、コクがありじっくり味わえる風味の良いものです。

うどんとスープの相性抜群でした。

親子丼とわかめうどん

f:id:islog:20151231082447j:plain

親子丼とわかめうどん』です。

妻から一口もらって食べました。

親子丼は卵にしっかり火がとおっている、素朴系の味。
甘めの味付けが夫婦揃って好みでした。

わかめうどんは四ツ木製麺所の特徴的なあっさりしながら味わい深いうどんです。
燻製のような香りも感じられる香ばしいつゆと、つるつるモチモチのうどんの組み合わせは最高です。

まとめ

改めて四ツ木製麺所が自宅近くにあって良かったと思える食事でした。
これからさらに寒くなるので、温かいうどんがますます恋しくなりますからね。

一風変わったメニューでも、四ツ木製麺所のものはしっかりと味がついてくるので毎回行くのが楽しみになります。


四ツ木製麺所

■住所
東京都葛飾区東立石2-11-7

■TEL
03-5670-7610

■営業時間
平日  11:30〜14:30 [食事のみ]
17:30〜22:00 [食事&お酒]
11:30〜22:00 [ 生うどん直売 ]
土曜  11:00〜21:00 [食事&お酒&生うどん直売]
日祝  11:00〜16:00 [食事&お酒&生うどん直売]

■定休日
火曜日


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*