広島宮島『よさこい』穴子だ!牡蠣だ!宮島名物をいただく!

rp_20151231005013.jpg

宮島は牡蠣も穴子もうまかった!

ここまでの記事では広島空港から宮島へ移動し、宮島の自然と建築物に酔いしれてきました。

今回は宮島での夕食、穴子と牡蠣をいただいたときのことについて綴ります。

『よさこい』で舌鼓 穴子丼と牡蠣フライ

一通り観光スポットを廻った僕らは、夕食をとろうと商店街に向かいます。
宮島名物を食べようとウキウキだった僕らですが、ここで大きな誤算が生じました。

どの店も閉店しているのです。

この時は17:30くらいでしたが、食事を提供する店は軒並み閉まっており、17:00までというところばかり。

「せっかく来たから」と歩き回りましたが、店構えから良さそうな店は全て閉まっています。

お腹も減り、歩き疲れた僕らは絶望の淵に立たされました。

と、その時、行きに海岸沿いを歩いていたときに食堂を見かけたのをふと思い出したのです。
最後の望みをかけて、海岸沿いへ向かいます。

遅くまでオープンしている『よさこい』

f:id:islog:20151231005048j:plain

海岸沿いのお店のある場所に着くと、2Fにある店内に明かりがついており、お客さんがいるもの見えます。
心底ほっとした僕ら夫婦は、迷うことなく階段を上がります。

f:id:islog:20151231005058j:plain

2階からの景色が綺麗です。

f:id:islog:20151231005107j:plain

店内は居酒屋と定食屋の間のような雰囲気です。

f:id:islog:20151231005115j:plain

僕らが食べたいものは決まっていました。

『穴子』と『牡蠣』です。

シェアして食べようと、

  • 穴子丼
  • 牡蠣フライ御膳

を注文しました。

穴子丼

f:id:islog:20151231005125j:plain

宮島名物のひとつ、穴子を使用した穴子丼です。

穴子は鰻よりも脂がさっぱりしており、その上品で淡白な味と甘辛いタレが絶妙な組み合わせとなっています。
ご飯が止まりません。

丼の他にも、お吸い物・お新香・付け合わせがついてきます。

あっという間に完食しました。

牡蠣フライ御膳

f:id:islog:20151231005133j:plain

牡蠣フライに刺身や豆腐がついたセットになります。

牡蠣フライは噛むと中から旨味が詰まった肉汁が溢れだします。
つい目を瞑ってしまう味わいでした。

牡蠣フライ以外では日に焼けたこともあってか、豆腐がやけにおいしく感じました。
豆腐にかけられている牡蠣醤油も美味でした。

宮島ビール

f:id:islog:20151231005140j:plain

お参りを終えるまで飲まないと決めていたため、念願のビールとなりました。
島中でこの宮島ビールを目にしていたので、正直飲みたくてしようがありませんでした。

f:id:islog:20151231005149j:plain

ペールエールということで、柑橘系の爽やかな味わい。
しっかりと冷えていましたが、常温でもおいしく味わえそうなビールでした。

まとめ

この旅を通じてということになりますが、牡蠣は宮島でも広島市内でもどこで食べても美味しかったです。

宮島では『よさこい』で食べた牡蠣フライの他に、露天で焼き牡蠣をいただきました。

f:id:islog:20151231005159j:plain

醤油をかけていただきましたが、大変美味しかったです。

海に面しているところは魚介がおいしくて良いですね。
名物がいただけて大満足の夕食となりました。


よさこい

■住所
広島県廿日市市宮島町590

■TEL
0829-44-0718

■営業時間
11:00~15:00
17:00~22:00(L.O.20:30)

■定休日
なし



旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*