現実はツアー旅行じゃないでしょ。仕事でも遊びでも役割考えてしっかりやりましょーや

現実はツアー旅行じゃないでしょ。仕事でも遊びでも役割考えてしっかりやりましょーや

ここのところ色々な方からご連絡いただき、意見を聞かれたり、何か物事を進めることになることが多いです。仕事も、遊びもね。連絡がくるということは、僕のことを思い浮かべていただいているということ、つまり何らかの僕の力を求めてくれている、と考えればありがたいことです。

しかし、ここのところいただく連絡のなかには、先方さんはあまり考えずにこちらにただ放ってきているものが多いのです。もうちょっと考えてから連絡してほしい。考えないで連絡されれば、こちらから筋道を立てて返さなきゃならんのです。その労力、わかってます?

複数人が関わったときは役割を認識することが大事

仕事でも遊びでも一緒。複数人が関わる場合、言い出した人が先頭に立ち、物事を進めていくケースがほとんどでしょう。
そもそも、何かを始めよう!と言い出せるのは人を先導できる能力がある人であることが多いわけですが、その言い出した人が筋道を立てて他の人たちの役割を決めていく場合が多いはずです。または、言い出した人の素質や性格を熟知していれば、周りの人の役割が自然に決まるでしょう。

困るのがこの言い出した人が何もしない場合。これが本当に参ってしまう。

言い出した人は動かないにしても指示はするべき

言い出した人に焦点を当てると、言い出した人が全部やらなきゃいかんのか!となりそうですが、そういうわけではありません。言い出した人は、自分でやらないにしても、指示さえしてくれりゃいいのです。「自分では動けないから後はまとめてください」と。少なくとも、プロジェクトを始めるきっかけとなった人は、管理側なのです。

何も言わなけりゃ、関わった人たちはそれこそどうして良いかわかりません。最悪の場合、言い出した人が動いているものだと思って蓋を開けてみたら、何も決まっていなかった、なんてこともありえるでしょう。傭兵としてガンガン働ける状態の人に、「管理もよろしく」なんてナンセンスです。

仕事はもちろん、遊びでも同じ。遊びでもシビアにスケジューリングして……というタイプでは僕はありませんが、遊びでも自然と役割は決まっているものです。いつも同じ人がスケジュール決めたり、行く場所決めたりしてないですかね。そういうことです。

現実はツアー旅行じゃない

旅行でよくありますよね、ツアー。飛行機のチケットが用意されて、ホテルもブッキングされていて、行き先も食事するレストランも決まっている。しかもガイドさんがついて説明までしてくれる。
あれは旅行会社が全て手配してくれているわけです。楽ですよね。その対価が、お金。お金を払って、利便性や「考える時間」を買っているわけです。

ツアーって人気あるようなのですが、僕はどうも苦手です。自分で決めるから楽しいのに、と思ってしまう。もちろん年配の方はツアーの方が便利ですし安心だとは思いますけどね。
人と接していると、普段の遊びにも(時には仕事にも)、この「ツアー」を求めている、または「ツアー」だと勘違いしている人が多いように思えます。

複数人でやる遊びは基本的にツアーではなく、自分たちで日取り・時間・場所・遊びの内容を決める必要があります。メンバー全員が予定を共有できなくてはなりませんし、それぞれがやりたいこともあってまとめるのが大変だったりします。
そういう場面で、ツアー旅行のように放っておけば決まるだろうというスタンスの人が多いように思います。

言い出した人が筋道を立てるのが一般的ではあるとはいえ、ただただ放っておくだけで決まる物事なんてほとんどありません。

言い出した人は管理者として筋道を立てて物事を進めるべき。できないのであれば、できないことを周りに伝えること。早めにね。
そして、人よりもいつも多く動いている人のことはケアしてあげるべきです。ただ傍観している人に比べ、時間を多く消費しているはずですよ。考えた分だけ時間を使い、考えた分だけ動くべきことに気付くのですから。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*