葛飾区立石『中華あゆ太』絶品マーボー麺と冬限定カキラーメン

rp_20151231091124.jpg

この店のマーボー麺と半チャーハンの組み合わせが、最高なのだ。

中華 あゆ太

我が家でよく利用する中華料理店の店名。
店名こそお茶目ですが、外観も内装も一般的に思い浮かべる「中華料理店」です。

その庶民的なお店に、定期的に無性に食べたくなる料理があります。

あゆ太さんにマーボー麺食べに行こう

我が家では『中華 あゆ太』を親しみを込めて「あゆ太さん」と呼んでいます。

f:id:islog:20151231091131j:plain

あゆ太さんは立石駅から5分ほどの奥戸街道沿いにあります。

f:id:islog:20151231091138j:plain

『中華あゆ太』の提灯が目印ですね。

f:id:islog:20151231091145j:plain

店内に入ると、やはり大衆中華料理店らしくメニューがたくさんあります。
どれも興味惹かれるメニューで、迷っちゃいます。

僕はこの店に来ると、よっぽどのことがない限り同じ料理を注文します。
『マーボー麺』と『半チャーハン』です。

妻は冬限定の『カキラーメン』を注文しました。

マーボー麺と半チャーハン

マーボー麺と半チャーハン、この組み合わせが最高なのです。

f:id:islog:20151231091155j:plain

このお店のマーボー麺は、いわゆる「汁無し」というやつです。
全く麺が見えません。

麻婆豆腐の海に箸を突っ込んでみると、真っ白な湯気と共に細打ちの麺がでてきます。

f:id:islog:20151231091202j:plain

麺の小麦の風味と、絶妙に麺に絡んだ麻婆豆腐ダレが相性抜群。
麻婆豆腐のとろみと麺のツルッとした食感も堪りません。

素晴らしいコンビネーション

麻婆豆腐好きには堪らないでしょう。
そして、僕も言うまでもなく麻婆豆腐好きです。

加えて、このマーボー麺の魅力はこれだけではありません。
一緒に運ばれてくるスープを注ぐことで、また違った風味・食感のマーボー麺を楽しめるのです。

f:id:islog:20151231091210j:plain

さて、スープを追加したら、半チャーハンの出番です。

f:id:islog:20151231091219j:plain

『ザ・普通のチャーハン』とも言えるこの店のチャーハンは、ラーメンのお供に最適なのです。
マーボー麺をスープにいただくチャーハン。

最高

バクバク食べたい時の最強コンビです。

冬限定カキラーメン

f:id:islog:20151231091229j:plain

妻が注文した冬限定メニューのカキラーメンです。

具沢山で、白菜や人参、タケノコに玉ねぎなどが入っています。
とろみのついたスープは具材の旨みが溶け込んでいて、いくらでも飲めてしまいそうなスープ。
五目うま煮麺、といったところでしょうか。

その中に入っている大ぶりの牡蠣
食べ応えのある牡蠣は味が良く、その旨みはスープからも存分に味わえます。

まとめ

どの料理をいただいてもハズレの無い「あゆ太さん」。

お腹を減らして、マーボー麺と半チャーハンの最強コンビを食べに行ってみてはいかがでしょうか。

身体も温まりますし、冬の間はカキラーメンもおすすめです。


あゆ太

■住所
東京都葛飾区東立石3-25-8

■TEL
03-5698-5896


あゆ太中華料理 / 京成立石駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*