立石のパン屋「タンバリン」の菓子・惣菜パンとサンドウィッチ

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

地元葛飾区立石にあるパン屋、タンバリン
小腹がすいたなぁ…と、そんな時にふらっと訪れることの多いパン屋さんです。

タンバリンの人気メニューは好きな具材を挟んで食べられるコッペパン。
コッペパンもおいしくておすすめなのですが、今回は菓子パンや惣菜パン、サンドウィッチを買って食べることにしました。

フレンドリーな接客の下町のパン屋さん「タンバリン」

タンバリンは京成立石駅から徒歩5〜6分のところにあります。

立石駅からは、葛飾区役所方面へと歩いて行くと右手にお店が見えてきますよ。

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

「下町コッペ」の旗が目印。

タンバリンの人気メニューは「ハンドつけ食」と書かれた好きな具材を挟んで食べられるコッペパン。
モヤモヤさまぁ~ずなんかでも放送されていましたね。

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

店内には食パンや総菜パン・サンドウィッチなどをはじめとしたパンが並んでいます。
お手頃価格でボリュームがあるパンが食べられるが嬉しいお店です。

明るい接客も特徴で、おすすめパンや安く購入できるパンなどを教えてくれます。
おすすめされたパンも含め、いくつか購入して自宅にて食べることにしました。

カレーパン

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

昔ながらのパン屋さんではついつい買ってしまうカレーパン。
油で口周りをテラテラさせながら食べるカレーパンはやはり美味。甘めでマイルドなカレーが優しい味で良かったです。

コロッケパン

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

しっかりとしたサイズのコロッケが2つ挟まったコロッケパン。
コロッケは余分な油がなくヘルシーな感じがするのですが、食べ応えは充分。

クリーム・チョココロネ

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

妻が購入したクリーム・チョココロネ。
2つの味を楽しめる菓子パンって楽しく食べられますよね。

サンドウィッチ

立石のパン屋「タンバリン」の惣菜パンとサンドウィッチ

ツナとタマゴとハムのサンドウィッチ。
際立った特徴があるわけではないのですが、手作りだと感じられる優しい味が○。

まとめ

こうやって書いてきてわかったのですが、ポイントは「やさしい味」ですね。
1978年創業と地域に根付いたパン屋さんだけあって、食べていて安心する味なんですよね。

接客も明るいということもあって、ついふらっと足が向く、そんなお店です。



タンバリン

■住所
東京都葛飾区立石7-10-2


■TEL
03-3691-8455


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*