台湾は朝市も楽しい!雙連朝市巡りからの炒米粉と魚酥焿

rp_20160719162230.jpg

台湾といえば夜市。そんなイメージがあったのですが、いやいや朝市も楽しいのです。

台湾旅2日目の朝は早起きをして朝市に行ってみることにしました。訪れてみたのは雙連駅の近くで開催されている雙連朝市
野菜や魚・色とりどりのフルーツが並ぶ朝市は熱気があり一見の価値あり。

朝市を訪れた後は、朝市近くの企鵝文肉焿店で炒米粉と魚酥焿をいただきました。

雙連朝市を巡ったあとに企鵝文肉焿店へ

夜市を訪れたあとに海老釣りをして台北の夜を楽しんだ初日。

台湾といえば夜市!寧夏路夜市で魯肉飯に牛肉炒麺…地元飯!

夜遊びにエビ釣り!台湾の春城釣蝦場で海老を釣って食らう!

旅2日目の始まりは台北の朝を楽しんでみようと思い、早起きをして朝市へ。
朝市を調べていて見つけたのが雙連朝市(シュアンリェンザオスー)。昨晩も寧夏路夜市に行くのに利用したMRT雙連駅のすぐ近くで開催されています。

雙連朝市(シュアンリェンザオスー)を巡る

f:id:islog:20160719162231j:plain

雙連朝市の入り口はMRT雙連駅2番出口を出てすぐのところになります。出口から地上にでれば賑わっているのですぐにわかるはず。

f:id:islog:20160719162823g:plain

8時過ぎに朝市に着いたのですが、すでに地元の方であろう年配者を中心に多くの人で賑わっていました。平日の朝ですが人が常に行き交い、熱気が感じられますね。

f:id:islog:20160719162235j:plain

道の左右に店が出るので通路は狭くなっています。
自転車やバイク、時には車が通ったりもするので気をつける必要があります。「ブロロ……」と背後からエンジン音が聞こえたら脇に避けるのが賢明。

f:id:islog:20160719162233j:plain

肉や魚などの生鮮食品を見ると朝市にいる実感が湧いてきます。イカなどはともかく、あまり見たことのない種類の魚たち。
どこかで調理できるのであれば買って食べてみたいものです。実に興味をそそられる。

f:id:islog:20160719162234j:plain

多く見られたのは果物や野菜。特に果物がたくさん積まれているのが印象的です。暑い場所だからフルーツも南国っぽいものが多いですね。カラフルで綺麗。

f:id:islog:20160719162239j:plain

生鮮食品が売られている店の間に、服・靴などの衣料品が売られていたりします。視覚からは衣料品、嗅覚からは魚なんかの生臭い匂い。どこか上野のアメ横が思い浮かびますが、どちらにしても得られる情報はだいぶ違う。面白い。

f:id:islog:20160719162238j:plain

朝市の中程には文昌宮というお寺があります。「北に孔子、南に文昌あり」と言われるほど善事を多く行ったとされる文昌帝が祭られており、学業・出世にご利益があると言われているそうです。

f:id:islog:20160719162236j:plain

朝市は200mほどにかけて開催されています。人が多く避けるのが大変だったりするので、朝市の横の公園にでて休憩しつつ楽しむのがいいかもしれません。

地元の方が自転車でふらっと野菜を買いにくるような光景が見られる雙連朝市。台湾ならではの熱気を味わえるのはなんとも楽しい。


雙連朝市

■住所
台北市民生西路45巷

■営業時間
朝8時頃~13時半ごろ(店や天候によって異なる)

■定休日
年中無休


雙連朝市近くの企鵝文肉焿店へ

雙連朝市を訪れたあとは、民生西路を寧夏路夜市方面に歩き、朝食をとれる店を探すことにしました。

f:id:islog:20160719162240j:plain

と、雙連朝市の入り口から歩いてすぐのところに魅力的な佇まいのお店を見つけます。

f:id:islog:20160719162241j:plain

企鵝文肉焿店です。その外観を見た瞬間に、朝食はこの店にしようと決めました。いい雰囲気。

f:id:islog:20160719162245j:plain

店には屋根がありますが、ほとんど屋台みたいな作りです。「30年老店」とあるので創業30年以上の老舗ということでしょうか。
実際、入れ替わり立ち替わりお客さんがきていたので、地元で人気のお店なのかなという印象。

f:id:islog:20160719162242j:plainさてさて、メニューを見ていてもどんなものかろくにわからないので、その場の気分で注文してみることにします。

  • 炒米粉 / 一椀 … 30元(約99円)
  • 魚酥焿 / 麺 … 50元(約165円)

炒米粉は焼きビーフンだろうと想像できますが、魚酥焿は魚が使われているだろうこと以外はまったくわかりませんでした。ま、どんなものがきてもそれも巡り合わせ。知らないものも食べてみたい。

炒米粉

f:id:islog:20160719162307j:plain

炒米粉はシンプルな感じでいいですね。お茶碗サイズの椀に、炒めたビーフンが盛られています。

f:id:islog:20160719162308j:plain

具はもやしと豚肉のそぼろのようなもの。薄めであっさりとした味付けです。

f:id:islog:20160719162300j:plain

周りも皆さん炒米粉を食べているようだったのですが、テーブルに置かれた調味料をいれて食べていました。真似してみるとピリ辛になってコクが増してこれがまた旨い。

魚酥焿

f:id:islog:20160719162257j:plain

さて、こちらが魚酥焿です。見たことのない揚げのようなものがのっています。
この揚げのようなものは、白身魚を骨ごとすりつぶしサツマイモの粉を加えて揚げたフライとのこと。そのまま食べるとサクサクとした食感なのですが、汁につけると汁が染み込んでこれがまたおいしい。風味がとても良いのです。

f:id:islog:20160719162258j:plain

米粉か麺を選べるようになっていたので、こちらは麺を選びました。スープにとろみがあるので、麺にからんでとても旨い。
具はフライ以外はもやしと香草(おそらくパクチー)。

f:id:islog:20160719162259j:plain

食べながら店内を眺めていると、後ろに魚酥焿のフライのようなものが大量に酒(?)に漬けてありました。いま食べているのもこれなのだろうか。だから風味がいいのかな。別の料理だとしたらこちらも食べてみたい。


企鵝文肉焿店

■住所
台北市大同區民生西路59號

■営業時間
6:30~21:30


まとめ

台湾は夜市だけではないですね。朝市も熱気があって大変楽しいものでした。

雙連朝市周辺は、今回行った企鵝文肉焿店以外にも店があり、どこも朝食をとる地元の方たちで賑わっていました。朝市を訪れたあとに、周辺を巡ってみても楽しいと思います。朝早くから営業しているのも嬉しいですね。

※記事内では1NTD(新台湾元)を記事執筆時のレートの3.3円で計算しています

旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!


世界最大の口コミ旅行サイト

海外旅行の際は、いつでもネットに接続できるレンタルWi-Fiルーターが便利。自宅受け取りなら送料無料です!


海外WiFiならエクスモバイル

スーツケースのレンタルなら、スーツケースの破損事故等でも無償対応してくれる下記が便利。ネットから申し込みすれば10%OFFです!


「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら

「旅の指さし会話帳」は海外旅行に欠かせない1冊!指1本さすだけで現地の人に希望を伝えられるので便利ですよ。


旅の指さし会話帳(本・電子書籍・ダウンロード)

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメント

  1. kame710 より:

    こんにちわ。
    朝からすごい熱気。
    それを十二分、いや百倍も千倍も楽しんでおられる姿が目に浮かびます。
    もうishikawaさんは「台湾名人」ですね。

コメントを残す

*