今年の釣り初めは元日から!千葉内房での堤防からの五目釣りとサメの巨大な干物

rp_20160104165515.jpg

元日から行ってきてしまいました。

釣り!

新年になってからポカポカと天気が良く、暖かかったですよね。

そんな陽気に誘われて、ガラガラの高速道路を気持ち良くドライブして、千葉内房のいつもの堤防に今年初の釣りへ妻と出掛けることにしました。

元日の美しい青空の下での釣行

f:id:islog:20160104170023j:plain

昼過ぎに到着。
空が、どこまでも青い。

f:id:islog:20160104170024j:plain

元日から快晴です。
気分がいいですね。

日差しがとても暖かく、いつもの堤防に着くと、上着をすぐに脱ぎます。
寒さに備えて厚着をしていたのですが、必要ないくらいでした。

この日の潮は良くなく、小潮。
しかしながら、暖かい陽気のせいか、釣り人が何人かいました。

元旦から釣り……」と一瞬から思いましたが、いやいや、僕らもそうだった。

いつもは早く竿を出したくて堤防に着くと我先にと仕掛けを準備するのですが、この日はのんびりと楽しもうと日差しの暖かさと潮の匂いを感じながら、ゆっくり準備します。

仕掛けはいつも通りの五目釣り用仕掛け。
青イソやオキアミを針につけて、竿を出します。

f:id:islog:20160104170026j:plain

と、釣りをしていると、堤防先にあるライトが括り付けられた柱に、見慣れないものがぶら下がっているのに気付きました。

ちょっとこっちおいで

柱の近くで釣りをしていた妻を驚かさないように柱から離れるように導き、少し離れた場所から柱を見せます。

f:id:islog:20160104170028j:plain

でかい魚の日干し

柱と同化していて気付きませんでしたが、大きな魚が干されていました。
エラの形からして、サメですかね。

サメの干物とは、元日からあまり見れないものが見れました。楽しい。

今年の釣り初めの釣果

この日は、海の水が澄んでいました。

f:id:islog:20160104170029j:plain

綺麗。

綺麗なのですが、澄んでいるとどうしても魚の食いが悪くなります。
この日はアタリはあるのですが、どうにも食ってくれない状況が続きました。

様子を見にくる地元の方と話をしたりしつつ、気長に待ちます。

結果、時々は釣れまして。

https://www.instagram.com/p/__O2YtJjCn/

正月から来ちゃった#釣り

カサゴちゃん。

それ以外には、ベラやグレ・キスなんかが釣れました。

f:id:islog:20160104170030j:plain

といっても、数はあまり釣れなかったのと、どれも型が小さかったので、元気なうちにリリースしました。

いつもは釣った魚を捌いて料理しています。
その様子は下記からご覧ください。

カワハギ刺身+肝醤油・しめ鯖・アジ等のなめろう!釣った魚を食す!

釣った魚は手作り干物に!塩干し・みりん干し・ウイスキー干し

暗くなってきた頃に、納竿としました。

f:id:islog:20160104170031j:plain

夕日がとても綺麗で見とれてしまいます。
こういった景色が見られるのも、釣りの醍醐味。

f:id:islog:20160104170032j:plain

うっすらとですが、初富士も眺められました。

ありがたい。

まとめ

帰り際、堤防近くの海沿いにある神社に、昨年のお礼と今年のお願いをして帰路につきました。

途中、幕張のサービスエリアでカロリーを摂取しました。

f:id:islog:20160104170033j:plain

f:id:islog:20160104170034j:plain

あまりに量が多くて、妻も僕もしばらく動けませんでした。
身体は温まったけど。

今年の釣り初めは爆釣とはいきませんでしたが、景色や空気を楽しみつつ、のんびりと時間を過ごすことができました。
素敵な元日。
楽しい年の始まり。

さて、今年は何回釣りにいけますことやら(本当は毎週末行きたい)。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*