葛飾区立石『ソースポット』カレー専門店の豚バラカレー

rp_20151231072539.jpg

種類はひとつだけ。
シンプルなカレー専門店でこれまたシンプルなカレーをいただいてきました

立石の町中をふらっと妻と散歩していたときのこと。
路地を歩いていると、ふとカレーの良い香りがしてきました。

妻と鼻をヒクヒクさせて香りのするほうに歩いていくと、カレー屋さんがオープンしていました。

空腹ではなかったのでその時は前を通るだけにしましたが、別の日にランチにと足を運んでみました。

ブレのない真っ向勝負のカレー

カレー専門店『ソースポット(SAUCE POT)』は立石駅から歩いて2〜3分ほどのところにあります。

f:id:islog:20151231072552j:plain

9月にオープンしていたようで、外観はまだまだ白く綺麗です。

店内に入ると、これまた綺麗でシンプルな内装。
店主が一人で切り盛りされているようです。

「さて、どんなカレーがあるかしら」と入ってみたところ、なんとカレーの種類は『豚バラカレー』のみ。

いや、とても、とても魅力的です。
作り手にも客にも迷いがうまれない。

メニューは『豚バラカレー』にサラダかデザートがつくセットが3つほどありました。

【豚バラカレー】 … ¥680

【Aセット】 … ¥780

  • 豚バラカレー
  • コールスローサラダ

【Bセット】 … ¥780

  • 豚バラカレー
  • 濃厚杏仁プリン

【Cセット】 … ¥850

  • 豚バラカレー
  • コールスローサラダ
  • 濃厚杏仁プリン

100円増しで大盛りができるとのことだったので、僕は『豚バラカレー』の大盛り、妻は『Bセット』を注文しました。

豚バラカレー

店主がトレーに乗せてカレーを運んでくれます。
目の前にだされたカレーを見て、確信。

f:id:islog:20151231072611j:plain

どシンプル

ブレのない真っ向勝負のカレーです。
ぱっと見、豚バラ以外に目視できる具はありません。

食器にも飾り気はなく、ここまでシンプルだと気持ちが良いです。

一口いただいてみると、じっくり炒められたであろうタマネギなどの野菜の旨味・甘味が口のなかにひろがります。
初見から赤みの強いルーだったので、トマトが使われているのかなと思っていましたが、見た目通りトマトの酸味が効いていました。

旨味・甘味・酸味の後に、スパイスの辛味がやってきます

たっぷり煮込まれたルーは素材の原型は無く、旨味がとことん抽出されたルーとなっています。
形があるのは豚バラが唯一で、口のなかに入れると噛ま無くてもほろほろとほどけます。

まさに飲むように、あっという間に完食しました。

まとめ

これといって強い特徴があるカレーではありませんが、シンプルが故の深みを楽しめるカレーになっています。

また、妻はBセットについてきた『濃厚杏仁プリン』を大変喜んでいました。
一口いただいてみましたが、その名の通りとても濃厚で、カレーの酸味と辛味でしびれた後には最適のデザートでした。

現在はカレーの種類はひとつ。

今後どのようになっていくのかも楽しみなお店です。


ソース ポット(SAUCE POT)

■住所
東京都葛飾区立石1-20-6

■TEL
03-3697-2015

■営業時間
11:30~15:00
17:00~21:00


ソース ポットカレーライス / 京成立石駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*