沖縄そば・ソーキそば専門店玉家でいただくミックスそば!【沖縄旅行】

沖縄そば・ソーキそば専門店『玉家』でいただいたミックスそばが絶品でございました。毎週食べたいくらい。

沖縄といえば沖縄そば。大好物なので沖縄に来て食べないわけにはいきません。
調べてみたところおいしそうな沖縄そば屋さんがあったので、寄ってみることにしました。

南城市にある『そば処 玉家本店』で沖縄そばの昼食

斎場御嶽(せーふぁうたき)に訪れたあとのことです。

神聖な場へ…沖縄の聖地『斎場御嶽』世界遺産を訪れる【沖縄旅行】

時間も昼時を過ぎていたので、遅い昼食をとることにしました。
向かうは『玉家』本店。場所は沖縄県南城市大里字古堅913-1で、斎場御嶽から車で15分ほどのところにあります。

f:id:islog:20160602185740j:plain

『玉家』の2階は空手道場になっており、そちらの看板が目印になりますね。周囲には店はほとんどない場所にあります。

f:id:islog:20160602185741j:plain

『玉家』の看板は建物の1階、右側にあります。シーサーがそば食べとる。

f:id:islog:20160602185744j:plain

店内に入るとすぐに食券機があります。
ソーキにするか三枚肉にするか悩むところでしたが、「初めての方はミックスがオススメ」と書いてあったので、ミックス(大)の食券を購入。

f:id:islog:20160602185743j:plain

店内は広い座敷のスペースと、テーブル席があります。かなりの収容可能数です。平日の中途半端な時間だったのでお客さんは多くなかったですが、琉球放送の第2回あなたが選ぶ沖縄そば王決定戦で「沖縄そば王」を受賞しているだけのこともあり、普段は人が多く入るのでしょう。

f:id:islog:20160602185745j:plain

厨房も広いですね。広々としていて居心地の良いお店。
食券をスタッフの方に渡し、店内を眺めながらそばの到着を待ちます。わくわく。

ソーキと三枚肉が両方のったミックス沖縄そば

f:id:islog:20160602185747j:plain

こちらがミックスそばです。
んーなんともおいしそうな沖縄そば。楽しみにしてたのもあり期待に胸膨らみます。

f:id:islog:20160602185749j:plain

具は、

  • ソーキ
  • 三枚肉
  • かまぼこ

とネギです。

f:id:islog:20160602185752j:plain

まずはそばからいただいてみましょう。

そばは細めのストレート麺。啜るとツルツルと口触りがよく、しっかりとコシのある麺です。亀濱製麺所というところの麺を使用しているようですね。

スープはあっさりとしつつも旨味のあるものです。豚骨とカツオ節を使用しているとのことで、香りもよく、うっかりスープだけを先に飲み進めてしまいそうなそんなスープです。うん、これ旨い。

ではでは、お次は具に移りまして……。

f:id:islog:20160602185753j:plain

柔らかすぎず味の良いソーキ。
ソーキは骨付きの豚あばら肉で、いわゆるスペアリブのことです。

口に入れればほろほろと崩れ、噛めば肉の旨味が口に広がります。さっぱりしたスープとも相性抜群。
沖縄にきたらソーキは食べないとですね。うめえ。

f:id:islog:20160602185754j:plain

こちらは三枚肉。
豚のばら肉のことで、肉と脂身と皮の部分が三層になっていることからそう呼ばれるそうな。

ソーキよりも柔らかく、口の中でとろけて脂の旨味がたまりません。

f:id:islog:20160602185756j:plain

かまぼこは沖縄そばに外せないですよね。食感と味にバリエーションがでて、これまた旨い。

一旦ひと通り食べた段階でおいしい一杯だと確信。
そのままいただいても良いのですが、せっかくなのでいろいろためしてみることにします。

f:id:islog:20160602185750j:plain

そばと一緒に運ばれてきたフーチバー。「よもぎ」ですね。沖縄ではよく食べられるそうです。
皿いっぱいにフーチバーが盛られています。

f:id:islog:20160602185757j:plain

フーチバーをスープにつけて一緒に食べてみます。
よもぎは子供の頃によもぎ餅にして食べたりはしましたが、このようにして食べたことはないので楽しみですね。沖縄のよもぎは味が違かったりするのでしょうか。

……まったく違いはなく、よもぎそのものでしたw

ビタミン豊富で健康によいとも聞きますが、草っぽい感じがちと苦手でした。香りは好きですし、沖縄そばにも合うのはわかるのですけどね。
隣に座った地元の方だと思われる家族は、フーチバーをたくさんいれて食べていました。

f:id:islog:20160602185746j:plain

テーブルにはコーレーグースと七味唐辛子・紅生姜が置かれています。

f:id:islog:20160602185758j:plain

コーレーグースは島とうがらしを泡盛に漬けたものです。
すこしいれるとコクが増しておいしい。キッコーマンの醤油の瓶にはいっているのもなんだかいいですね。

f:id:islog:20160602185759j:plain

最後に少し紅生姜をのせて食べることにします。
沖縄そばに紅生姜は合いますね。味が変わってまた新鮮に楽しめます。

まとめ

麺・スープ・具材がひとつひとつがどれもおいしく、全体的にバランスが良い一杯。ボリュームもあり、満足できる沖縄そばでした。
フーチバーは好みではありませんでしたが、その土地で食べられているものをいただけたのは良い体験になりました。

沖縄の料理はおいしいですね。近くにこちらのお店があれば毎週通いたいくらいです。


そば処 玉家 本店

■住所
沖縄県南城市大里字古堅913-1

■TEL
098-944-6886

■営業時間
10:45~18:00

■定休日
年中無休


沖縄旅行でのホテル選びは下記が便利です!


沖縄地元旅行会社が選ぶ沖縄の人気ホテルはこちら

玉家 大里店沖縄そば / 首里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*