空が好きだ 空は過去も未来も想いも映し出してくれる

rp_20151230125224.jpg

皆さんは空は好きですか?
隙があれば口を開けっぱなしでずっと空を眺めていたいishikawaです。

飼い猫の大五郎も毎日空を眺めています。

f:id:islog:20151230125234j:plain

猫になりたい。

高校生の頃、授業中はイヤフォンで音楽を聴きながら、頬杖をついて窓の外の空を眺めて過ごしていました。
そんなある日、「ishikawa、お前空ばっかり見てて楽しいか?」と教師に聞かれました。
「答えるまでも無し」と思ったのでそのまま空を見ていましたが、今思うとその場の空気感すごかったなーと思います。

今じゃ何かしら答えちゃうかな。

大人になっちゃったものです。

とにもかくにも、空が好きなので今日はこれまで撮った手持ちの写真の中から空の写真を貼っていこうと思います。

青い空もオレンジの空も黒い空も美しい

空と言ってすぐに思い浮かぶのは、河川敷です。
僕は小学校3年生まで千葉県松戸市に住んでいたのですが、そこから東京に引っ越してきて最初に思ったのは、自然が少ないということでした。

自然を求めて毎日河川敷に来ていましたが、今思うと空の面積が多いことも好きな理由の1つだった気がします。

f:id:islog:20151230125245j:plain

荒川河川敷です。

f:id:islog:20151230125258j:plain

やっぱりスカイツリー邪魔だな。

スカイツリーが好きな風景に割り込んできたときは正直ショックを受けました。
でかすぎ。

f:id:islog:20151230125327j:plain

河川敷で釣りをしたときの写真です。

f:id:islog:20151230125335j:plain

これは花火を待っている時に撮った空です。

f:id:islog:20151230125358j:plain

これは荒川河川敷をひたすら自転車で海に向かって走ったときの写真です。葛西ですね。

f:id:islog:20151230125410j:plain

空に合うのはやっぱり富士山!

f:id:islog:20151230125421j:plain

海と空と富士山萌える。

f:id:islog:20151230125432j:plain

僕は釣りが好きなのですが、空をぼーっと眺められるのも好きな理由の1つです。
なので、割と釣れない時間も好きだったりします。

f:id:islog:20151230125444j:plain

朝早い海と空。

f:id:islog:20151230125451j:plain

暮れていく空。

f:id:islog:20151230125504j:plain

太陽と空の関係性は素晴らしい。

f:id:islog:20151230125514j:plain

この空を見ると、釣りから帰らなくてはいけない気分になって少しさみしくなります。

f:id:islog:20151230125522j:plain

雲の上。

f:id:islog:20151230125529j:plain

イギリスにて。曇り空も好きだ。

f:id:islog:20151230125539j:plain

国によって空も違う。

f:id:islog:20151230125546j:plain

これはドイツ。

f:id:islog:20151230125557j:plain

日が昇ってきて、

f:id:islog:20151230125605j:plain

太陽が顔を出して、

f:id:islog:20151230125620j:plain

空が色づいて、街が動き出す。

まとめ

空を眺めていると色々なことを考えられますよね。
ぼーっと眺めていたいものです。

国によって空も違いますよね。
ヨーロッパのはっきりしない空と比べると日本の空は綺麗だなと思います。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*