ドイツベルリンの年末年越し!飛び交う爆竹と割られる瓶!!

皆さんは年越しはどう過ごしますか?

日本での年越しは、神社に繰り出したり、毎年恒例のテレビを観たり、年越し蕎麦を食べたりする方が多いでしょうか。

ここでは、僕がドイツベルリン在住時に体験したドイツでの年越しについて綴ります。

ドイツの首都ベルリンでの年越しは日本では味わえない雰囲気があって旅行にもおすすめ!

おすすめと言っておきながら、海外の雰囲気とかに慣れていないと結構怖いかもしれません(笑)

というのは、ドイツベルリンでは、年末だけ日頃禁止されている火薬の多い花火や爆竹が解禁されるのです大晦日(ドイツではSilvesterと言います)になると、明るいうちから爆竹の破裂音が鳴り響きます。僕は道を歩いているときに爆竹を投げられたりしました(笑)
日本の爆竹とは比べ物にならない火力なのでびっくりします。

花火の光で空は明るいし、煙がすごいので暴動が起きたみたいになります。

観光の方には難しいかな…。
実際年越しに家族が遊びに来た時は、怖がってしまって早々にホテルに逃げ込んでいました(笑)

しかしなんでドイツでは冬に花火を多くやるのでしょう。サッカースタジアムで花火大会があると行ったときも、冬空の中震えながら見ました。

それでも騒ぐのが好きな人には体験して欲しいBerlinのSilvester

ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)前のパーティー

ベルリンで年越しを楽しむのであれば、やはりブランデンブルク門(Brandenburger Tor)前のパーティーは外せません。
http://brandenburger-tor-berlin.de/

大晦日前から、ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)の周りでは設備設置工事が始まります。

f:id:islog:20151229202828j:plain

そして、大晦日の夜になるとパーティーが始まります。有名アーティストによるライブや、カウントダウンの花火、年明けからはDJが明け方まで音をならします。

飲食の屋台も出て、お祭り騒ぎになります。

f:id:islog:20151229202841j:plain

注意しなくてはいけないのは、ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)前のパーティーには人数制限があるので、早めに行くことをおすすめします。


Silvesterfeuerwerk 2012 in Berlin (Brandenburger Tor)

道端で皆大騒ぎ!ベルリンの年越し

道にあるゴミ箱やポストや鉄柱などに人が群がり、ビールを置いて即席バーのようになります。

f:id:islog:20151229203213j:plain

人のいる中から花火が飛び出します。
あらゆるところから爆竹の破裂音が響き、胸が高まります。

f:id:islog:20151229203227j:plain

若い人だけでなく、年配の方々も騒いでます。

f:id:islog:20151229203238j:plain

爆竹に火をつけて投げながら皆四方八方へ歩いていきます。

f:id:islog:20151229203256j:plain

ビール瓶は基本地面で割られます。靴にガラスがささったりするので、そこが厚い靴のほうが良いです。

f:id:islog:20151229203307j:plain

年が明けると、パーティーに入れなかった人々はすごい勢いで去っていきました。

f:id:islog:20151229203330j:plain

噴煙があがり、ちょっとした暴動を見ているようです。

f:id:islog:20151229203341j:plain

ありとあらゆるものが割られていました(笑)

f:id:islog:20151229203359j:plain

ちょっとやんちゃな年越しですが、日本では絶対に味わえない雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか! 

海外旅行の際は、いつでもネットに接続できるレンタルWi-Fiルーターが便利。自宅受け取りなら送料無料です!


海外WiFiならエクスモバイル

スーツケースのレンタルなら、スーツケースの破損事故等でも無償対応してくれる下記が便利。ネットから申し込みすれば10%OFFです!


「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら

「旅の指さし会話帳」は海外旅行に欠かせない1冊!指1本さすだけで現地の人に希望を伝えられるので便利ですよ。


旅の指さし会話帳(本・電子書籍・ダウンロード)

旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!


世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*