香川県『塩江セカンドステージ』大自然・レイクサイドという好立地に宿泊【香川・愛媛旅行編】

愛媛県にて松山城を訪れ、昼食に絶品の釜飯をいただいた後、高速道路を利用して香川県に戻りました。
香川県に戻ってからは、高松空港からさほど遠くない塩江温泉郷に向かいました。

f:id:islog:20151230201054j:plain

引き続き香川・愛媛旅行編です。

 

大自然あり温泉ありの『塩江(しおのえ)セカンドステージ』

愛媛県松山より2時間ほどかけて香川県高松に戻り、そこから塩江に向かいました。
高松から塩江までは山に囲まれた一本道となっており、川沿いを20分ほど車でうねうねと進んでいきます。

木々が青々と茂っており、気持ちの良いドライブでした。

道の駅の手前の信号を右に曲がり、しばらく山道を登ると宿が見えてきます。

f:id:islog:20151230201148j:plain

湖を一望できるよう窓をワイドにレイアウトした部屋

f:id:islog:20151230201157j:plain

部屋に入ると、窓の面積が多く開放的な作りになっていました。
近くにダムがあるため宿の目の前は大きな湖となっており、窓からは湖と青々とした木々を一望することができます。

朝には鳥のさえずりを聴くことができ、いくら眺めていても飽きない景色でした。

f:id:islog:20151230201206j:plain

f:id:islog:20151230201216j:plain

魚を中心とした食事

f:id:islog:20151230201227j:plain

夕食は魚を中心としたものでした。
正直なところ、味はそこそこでした。

それでも家族で来れたこと、旅行っぽい雰囲気を味わえていることで、それなりに楽しめました。

f:id:islog:20151230201235j:plain

当然のごとくビールをいただきました。

f:id:islog:20151230201243j:plain

朝食は『THE 朝食』といったセレクトの食事でした。

僕、こういうの好きなんです。
白米と納豆と海苔と味噌汁があるだけで、旅行というシチュエーションだと何故か無性にうまいんですよね。

内湯と露天風呂とサウナ

温泉については、ちょっと微妙な感じでした。

内湯は温泉は感じますが香りが弱く、あまり特徴を感じない薄く感じる泉質でした。
また、湯がとにかく熱く、足をいれると赤くなるくらいでした。

露天風呂については一般宅の湯船の4〜5倍程度の広さであまり大きくなく、湯は温泉の香りではなく強いカルキの臭いがしたため、すぐにあがってしまいました。
囲いを高くしているため肝心の景色も見えませんでした。

仕方なくサウナを利用する形で趣向を変えて楽しみました。

まとめ

残念な部分もありましたが、家族と一緒の時間を過ごせること、大自然を堪能できることを考えれば素敵な時間でした。

f:id:islog:20151230201253j:plain

f:id:islog:20151230201301j:plain

朝には宿の敷地内を散歩しましたが、空気が澄んでいてとても気持ちが良かったです。

また、帰り際に近くの道の駅に立ち寄りました。

f:id:islog:20151230201312j:plain

f:id:islog:20151230201314j:plain

目の前に流れている川がとても綺麗で、近くまで行ってみると魚やエビが泳いでいるのが見えました。

f:id:islog:20151230201327j:plain


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*