四国香川県でいただく讃州製麺の肉甘玉うどんと釜玉うどん【香川・愛媛旅行編】

rp_20151230194532.jpg

香川と言えばうどんでしょう!
ということで香川でうどんを食べてきました。

昨日に引き続き香川・愛媛旅行編、本日は香川県で『讃州製麺』でうどんをいただいた時のことについて綴ります。

 

讃州製麺で絶品うどんをいただく

レンタカーを借りて、最初は実は有名な『中村うどん』へ向かいました。
混んでいるだろうな、と思いながら行ったところ長蛇の列が(笑)

今回は高齢の祖父がいたため、無理はせず近くのうどん屋さんにしようと近くにあった『讃州製麺』に立ち寄りました。

アクセスしやすい讃州製麺

電車の高架横にある『讃州製麺』の前には広い駐車場があります。
お店の上がフィットネスクラブになっているようです。

f:id:islog:20151230194616j:plain

うどんのメニューが大きくどどーんとあって、テンションがあがります。

f:id:islog:20151230194624j:plain

店内に入ると席はかなり多く、セルフでうどんを受け取ったあとも安心して座れます。
セルフのお店で店内が綺麗なのも嬉しい点です。

いざ、うどんをいただく

以前香川でうどんは食べましたが、今回が初のセルフ。
ちょっとドキドキしながら、列の後ろに並びます。

f:id:islog:20151230194632j:plain

まずはうどんを注文するようになっており、そこから天ぷらが並んでいて、おにぎりやおでんも取れるようになっています。
席の近くには薬味が用意されています。

f:id:islog:20151230194644j:plain

釜玉うどん

f:id:islog:20151230194654j:plain

朝食をろくにとっていなかったため、大盛りにしました。
一緒に渡された醤油をかけて混ぜていただきます。

f:id:islog:20151230194702j:plain

薬味にネギをのせました。

一口すすってみると、麺はなめらかな食感で弾力があり、伸びがあります。
熱いうどんに絡まった玉子が程よく生と煮えた部分が混在し、絶妙な味わいを生んでました。

香川県一発目がこれで良かった、と思えるシンプルで味わい深いうどんでした。

肉甘玉うどん

f:id:islog:20151230194712j:plain

妻が注文。
鳥天をつけました。

甘辛い醤油をかけていただきます。
一口もらって食べましたが、すき焼き風味でありながら、甘すぎず後を引く味でした。

鳥天も柔らかく美味でした。

おでん

f:id:islog:20151230194722j:plain

味見をしてみようとおでんもとってきました。
横にある天ぷらはちくわ天です。

香川でおでんが並んでいるのをみると、いつも味噌が横に置いてありました。
ここでの味噌は甘い味噌になっており、おでんにつけて食べると甘くも出汁の香りがしておいしかったです。

まとめ

香川県にはうどん屋がたくさんあり迷ってしまいますが、以前香川県に来てうどんを食べたときも思いましたが、どのお店に入ってもそのお店の味があり、それなりにおいしい気がします。

今回は『讃州製麺』に入りましたが、とてもおいしくて満足でした。

家族全員喜んでいたので、旅行一食目がこのお店となって良かったです。


讃州製麺

■住所
香川県丸亀市土器町東9-240 ジョイフィット丸亀 1F

■TEL
0877-25-5615

■営業時間
6:45~15:00 17:00~21:30
夜間はお食事処讃州として料理店として営業

■定休日
水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)



ネットで讃岐うどんを取り寄せるなら「手打ちうどんつるわ」がおすすめ。本格的な「コシ」と「のどごし」が楽しめます!



本場讃岐の味をご家庭で「手打ちうどんつるわ」


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*