日暮里の立ち食い蕎麦屋『六文そば』かけそばがなんと200円!

東京都荒川区日暮里、時折訪れる街。

日暮里駅にはJR東日本各線・京成線・舎人ライナーが乗り入れているため接続駅として使うことが多いのですが、時折日暮里駅で降りて周辺を谷根千方面へ散歩したりします。

それとよく行くのが日暮里繊維街の生地屋さん。妻が布を使って手づくり品を作ったりしているので、そのお供でくっついていきます。生地屋さんは見ているだけで楽しい。

ただ、たくさんの物の中から自分に合った物を探すのは面白いけど骨が折れます。フィーリングが大事だから常にアンテナ張っていますからね。

ですので、繊維街を巡ったあとはヘトヘトになります。んで、腹が減るんですね。とはいえ、材料を手にして制作意欲が湧いているので早く戻りたい。
そんなときにオススメのさっと食べれて安い蕎麦屋さんについて綴ります。前置き長くなりましたー。

『六文そば 日暮里2号店』つきみそばとイカゲソ天そば

日暮里駅から徒歩2〜3分のところにある『六文そば 日暮里2号店』。

日暮里駅の南改札口から繊維街に向かう途中にあります。

ちなみに1号店があるのは近くのステーションガーデンタワーの3階。

f:id:islog:20160625122723j:plain

「そば・うどん 200円」の看板が目印。これぞ立ち食い蕎麦屋といった佇まい。

f:id:islog:20160625122727j:plain

店内に入って壁に取り付けられたメニューを見てみると、いやはやどれもお安い。かけそば・うどんはやはり200円。海老天のせても350円ですね。わお。

f:id:islog:20160625122729j:plain

口頭で注文を伝えます。僕はつきみそば、妻はイカゲソ天そばを注文。
常連さんっぽい方たちが入れ替わり立ち替わり続々と入ってきたのですが、「かけにかきあげネギ多めー」などなど、注文がスムーズで粋な感じ。

f:id:islog:20160625122731j:plain

店内は7〜8人入ったら熱気ムンムンになるのではないかというくらいの広さ。決して綺麗ではないのだけどそれも良し。
水を飲みつつ待とう……なんて考える間もなくすぐ呼ばれます。

つきみそば

f:id:islog:20160625122733j:plain

こちらはつきみそば、260円也。
かけそばに卵おとして刻みネギを散らしただけのシンプルなお姿。刻みネギ、といいつつもざく切りですね。いいぞいいぞ。

f:id:islog:20160625122735j:plain

出汁と醤油の効いたしょっぱめのつゆ。コシが効いた麺というよりも、やや太目で食べやすいやわらか麺。
これぞ立ち食い蕎麦といったところ。

f:id:islog:20160625122737j:plain

卵を絡めればほーら旨い。つゆと卵と蕎麦の組み合わせは間違いないですね。七味をパパッとかけてズルズルいきます。

イカゲソ天そば

f:id:islog:20160625122734j:plain

かたや、イカゲソ天そば。

  • かけそば … 200円
  • イカゲソ天 … 90円

計290円というリーズナブルな一品。

天ぷらをのせるとつゆに多少甘みが増してやはり美味しいですね。かけそばを軸に好きな天ぷらをのせてカスタマイズするのが楽しい、立ち食い蕎麦。

まとめ

さっと食べられて重宝する、何よりも良心的な値段がありがたい『六文そば 日暮里2号店』。

日暮里に訪れた際には、ふらっと立ち寄って立ち食いしてみてはいかがでしょう。


六文そば 日暮里2号店

■住所
東京都荒川区東日暮里5-51-14 石畑ビル 1F

■TEL
03-3801-7820

■営業時間

■定休日


六文そば 日暮里2号店そば(蕎麦) / 日暮里駅西日暮里駅三河島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*