りんご音楽祭帰りにおすすめ!松本の蕎麦と温泉を堪能!!

rp_20151231051004.jpg

9/26・27と開催されたりんご音楽祭

初めて行きましたが、快晴と友人のおかげで満足の2日間となりました。

そんな楽しい2日間も終わり、3日目(9/28 月曜日)となりました。
前々より行くのは決めていたので、「次の日は仕事なんてしたくな〜い」と休みをとっていました。

僕ら以外にも3日目朝のキャンプサイトには思っていたより人が残っていました。

家に着くまでがフェス

3日目は長野県松本市を堪能してから東京に帰ることにしました。

蕎麦屋と温泉を巡る長野旅

3日目朝、テントを片付けて荷造りをし、僕は駐車場に車を取りに行きました。
3日目はシャトルバスがなくなるため、車をテントサイト内に停められるようにしてくれます。

車に乗ってキャンプサイトに戻ると、友人の隣に見知らぬ方が立っていました。

聞くとヒッチハイクで高知まで帰るので、松本駅まで乗せて行って欲しいとのこと。
ヒッチハイクとかすごいねー」とか言いながら荷物を詰め込んで松本駅に向かいます。

りんご音楽祭にも前乗りで金曜からテントを張っていたそうです。

駅までの道で話を聞いていると、どうやら音楽をやっているようでした。

駅に着いてヒッチハイク頑張ってねと見送ったのですが、後で「Facebookとか繋がっておけば良かった」と気付きました。
無念。

その後は目的のひとつである蕎麦屋を探すことにしました。

榑木野(くれきの) 駅舎店

一度近くのコンビニに車を停めて近くの蕎麦屋を検索したのですが、思うように蕎麦屋が見つけられませんでした。
松本駅前のロータリーに駐車場があったのを思い出して、車を停めて歩いて蕎麦屋を探すことにしました。

ロータリーに車を停めると、松本駅の並びに蕎麦屋の看板が。

f:id:islog:20151231051014j:plain

榑木野(くれきの)というお店です。

公式サイト: http://www.kurekino.co.jp/index.html

良さそうだったのでこのお店に入ることにしました。

店内は木調の内装になっており、蕎麦が期待できる雰囲気です。

f:id:islog:20151231051027j:plain

と、ここで先ほどキャンプサイトから車で送り届けた方とばったり再会。
Facebookで繋がることができました。わーい。

僕ら以外にもりんご音楽祭帰りであろう人が客の中の半数近くを占めていました。
りんご音楽祭が松本の活性化の一助になってるのを実感。

友人が舞茸天せいろ、
僕はきのこおろしそばと生わさびを注文しました。

大盛り無料ということで、全員迷わず大盛りを選択です。

舞茸天せいろ

f:id:islog:20151231051039j:plain

運ばれてきたときに舞茸天の大きさに驚きました。
スーパーで売ってるパックの舞茸そのまま天ぷらにしたようなフォルム。

蕎麦の香りがすっと鼻腔を抜ける、清涼感が堪らない蕎麦です。
フェスで味が濃いものをずっと食べていたので、身体がこういう食事を求めていました。

全員唸りながら食べ進めます。

天ぷらも油っこくなく、ボリューム満点でモリモリいただけます。
舞茸の他にも、柑橘系の葉と思われる天ぷらがついてきました。
柑橘系の香りが爽やかな天ぷらでした。

きのこおろしそば

f:id:islog:20151231051046j:plain

色々なきのこが入っていて、おろしがさっぱりとおいしい蕎麦です。

僕はこれに生わさびをのせながらいただきました。

f:id:islog:20151231051054j:plain

おろしたばかりのわさびは香りが良く蕎麦を引き立ててくれます。

大満足の昼食になりました。


榑木野 駅舎店

■住所
長野県松本市深志1-1-1 MIDORI松本店 1F

■TEL
0263-38-0803

■営業時間
7:00~21:00(L.O.20:45)

■定休日


湯の華銭湯瑞祥 松本館

昼食を平らげた僕らは、次なる目標である温泉を目指します。

なんだかんだでフェスの間の2日間は風呂に入っていません。
テントの中で身体を拭いたりはしましたが、髪の毛も身体も汗でベタベタです。

これはもう温泉しかない!ということで、蕎麦を食べている間に近くの温泉を調べておきました。

そこで見つけたのが、松本駅から車で10分ほどのところにある『湯の華銭湯瑞祥 松本館』でした。

公式サイト: http://zui.sakura.ne.jp/matsumoto/index.html

近くを流れる川が綺麗です。

f:id:islog:20151231051122j:plain

f:id:islog:20151231051124j:plain

建物は外観から良い雰囲気。

f:id:islog:20151231051139j:plain

内装も木調で落ち着いた雰囲気で、天井が高くくつろげます。

f:id:islog:20151231051152j:plain

早速風呂へ向かいます。

f:id:islog:20151231051159j:plain

服を脱いですぐ洗い場に向かい、全身をくまなく洗います。

このときの気持ち良さったら言葉にするのが難しいほど

その後は風呂に足を伸ばして浸かって、ジャグジーで全身をマッサージしました。

もう一度全身を洗い、最後に寝湯へ。
風呂は内風呂と露天があって、風呂の種類も多く幸せな気分になれました。

硫黄の香りはなく、湯の花も見られなかったので温泉感は薄かったですが、それでも久しぶりの風呂が気持ち良かったのに間違いはありません。

大大大満足です。


湯の華銭湯瑞祥 松本館

■住所
長野県松本市渚1丁目7番1号なぎさらいふサイト内

■TEL
0263-29-2686

■営業時間
平日:朝9時30分~深夜12時
土・日・祝日:朝6時~深夜12時

■定休日
毎月第3火曜日(原則)※夕方5時より営業


まとめ

美味しいものを食べて、温泉に入って、りんご音楽祭の後も存分に満喫しました。
温泉に入った後は、お土産を買ったりしながら東京へと帰ってきました。

最初から最後までりんご音楽祭を満喫することができました。

松本は初めて行きましたがとても良いところだと思いました。

これもりんご音楽祭のおかげ。

楽しい時間をありがとう。

榑木野 駅舎店そば(蕎麦) / 松本駅西松本駅北松本駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*