まるでアメリカ!どぶ板通りのハシゴ酒で酔った投げた歌った!

rp_20160828213205.jpg

横須賀のどぶ板通りでのハシゴ酒企画、第2回目。

ここまで、ヴェルニー公園・一福・汐入町高台巡り・ヒデヨシ商店……とすでに横須賀汐入探訪を楽しんではいましたが、最終目的は暗くなってからのハシゴ酒。

この時点で2軒ハシゴしているわけですが、最終的にハシゴしたのはその2軒(一福・ヒデヨシ商店)を含め計7軒。多分。バーにいた人とダーツしたり肩組んで歌ったりと、終始気持ち良く酔っ払いながら、まるでアメリカのようなどぶ板通りの雰囲気を満喫したのでした。

酒だダーツだカラオケだ!横須賀どぶ板通りのバーを巡る

汐入駅近くの立飲み屋「ヒデヨシ商店」で呑んだ後のこと。

壁一面1ドル札だらけ!汐入駅近くの立飲み屋「ヒデヨシ商店」

Tommyさん(id:TommyBackpacker)とヤカンと僕の3人は、酔っ払ってすっかり心地良くなった頭と身体でどぶ板通りのほうへ向かうことにしたのでした。

最初に訪れたヴェルニー公園で缶ビール、次に訪れた一福でもビール、その後2時間汐入町の高台を散策し、炎天下の中を歩いて乾いた身体にヒデヨシ商店でビールとチューハイを注入…そりゃアルコールが効いてもきます。
とはいえ、ここからが本番。酔いとノリに任せてハシゴ酒の開始です。

CANTINA

まずはどぶ板通りの中程にある「CANTINA」へ。

f:id:islog:20160828213206j:plain

ヒデヨシ商店で立飲みをしていたら身体を動かしたくなり、前回ビリヤードをした店に再訪です。

どぶ板通り商店街周辺(京急汐入駅付近)数軒のバーを飲み歩く!

f:id:islog:20160828213208j:plain

ひとまずカウンターで酒を注文。
この辺りのバーは注文の際にお金を渡すキャッシュオン制。飲んでるとふらっと外に出たくなる僕には嬉しいシステムです。懐具合もわかりやすいですしね。

f:id:islog:20160828213209j:plain

何はともあれ改めて乾杯!もう既に皆半分くらい飲んでますけどね。

f:id:islog:20160828213210j:plain

時間は15〜16時頃。11時に汐入に集まったのですが、それなりに時間は経ちました。しかし本番は辺りが暗くなってから。これからです。

散々歩き回って立飲みをした後。ようやく座れたのでのんびりと飲んでいたのですが、気付けば後から入ってきた人がビリヤードを始めていました。

f:id:islog:20160828213215j:plain

ビリヤードをしている人がマイキューを持ってきていてガチな感じだったので、僕らは奥にあるダーツで遊ぶことにしました。

f:id:islog:20160828213212j:plain

1回戦目の勝者はTommyさん。ヤカンと僕は罰ゲームとしてチューハイのsuicideを注文。
名前からして気になったので最初の注文の際にスタッフの方に聞いたのですが、suicideはチューハイのメニューにあるそれぞれのシロップを全部混ぜたものとのこと。味はとにかく甘い。不味くはないが、甘いのだ。

f:id:islog:20160828213217j:plain

その後は近くに座っていたアメリカ人女性にダーツを一緒にしようと誘われ、4人でプレーすることに。
その女性、声をかけられる前にiPadでビデオ通話をしていたので気になっていたのですが、後から聞くとヨーロッパに住む友人とskypeで話していたのだそう。このバーとどこかの国が繋がっていると考えるとすごいなと、酔った頭で思いつつ。でも、この辺りではよく見られる光景なのかもしれませんね。

f:id:islog:20160828213218j:plain

ダーツのほうはというと、何度やっても声をかけてきた女性の圧勝。男3人はビリにならないようにすることが目的のようになっておりました。

上の写真は後から見て撮っていたことに気付いたのですが、なぜか裸足のTommyさん。こうなった件、覚えておりませぬ。

ダーツをしながら酒を何杯か飲み、次のバーへと移動したのでした。

ROCK CITY

f:id:islog:20160828213219j:plain

次に訪れたのは「ROCK CITY」。先ほどのCANTINAの斜め向かいにあります。

f:id:islog:20160828213227j:plain

CANTINAを出た段階で辺りはすっかり暗くなっていました。この時間になると、どの店も人で溢れかえっています。

f:id:islog:20160828213221j:plain

この店には中央にビリヤード台、奥にビアポンとダーツがあり、ゲームを楽しむ人で賑やかです。

ビアポンは、テーブルの両端に置かれた水かビールが入ったカップに、ピンポン玉をテーブルの両端から投げて入れるゲームです。詳細なルールはわからないのですが、次回訪れた際には是非ともやってみたい。

f:id:islog:20160828213222j:plain

スーパーマンのTシャツを着た男性に声をかけられ踊りだすTommyさんとヤカン。適当に飲んでいれば適当に絡まれる。こういうのが愉快で楽しいのです。

f:id:islog:20160828213224j:plain

以前訪れた際の記事にも書いたのですが、ここはトイレがグラフィティだらけでいい感じ。
この店はX JAPANに加入する前のhideのホームグランド的ライヴハウスだったそう。ガヤガヤとした雰囲気が実にいいのです。

KRAZY CHU-HI BAR

f:id:islog:20160828213228j:plain

ROCK CITYを出たあとは「KRAZY CHU-HI BAR(isis)」へ。ヒデヨシ商店と同じように壁一面1ドル札が貼られています。
この時点ですでに酔いがしっかりまわって愉快な状態。そして終電を逃していることに気付いたのも、この店に来る少し前。

f:id:islog:20160828213229j:plain

ここで注文するのはやっぱりクレイジーチューハイ。これが300円と安価で、しっかり酔えるのです。どうせ終電もないんだ、酔っ払ってやる。

f:id:islog:20160828213230j:plain

ということで、チューハイを飲んだら次の店へ。ふらふら〜っと。

george’s

次に訪れたのは「george’s」。ROCK CITYの真向かいにあるバーです。

f:id:islog:20160828213232j:plainこの店にはカラオケがあり、気付けば歌っている状況に。映画「リディック」みたいな人がいつの間にか加わっていますね。覚えてない。

f:id:islog:20160828213234j:plain

Tommyさんも歌っていたようでした。
すみません、写真を見て気付きました。何を歌っていたのだろう…思い出せません。
ちなみに僕は歌わずにバーにいる人と話したりとふらふらしていたわけですが

f:id:islog:20160828213235j:plain

ここまでくると全てノリ。酔いに任せて行きたいところに行ってやりたいことをしている感じ。周りから程良く絡んできてくれるのもあって楽しいのです。騒げや、騒げ。

f:id:islog:20160828213237j:plain

ひとしきりカラオケで歌ったあと、カウンターにいた女性にカラオケで歌ってほしい曲があるとリクエストしにいくTommyさん。

こうやって周りにいる人と積極的にコミュニケーションをとってくれる方がいると、交流が増えてありがたい。いつも拡げてくれてありがとうございます。

まとめ

f:id:islog:20160828213238j:plain

george’sを出たあと、最後にどこかのバーに立ち寄って終了としました。その後は最初に訪れたヴェルニー公園で始発を待つという流れ。ヴェルニー公園に始まりヴェルニー公園で終えるというなかなか良いシナリオとなりました。眠かったけど。

前回が4軒で今回は7軒。ハシゴ酒も成長しております。
どぶ板通りはやっぱり楽しいですね。ホント、腹一杯楽しみました。また行くぞー。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*