ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

京都旅の途中、夕食にと「ラーメン コンジキ」の梅小路公園前店に入りました。

食べたのはラーメンの「こくとり塩」と「台湾まぜそば」。空腹だったのでチャーシュー丼も追加したのですが、これはあまりに多すぎました。
店を出るときには、歩くのもままならないくらい満腹。そうなるくらい、食欲をそそるラーメンでした。

夕食に「ラーメン コンジキ 梅小路公園前店」へ

京都旅2日目。
東寺・石清水八幡宮・伏見稲荷大社・北野天満宮・文子天満宮と1日中神社仏閣を巡拝していた妻と僕。夜になると疲労困憊、夕食は宿泊していたゲストハウスの近くで摂ろうとのことになりました。

宿はる家aqua|築100年以上!京都の町家宿に泊まってみた

思い浮かんだのが「ラーメン コンジキ」の梅小路公園前店。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

京都水族館のある梅小路公園の近く、僕らが宿泊していた「宿はる家aqua」からほど近い場所にありました。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

店内にはカウンター席とテーブル席があり、ホワイトがベースの内装がとても綺麗です。明るい店内で落ち着いて食事できますよ。

注文したのは、

  • こくとり塩
  • チャーシュー丼
  • 台湾まぜそば

です。

こくとり塩

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

こちらが「こくとり塩」。注文したのは並150gで、750円になります。具はチャーシュー、白髪ネギ・揚げネギ・青ネギですね。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

白濁したスープは鶏の旨味が濃く、まろやか。とろみも感じられるスープは、麺にも程よく絡んで良い感じです。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

麺はストレートの細麺。口当たりはツルッとしており、食感は割合モチモチしています。
おいしいですが、スープが麺に絡みすぎて若干しょっぱく感じましたね。

チャーシュー丼

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

「こくとり塩」の相方として注文したのがこの「チャーシュー丼」。250円也。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

スモークが効いたチャーシューの細切りがたっぷりと盛り付けられていて、小さい器でもボリューム満点。
たっぷりとかけられた海苔や青ネギの刻みが、良い風味を加えてくれています。

台湾まぜそば

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

こちらが「台湾まぜそば」。300gを注文し、850円。
具は、ニラ・ニンニク・のり・青ネギ・肉味噌がたっぷりと盛り付けられており、卵黄がちょこんと一番上に行儀良くのせられています。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

さあさあ、思いっきり混ぜていきますよー。混ぜているそばからニンニクやニラの香りが強くたってきます。これはパンチがありそう。
実はこのまぜそばは妻が注文したもの。途中まで食べたのですが、僕の食べていた「こくとり塩」とチェンジすることになりました。

ちょっと女性にはパンチがありすぎるのですかね。僕も序盤はおいしくて後をひく味に箸が止まりませんでしたが、終盤は若干胃もたれ気味でした。ニンニクやニラのパンチの効いた風味に、ピリッとした辛味、さらにはボリューム満点なのでどんどん腹がパンパンになっていきます。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

さらに、台湾まぜそばには小さな器に盛られた白飯がついてきます。

ラーメン コンジキ|こくとり塩と台湾まぜそばで満腹!!【京都旅行】

残った汁にご飯を投入して混ぜ込みます。これがまた旨い。旨いけど、この時はお腹がいっぱいで食べ切るのが精一杯でした。

まとめ

梅小路公園近くにある「ラーメン コンジキ」。出てくる料理はボリューム満点、お腹がいっぱいになりますよ。

旅の途中、元気が欲しい時などにスタミナをつけに行くのも良いかもしれませんね。


ラーメン コンジキ 梅小路公園前店 (KONJIKI)

■住所
京都府京都市下京区七条大宮下ル上之町417-1 ナカキンズフラット 1F

■TEL
075-371-0888

■営業時間
11:00~21:00

■定休日
不定休


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*