高速のPHP7がXserver(エックスサーバー)で使えるようになったので即導入

%e9%ab%98%e9%80%9fphp7%e3%81%8b%e3%82%99xserver%ef%bc%88%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%ef%bc%89%e3%81%a6%e3%82%99%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%88

前々から気になっていたPHP7がエックスサーバーで使えるようになったので早速導入してみました。

結果として、体感でも表示が速くなったと感じております。

当ブログはWordpressを導入しているのですが、PHP7に変更した際にプラグインのいくつかにエラーがでて何度か画面真っ白になりました。
更新が止まっているプラグインは注意です。

そもそも更新が止まっているプラグインを入れておくな、という話もありますが……。

国内初!PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入のお知らせ

きっかけは2015/12/9にエックスサーバーより届いたメールでした。

全アカウント対応、国内初!
PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度当サービスでは「PHP7」を導入いたしました。

PHP7 は、PHP5 に比べ2倍以上の実行速度を誇り、
メモリ使用量が大幅に改善されたPHPの最新バージョンです。

当サービスではこの PHP7 に、
モジュール版PHPと同等の処理能力を持つ動作方式「FastCGI」と
キャッシュによる高速化と負荷軽減効果を持つPHPの拡張モジュール「OPcache」を
標準で有効化して提供いたします。

高性能な PHP7 に加え、高速性を最大化させる環境により、
さらに快適にWebサイトを運用することが可能となります。

なお、ご契約いただいているすべてのサーバーアカウントで PHP7 を導入するのは、国内レンタルサーバー事業者として初めてです。

PHP7は10年ぶりのメジャーバージョンアップということで気になっていたところ。
これまでもパフォーマンスが高いとの噂を聞いていたので、PHP7は是非導入してみたい。

http://codezine.jp/article/detail/8492

国内初って心意気も素敵。

多少不具合あっても入れちゃいたいな、と思い導入に踏み切った次第でございます。

PHP7導入方法

簡単ですが、導入方法を。

  1. エックスサーバーの管理画面から「PHP Ver.切り替え」を選択
    00%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%81%ae%e7%ae%a1%e7%90%86%e7%94%bb%e9%9d%a2-min
  2. 設定をおこなうドメインを選択
    01%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%86%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e-min
  3. プルダウンから「PHP7.0.x」を選択し、「バージョンを切り替える」をクリック
    02%e3%80%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%92%e5%88%87%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%8d%e3%82%92%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%97%e3%81%a6

以上で完了です。

簡単なのですが、先述のように不具合が出る可能性もあるので、多少はドキドキして切り替えたほうが良いです。
そのほうがスムーズに慌てることができます。

PHP7に変更した際に考えられるエラー

僕の場合は切り替えた瞬間にエラーが発生しました。

03%e5%83%95%e3%81%ae%e5%a0%b4%e5%90%88%e3%81%af%e5%88%87%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%81%9f%e7%9e%ac%e9%96%93%e3%81%ab%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%82%99%e7%99%ba%e7%94%9f%e3%81%97%e3%81%be

ま、そうだよね。」ということで5系のPHPに戻しました。

WordPressの場合は大概がプラグイン絡みのエラーだと思います。

当ブログの場合、

  • DB Cache Reloaded Fix
  • SEO Smart Links +
  • Tweetily

の3つが引っかかりました。

正直どれもなくても問題無いものだったので停止しました。

PHP7に変更 → PHPエラーをコピペ → 5系に戻す → 問題のあるプラグインをエラーから判断し停止」という作業を繰り返して表示されるようになりました。
“new”を使うなど、古いPHPの書き方をしているものが引っかかっている印象。

エラーが起こると大概サービス自体が止まってしまうので気をつけたいところです。

導入した効果

体感としては速くなったと感じています。

PHP7ではさらに下記も標準で有効にして提供されているとのこと。

▼FastCGI
プロセス初回実行時に該当プロセスを一定時間サーバー内に
保持することで、次回以降、実行時の「プロセスの起動/終了」を省略し、 高速化や、プロセスの起動/終了に伴うCPUへの負荷を軽減することで、
速度面で優れるとされるモジュール版PHPと同等の処理能力を持つ動作方式です。

▼OPcache
PHPの初回実行時に、PHPの内容を最適化した状態でキャッシュしておき、
次回以降、同じPHPにアクセスがあった際にキャッシュを利用することで、
PHP実行時のCPU負荷の軽減や、PHPの大幅な高速化を図る
PHPの拡張モジュールです。

今後改めて速度測定はしてみたいですね。

 

エックスサーバーの登録は下記より!



月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメント

コメントを残す

*