東京大崎の定食屋『さんご』赤魚鯛照焼とチキンカツ玉子とじ

rp_20160808203252.jpg

ビル群が建ち並ぶ東京の大崎。仕事の関係でここのところよく行っているのですが、休日に別件で妻と共に訪れる機会があり、仕事の時には用が済むとすぐに移動してしまう大崎で昼食をとってみようと思い立ちまして。

どうしても和の定食が食べたくてですね。しかしながら、お洒落なバーや洋食を出す店なんかはあっても、なかなか「食堂」のような店が見つかりません。暑い中を歩き回ったこともあり、そろそろ妥協しようかなと諦めかけたところで、希望に近いお店を見つけたのでした。

定食屋での昼食はやはりたまらない!『さんご』でいただくランチメニュー

お店の名前は『さんご』。

大崎駅の南口から徒歩5〜6分のところにあります。

f:id:islog:20160808203253j:plain

ああ、この気持ちが落ち着く佇まい。ショーウィンドウにはオムライスなんかも並んでいる、周辺の会社に勤めている方が昼時に通いそうな庶民的な定食屋。
入口のところには日替わり定食が書かれています。

f:id:islog:20160808203254j:plain

店内は明るく綺麗で、厨房側の壁に定食のメニューがずらっと並んでいます。選んでいたら迷ってしまうところですが、僕は店に入る前から日替わり定食の一品に決めていました。本日は、迷いなし。

赤魚鯛照焼&とろろ

f:id:islog:20160808203256j:plain

僕が注文したのは日替わり定食の「赤魚鯛照焼&とろろ」。800円。メイン料理の2品以外には、白飯・味噌汁・たくあんがついてきます。

f:id:islog:20160808203258j:plain

赤魚鯛、アコウダイですね。こんなところでアコウダイをいただけるとは。
薄味で上品な風味の照焼で、ゆっくりと咀嚼して味わっていたい一品。それでいて魚の味が濃いのでご飯にも合うのです。添えられていた紅生姜も合いますね。

f:id:islog:20160808203301j:plain

とろろは言わずもがな、ですね。ご飯にかけたら箸が止まりません。赤魚鯛照焼とも相性がバッチリです。
バランスの良い定食でした。

チキンカツ玉子とじ&しらすおろし

f:id:islog:20160808203257j:plain

妻が注文したのは、こちらも日替わり定食の「チキンカツ玉子とじ&しらすおろし」。750円。メイン料理以外は「赤魚鯛照焼&とろろ」と同じですね。

f:id:islog:20160808203300j:plain

こちらの主役は何と言ってもチキンカツ玉子とじ。鶏肉だけあって、豚肉のとんかつほど脂っぽくなくさっぱりとしています。つゆだくでご飯に合いますね。これぞ定食。

まとめ

外で昼食、となるとどうしても定食を求めてしまいます。今回はビルが立ち並ぶ中でしたが、希望したままのお店に巡り合えることができて幸いでした。

店の雰囲気も明るく居心地の良い食堂「さんご」。赤魚鯛照焼・チキンカツ玉子とじ、共に美味しかったです。ごちそうさまでした。


さんご

■住所
東京都品川区西品川3丁目6-3

■TEL
03-3491-9514

■定休日
日曜祝日


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*