読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isLog [イズログ]

isLog〜イズログ〜は『日々生きること自体が旅』をモットーに、旅行記やグルメ情報について綴っているブログです。

MENU

年越しは『王子 狐の行列』夏目友人帳の世界のような光景!

神社・寺

f:id:islog:20160103233608j:plain

王子 狐の行列』。

大晦日の晩、装束稲荷神社から王子稲荷神社を狐に扮した行列が練り歩く大祭です。

大晦日から元旦にかけての年越しに、その祭りを体感しに現地へ行ってきました。
その雰囲気はまるで、夏目友人帳の世界

幻想的で、美しい祭りでした。

『王子 狐の行列』とは 

『王子 狐の行列』は地域住民により1993年より始められた祭りで、王子に古くから伝えられているある言い伝えが起源となっています。

その昔、大晦日には各地から集まった狐が大きな榎木の下で装束を整えて王子稲荷神社に詣でていたそうです。
その様子は、歌川広重の浮世絵『王子装束ゑの木大晦日之狐火』にも描かれています。

しかし、時代が進むにつれ自然が失われ、集結場所だった榎木が人間に伐採されてしまったことで、いつしか狐の行列は見られなくなってしまいました。

それを偲んだ人々が、狐に扮装して行列となり、王子稲荷神社へと初詣をするようになりました。

これが、『王子 狐の行列』です。

f:id:islog:20160103233829j:plain

榎木があったとされる装束稲荷神社から、関東稲荷総司と崇められる王子稲荷神社の間を、狐に扮して行列になり練り歩きます。

神社の情報については、前もって訪れたときのことを下記に綴りましたのでそちらをご覧ください。

また、今回は周りませんでしたが、王子稲荷神社には『願掛けの石』や『狐の穴跡』などの名所もあります。
早い時間に向かって、合わせて巡ってみるのも良いかもしれません。

大晦日、祭り当日

『王子 狐の行列』は1月1日の0時より始まるとのことでしたので、22:30頃に現地に向かいました。
王子稲荷神社・装束稲荷神社の最寄駅はJR王子駅か東京メトロ南北線王子駅、または都電荒川線王子駅前駅となります。

先に王子稲荷神社をお参りし、その後に行列の出発地点である装束稲荷神社に向かうことにします。

f:id:islog:20160103233952j:plain

昼に訪れたときとは雰囲気が違います。

f:id:islog:20160103233954j:plain

階段を上ると、社殿前は初詣仕様となっていました。
手を洗い、手を合わせます。

このときはまだそこまで人はいませんでしたが、年明けからは長い行列ができていました。

さて、早めに装束稲荷神社前に向かうことにしましょう。

狐の行列の出発

装束稲荷神社前はすごい人でした。

f:id:islog:20160103233956j:plain
この日、参列者の方や地元の方から「今年は人が多い」という声が何度か聞かれました。
知名度が上がり、年々見物に訪れる人が増えているようですね。

f:id:islog:20160103233957j:plain

狐の面をつけた海外の方も多く見られました。

f:id:islog:20160103233958j:plain

狐火に見立てられた提灯が幻想的な雰囲気を醸し出しています。
言い伝えでは、狐の行列の際に見られる狐火の多少によって、翌年の作物の豊凶を占ったと語り伝えられているのです。

年越しの時間が近づくと、祭りの運営の方がクラッカーを渡してくれました。
いよいよ年越しの時間となると、カウントダウンが始まります。

こちらは動画でどうぞ。

あけましておめでとうございますっ#狐の行列

鳴り響くクラッカーの音とカウントダウンの合唱。
なかなか賑やかな始まりとなりました。

これを合図に、行列が進みだします。

幻想的な狐の行列

行列が進み始めたあとは、行列の行く先に移動しながら見物します。

行列の最初には獅子舞がいました。

f:id:islog:20160103234000j:plain

噛み付く獅子舞とライトセーバーを振り回す交通整備の方。

狐の行列が大通りを練り歩いていきます。

f:id:islog:20160103234001j:plain

f:id:islog:20160103234003j:plain

f:id:islog:20160103234004j:plain

現代のアスファルトの道路を歩く、着物を着て狐の面をつけた人々。
夢の中にいるような、不思議な気分になります。

大通りを行列が過ぎたあとは、王子稲荷神社前に移動して待ち構えます。

f:id:islog:20160103234005j:plain

途中、焚かれた火が綺麗でした。
ここではきつね様グッズが購入できたり、温かいきつね汁がいただけたりします。

王子稲荷神社に入る狐の行列

王子稲荷神社前でのんびりと行列が来るのを待つことにします。

ぼーっと待っている中、日本在住だというイギリス人の方と話す機会がありました。
話していると思いの外話が弾み、その方のご友人が持ってきていた日本酒をいただきながら楽しく行列を待ちます。
この日本酒が、とても美味。
水筒に熱燗をいれている斬新さと、「日本チュ」と言っているのがかわいくて和みます。

実は前回王子稲荷神社に訪れた際にお酒をお供えしたのですが、そのお酒が返ってきたのかもしれないね、と妻が言っていました。
素敵な巡り会い。

楽しく待っていると、お囃子の音が近づいてくるのが聞こえてきます。
いよいよ、行列がやってきたようです。

f:id:islog:20160103234006j:plain

f:id:islog:20160103234011j:plain

f:id:islog:20160103234025j:plain

f:id:islog:20160103234026j:plain

狭い道なので、行列が目の前を通り過ぎていきます。

f:id:islog:20160103234028j:plain

f:id:islog:20160103234029j:plain

f:id:islog:20160103234030j:plain

f:id:islog:20160103234031j:plain

夏目友人帳の世界にいるような心地になったのは僕だけでしょうか。
お面をつけた妖怪が練り歩いているシーンを思い出していました。

ふわふわとした、不思議な感覚。

f:id:islog:20160103234032j:plain

行列は王子稲荷神社へと入っていきます。

神楽殿でのきつね囃子と獅子舞

行列が拝殿を参拝した後、神楽殿で催し物があります。

f:id:islog:20160103234034j:plain

きつね様に挨拶をして、神楽殿前に向かいます。

狐の大きな面が飾られた神楽殿で、

f:id:islog:20160103234035j:plain

きつね囃子や、

f:id:islog:20160103234036j:plain

獅子舞がおこなわれます。

獅子舞は動きが素晴らしく、年の初めに見ることができて良かったと思えるものでした。

f:id:islog:20160103234038j:plain

三本締めで祭りは締めくくられます。
こちらも動画で雰囲気を感じていただけたらと思います。


【王子 狐の行列】獅子舞後の三本締め

まとめ

f:id:islog:20160103234039j:plain

期待していた『王子 狐の行列』でしたが、想像通り素晴らしい祭りでした。
美しい風景に楽しい催し物、それに加えて素敵な出会いもあり、大満足の年越しとなりました。

また訪れたい、そう思える祭りでした。

 

今週のお題「年末年始の風景」

 

次回予告

今年の釣り初めは元日から!千葉内房での堤防からの五目釣り
RSS購読 rss-button-off

 

日本の神社ベストランキング

日本の神社ベストランキング
価格:1,058円(税込、送料込)

神社のいろは [ 神社本庁 ]

神社のいろは [ 神社本庁 ]
価格:1,748円(税込、送料込)