二二八和平公園|地元民が憩う公園にはリスがたくさん!【台湾旅行】

二二八和平公園|地元民が憩う公園にはリスがたくさん!【台湾旅行】

妻との台湾旅行の途中、手にした胡椒餅を食べようとふらっと訪れた公園。
二二八和平公園(にいにいはちわへいこうえん)と呼ばれるその公園は、日向ぼっこをする老夫婦や池にいる魚に餌をあげる家族など、現地の人達でいっぱい。

あまり見ることのできないリスを眺めながら、僕らもベンチに座ってのんびりと時間を過ごすことにしました。

台北駅近くにある広大な二二八和平公園(にいにいはちわへいこうえん)

胡椒餅の有名店、「福州世祖胡椒餅」と「蒸祖胡椒餅」で胡椒餅を購入した後のこと。

胡椒餅食べ比べ!台北駅近くの有名店(福州世祖・蒸祖)の胡椒餅【台湾旅行】

その胡椒餅をベンチに座って食べようと訪れたのが、二二八和平公園でした。

二二八和平公園|地元民が憩う公園にはリスがたくさん!【台湾旅行】

二二八和平公園はMRT「台大医院」駅の出口からすぐ近くにあります。

台北駅からも徒歩10分ほどで行ける、アクセスの良い公園です。

面積が71,520平方メートルと広く、四方は南が凱達格蘭大道、北が襄陽路、西が懷寧街、東が公園路で囲まれています。
公園内は空いているベンチのほうが少ないくらい、ゆったりと時間を過ごす現地の人で賑わっています。

二・二八事件を追悼する碑が建立された公園

二二八和平公園|地元民が憩う公園にはリスがたくさん!【台湾旅行】

そんなのんびりと温かな雰囲気が感じられる二二八和平公園ですが、その名の通り、二・二八事件で犠牲となった台湾住民を追悼する二二八和平紀念碑が建立された公園。
元は台北新公園と名付けられていたのですが、碑が建立されたのと合わせて二二八和平紀念公園に改められたそうです。

二・二八事件(ににはちじけん)は、1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、と国民党政権(外省人(在台中国人))による長期的な民衆(当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と日本人)弾圧の引き金となった事件。

参照:wikipedia

事件の詳しい内容はwikipediaなどで。公園内には紀念碑のほか、二二八和平紀念館もあります。

リスがいっぱい!動物が多くいる公園

二二八和平公園|地元民が憩う公園にはリスがたくさん!【台湾旅行】

二二八和平公園には歴史を感じられる施設などがありますが、公園自体は広々としていて、池には魚やアヒル、他にも白鷺やリスを見ることができる自然が豊かな公園となっています。

二二八和平公園|地元民が憩う公園にはリスがたくさん!【台湾旅行】

僕らはリスに夢中になってしまいました。頭の中でイメージするリスよりも大きな体で地面や木々を走り回っています。

公園やリスの様子は動画でも公開していますので、合わせてご覧ください。リスはあまり人を怖がらないので、近くで眺めていても逃げないですよ。

まとめ

僕らは昼過ぎに行ったのでのんびりと時間を過ごす方が大半でしたが、朝は太極拳などの体操を楽しむ現地の方のいる風景が見られるようですよ。

中心地にありながらゆったりとした雰囲気を感じられる二二八和平公園。旅の途中に、ぜひ訪れてみてくださいね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*