サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

釣った直後にさばいて干物にしておいたサバカワハギ
それを天ぷらにして食べてみれば、干物にしたことで強くなった旨味が口の中いっぱいに広がります。

……神津島釣りキャンプ6日目。

雨が本降り、風が強く吹く荒れた天候。とても釣りができるような状況ではありません。
この日は釣りはやめておこうと、干物にしておいた魚を食材に釣りメシを作り、キャンプ場でゆっくりと時間を過ごすことにしたのでした。

神津島沢尻湾キャンプ場でゆっくりと釣りメシを楽しむ時間

この日は天気が悪いことを予報で確認していました。それを知って、前日は夜遅くまで釣りを堪能。

神津島港夜釣りでサバ入れ食い!夕食はサバ干物カレー!|神津島釣りキャンプ

結果としては投げて投げても釣れるのはサバばかり。入れ食い状態でした。引きが良いので面白かったですけどね。

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

明けてこの日、目覚めてみれば予報通りの荒れた天候です。

ナンヨウカイワリに赤ブダイ!夜はサバが好釣だぃ|神津島釣りキャンプ

昨日の釣行では釣果は持ち帰らず全てリリースしました。ということで、前々日に釣って干物にしておいたサバとカワハギを食材に釣りメシを作ることにします。

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

沢尻湾キャンプ場には炊事場に炭火が焚けるコンロがあります。

沢尻湾キャンプ場|神津島の絶好ロケーションにある無料キャンプ場

ひとまず「サトウのごはん」を温めて食事の準備を進めます。サバとカワハギの干物は、天ぷらにしていただくことにしますよー。

サバの干物の天ぷら

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

まずは干物にしておいたサバから。

釣った魚を干物に!釣りキャンプで干物作りおすすめです

天ぷら粉をつけて油で揚げていきます。ジュワジュワ、パチパチ、いい音がします。外で天ぷらって楽しいんですよね。

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

40cm近い大きなサバだったので、少しずつ切り身にして天ぷらにしていきます。
塩を振り、刻んだ島唐辛子をのせて完成です。

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

干物にしたサバは旨味が凝縮されて濃くなっており、天ぷらにするとこれが絶品。食感は鶏肉のようになっていて、ボソボソしておらずジューシーです。
あまりの旨さに、天ぷらを肴に日本酒開始です。昼からですがw

カワハギの干物の天ぷら

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

こちらはカワハギの干物を三枚下ろしにしたもの。
しっかりと身がしまっており、旨味が凝縮されていること請け合いの出来でした。

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

切り身を天ぷら粉につけ、油に投入します。
揚げあがるのをゆっくりと酒を飲みながら待つ、贅沢で幸せな時間。

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

揚げたカワハギの天ぷらは見た目からしてなんともおいしそう。
干物にしたことでやはり旨味が凝縮されており、身はホクホクとしていて、かなりハイクォリティな出来となりました。まるで高級料亭の味。
カワハギが釣れたら刺身が定番でしたが、干物にしてからの天ぷらも今後はラインナップしそうです。本当に旨い。

まとめ

サバとカワハギの干物を天ぷらに!旨味が強くこれが美味|神津島釣りキャンプ

3枚おろしの際に余った中骨や頭は、塩を振ってカラッと素揚げに。揚げ物だとほとんど捨てるところなく食べられるのがいいですね。

干物を天ぷらにするのは初めてでしたが、もとより干物にすることで旨味が凝縮されているのでなんとも旨い天ぷらとなります。おすすめですよ!

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*