釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

釣りあげた鯖(サバ)を干物に!鯖の一夜干しです。
難しそうに思われる干物ですが、気温が涼しくなってくれば割合簡単ですよ。

釣りたての魚は刺身などでそのまま食べてももちろん美味しいですが、一晩干すだけで旨味が引き出されるので、焼き魚すると絶品ですよ。

茨城県鹿嶋の堤防夜釣りで釣った釣りたて小鯖を干物に!

干物にしたのは、茨城県鹿嶋の堤防で釣り上げた小鯖。

茨城県鹿嶋で堤防夜釣り!秋の釣果はアイナメに小サバ・アジなど

投げサビキ仕掛けでの夜釣りで鯖を10匹ほど釣りあげたので、半分はしめ鯖の手毬寿司に、半分は一夜干しにしたのでした。

釣った鯖(サバ)でつくる「しめ鯖の手毬寿司」|絶品釣りメシ

干物の手作りは意外と簡単!

これまでも釣った魚を干物にしています。

釣った魚は手作り干物に!塩干し・みりん干し・ウイスキー干し

涼しい時期であれば意外と簡単に作れるので、我が家では割と定番になっています。

釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

今回は塩水に漬ける塩干しにします。シンプルなので、魚の旨味を一番に味わえる漬け方かと思います。
僕は8〜10%ほどの濃度の塩水に1時間ほど漬けます。よく聞くのは5%の濃度の塩水に、30分ほどの漬け時間のようです。

釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

漬け終えたらクッキングペーパーなどで水気をとり、夜のうちに干しかごにいれて干しておきます。
朝になってから様子を見てみると、水分が抜けて身にしわが寄ってきているはずです。取り出して、食べるまでは冷蔵庫で保管しておきます。

干しかごはネットやホームセンターなどで購入できます。干物に必要なのはこれだけです。

手作り一夜干しを焼いて食べれば絶品!

釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

一夜干しした魚は旨味がしっかりと出て美味しいのです。ただ焼いただけではあまり美味しくなかった魚も、干物にすると化けることもよくあります。

初心者でも安心の堤防五目釣り!釣った魚は干物にして食す

いつもは七輪+炭火で焼いて食べるのですが、今回は簡単にフライパンで調理。

釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

両面焼き目が付くくらいに焼き上げたら食べごろです。
鯖は焼いている途中から脂が滴るくらいジューシー。干物にすることで、鯖の旨味がより引き出されていて、なんともおいしいです。
この日は日本酒とともにおいしくいただきましたよ。

まとめ

鯖はしめ鯖が我が家では定番ですが、干物にしても大変美味でした。次はもう少し大きい鯖を干物にしてみたいものです。

干物は意外と簡単なので、魚を釣ったときなどにはぜひ試してみてくださいね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*