龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

台北随一のパワースポット、龍山寺。
台湾旅行の際には、旅程の一つになっていることも多いのではないでしょうか。

実は、その龍山寺の周辺では夜市が毎夜開催されています。
今回の台湾旅の途中、西昌街観光夜市・艋舺夜市(廣州街観光夜市)・華西街観光夜市といった龍山寺周辺の夜市を散策してみることにしました。

ちょっとマニアックで怪しい雰囲気もある夜市ですが、ディープな夜市を体感したい方にはおすすめの夜市ですよ。
雰囲気が伝わるよう、動画を交えて紹介します。

龍山寺もいいけど周辺の夜市もおすすめですよ

龍山寺(ロンシャンスー)は、清時代に建てられた台北最古のお寺。

MRT龍山寺から歩いてすぐとアクセスが良く、国の二級古跡に指定されているなど芸術的価値も高い事から観光スポットとして人気です。

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

もちろん龍山寺もおすすめなので、夜市を巡る際には夜に合わせて訪れてみると良いかと思います。

では、ここからは周辺の夜市を紹介していきます!

西昌街観光夜市

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

龍山寺から東に進んで1本目の通り、西昌街で開催されている西昌街観光夜市。

こちらの夜市の露店に置かれているのは主に服飾系の商品。

西昌街観光夜市は他の夜市よりも怪しい雰囲気があり、少々荒い感じを受ける夜市。
おすすめというよりも、ディープな雰囲気を感じてみたければ通り抜けてみてはいかが?といったところですw

西昌街観光夜市の様子は動画でも公開しています。雰囲気がわかりやすいかと思いますので、合わせてご覧ください!

艋舺夜市(廣州街観光夜市)

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

龍山寺の目の前の通り、廣州街を西に進むと開催されているのが艋舺夜市(廣州街観光夜市)。

入口にある「艋舺夜市」というピンクのネオンの看板が目印です。

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

こちらの夜市には、食べ歩きができるような軽食を中心に服飾品などが置かれています。
ゲーム機を置く店などもあり、屋台の数も多く十分に楽しめる夜市です。

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

賑やかで明るい夜市ですが、若干怪しい面もあり、海賊版DVDが売られている屋台があったりします。
エロDVDを物色するおじさんたちの姿もよく見ましたw

夜市の雰囲気はぜひ動画にて!

華西街観光夜市

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

艋舺夜市を進んでいくと、右手に華西街観光夜市の入口である門が見えてきます。中国テイストの派手な門ですね。

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

華西街観光夜市はひたすらに一本道。アーケードの左右に店が立ち並んでいます。

こちらの店のバリエーションは豊富で、食堂を始めとして、マッサージ店やアダルトな店なんかもあります。

特色としては、蛇などの普段あまり食べないような食材を料理として提供する店があること。大蛇なんかが店先に並んでいるので、結構びっくりします。

龍山寺周辺の夜市は怪しくも必見!?西昌街・艋舺・華西街夜市【台湾旅行】

ディープな雰囲気に包まれる夜市ですが、食堂なんかは普通に利用できそうな様子です。

華西街観光夜市のアーケードを歩いた様子も動画にしています(3分頃から)。ぜひ合わせてご覧ください!雰囲気がわかるかと思います。

まとめ

龍山寺は観光スポットして有名ですが、龍山寺周辺はホームレースが多くいたり派手な格好をした女性がいたりと、他の地域に比べて治安は若干悪いようです。訪れる際にはお気をつけください。

実際、観光化された士林夜市なんかとは違い、歩いていて怪しく独特の雰囲気を感じることもありました。ま、それが僕にとっては楽しいのですが。

ローカルで、よりディープな夜市の雰囲気を楽しみたい方におすすめです。
それに、艋舺夜市の店で食事をしましたがおいしかったですよ。食事の時のことはまた次回綴りますね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*