【試して!】LINEでkaeruと入力すると●●に自動変換

突然ですが、皆さんはLINE使ってますか?
僕は結構頻繁に使わせていただいてます。

グループで送ったりもできるので便利ですよね。
時々うっとおしいけど。

そんなLINEをいじっている時に事件は起きました。

LINEさんなんでなんでなのその変換なんでなの

僕は仕事が終わって会社をでるときに妻にLINEでメッセージを送ります。

大体、

「帰るよー」

「帰るっ」

「I’ll be back」

なんて送ってから帰ります。

「帰る」って入力しようと思ったら英語入力だった

それが今日は「帰る」って入力しようと思った英語入力になっていて「kaeru」ってなってしまいました。

面倒臭いからまあいいか、と思った僕はそのまま送信ボタンを押しました。

f:id:islog:20151230124539p:plain

「Larry」

f:id:islog:20151230124555g:plain

え?えええええ????え・え・え??

突然Larryが僕の目の前に現れ、そしてそのLarryは妻にも襲いかかります。

f:id:islog:20151230124623p:plain

すかさず、「帰るよー」と入力してその場を切り抜けました。

危なかったです。
危うくLarryとの関係を妻に問いただされるところでした。

Larryってなに。だれ。

大体Larryってなんだよ、誰だよ。
海外に住んでいたこともあるけど、Larryって友達はいないです。

とりあえずググってみよう。

f:id:islog:20151230124634p:plain

そりゃそうだよ。

英和辞典だと『ラリー 《男性名; Laurence,Lawrence の愛称》』だよ。

落ち着いてLarryはなんなのか考えてみた

突然現れたLarryに心底焦りましたが、気を取り直してLarryが現れた時に何が起きたかを整理することにしました。

f:id:islog:20151230124645p:plain

可能性としては3つ。

  1. 「kaeru」と入力したつもりが「Larry」と入力していた
  2. LINE側の策略
  3. 僕の妻の名前が「Larry」

まず3を疑いましたが、残念ながら妻の名前はラリーではありませんでした。
次に2ですが、ググってもなにもでてこないので違うのでしょう。

そうなると人間的に自分を疑うことになりますが、1を検証する必要がでてきました。

僕は友人のヤカンにLINEでメッセージを送りました。

「kaeruってだけうってここに送信して」と書いてみました。

f:id:islog:20151230124658p:plain

待つこと30分、ヤカンからメッセージが返ってきました。

f:id:islog:20151230124740p:plain

「Larry」

なんてことでしょう。

ヤカンまでもがLarryしてきました。

これで2Larryとなってしまいました。

つまり、

f:id:islog:20151230124752p:plain

こんな感じです。

これで考えられる可能性は、

  1. LINEのバグ
  2. 僕の名前がLarry
  3. 僕のニックネームがLarry

となりました。

まず2について疑いましたが、僕はLarryとお名前の欄に書いたことはありません。
次に3ですが、そんなアメリカンなニックネームはこちらから願い下げです。

そうなると1なのでしょうか。

kaeruがLarryになってしまう経緯をググったり海外版yahooで検索したりしてみましたが、しっくりくる答えはでませんでした。
知っている方は教えて下さい。

まとめ

試しに妻にkaeruと入力してもらいましたが、しつこいくらいkaeruってメッセージがきました。

f:id:islog:20151230124803p:plain

ヤカンと試してみたところ、2回目からはkaeruと表示されるようです。

皆さんも試してみてくださいね!

追記

検証してみましたら原因がわかりました。

f:id:islog:20151230124816p:plain

まずこの入力モード(フリック)では発生しませんでした。

f:id:islog:20151230124826p:plain

この入力モードのときに発生しました。

って、あ!!!

f:id:islog:20151230124839j:plain

あー!!!!!!

予測変換でした。。。
kaeruがなぜLarryなのかは不明ですが、予測変換にやられているだけでした。

kaeru以外にも試しましたが、謎の予測でへんな言葉になるものが結構ありました。

ということで、お騒がせでした!

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*