絶品ひんやり芋団子スイーツ!九份の街を一望できる阿柑姨芋圓

台湾の人気観光地、九份。その九份で有名なスイーツが芋圓(ユィユェン)。

蒸し暑い台湾ではひんやりスイーツを身体がちょいちょい求めてきます。あちぃー、冷たいものをー、と。
九份にいる間も同様。甘くてひんやりしたスイーツを、と考えたときに思い浮かんだのが芋圓でした。

九份にいくつかある芋圓の店のなかで、僕らが向かったのは阿柑姨芋圓(アーカンイーユィユェン)。芋圓で有名な老舗です。

かき氷に芋団子と小豆たっぷりのお汁粉がかかったひんやりスイーツ『芋圓』

台湾旅の途中、九份に訪れた妻と僕。町を巡ったり、お茶や食事をしたりと楽しんでいたわけですが……。

台北中心部⇔九份 赤提灯が美しい人気観光地へはバスを利用

九份「阿妹茶酒館」絶景を眺めながらいただくお茶は格別!

九份「玄明田食堂」蒸しスープ餃子と豚角煮ご飯・桜エビ炒飯

九份には人が多く、階段が急だったりもするので結構体力を使うのです。それになんといっても台湾は蒸し暑い。少し歩けば冷たいものを身体が欲します。思い浮かんだのは芋圓。九份で有名なスイーツです。
そこで、九份の街を一望できるという芋圓の有名老舗『阿柑姨芋圓』に向かうこととしたのでした。

豎崎路の階段を上りきったところにある阿柑姨芋圓

九份のメイン通り、基山街。
その基山街の店が密集するエリアが終わる手前から交差して左右に続く急な階段道、豎崎路を上っていきます。えっほえっほと、結構急な階段。

f:id:islog:20160731175343j:plain

その階段を上りきったところに九份國民小学校があり、その前では階段に座り観光客が休んでいます。ここからの景色も綺麗なのです。えっほえっほと上りきったら休むのもありです。混んでますが。

f:id:islog:20160731175344j:plain

階段を上りきる少し手前、右側に阿柑姨芋圓はあります。黄色い看板が目印。有名店なので行列ができているかもしれません。
これだけ階段を上って、しかも暑いとあれば冷たいものが欲しくなります。絶妙な立地。

ここを通っていいの?阿柑姨芋圓は席に着くまでも面白い

芋圓には温かいものと冷たいものがあります。今回は冷たいもの一択ですね。
入り口で芋圓を購入し受け取ったら、席に向かいましょう。

f:id:islog:20160731175346j:plain

と、店内を見れば「席はどこ?」となる方が多いはず。見る限り席はなく、通路の脇ではせっせと調理場で芋圓が練られています。それを横目に通路を歩いていくのですが……。

f:id:islog:20160731175351g:plain

通路を少し進んでみても席は現れてきません。2度ほど角を曲がり恐る恐る歩いていくと、ようやく席のあるスペースに辿り着きました。「店内」が広すぎる。食べる前から面白いなー、このお店。

九份の街が一望できる景色が素晴らしい席

席のあるスペースは広く、多くの人がわいわいと会話しながら芋圓を食べています。

f:id:islog:20160731175347j:plain

オススメはなんと言っても窓側の席。そこからの景色はまさに絶景なのです。
この日は一日中晴れていて日差しも強かったので、窓側の席が空いていました。暑いけど、せっかくなので窓際に座ることにします。

f:id:islog:20160731175415j:plain

窓から外を見れば、九份の街が一望できます。九份自体が標高の高いところにありますが、阿柑姨芋圓の店はそのなかでも高台にあるのです。

f:id:islog:20160731175413j:plain

山や海も見渡すことができます。晴れていると広がる空も美しいですね。

さてさて、この素晴らしい景色を眺めつつ、芋圓をいただくことにしましょう。

ひんやりお汁粉芋団子スイーツ『芋圓(ユィユェン)』を堪能!

f:id:islog:20160731175416j:plain

こちらが芋圓、50元(約165円)。綜合豆という紅豆・綠豆・大豆のミックスにしました。色とりどりの芋圓と豆がかわいらしいスイーツ。

f:id:islog:20160731175417j:plain

カップもかわいいですね。阿柑姨(アーカンイー)と大きく店名がはいっています。ロゴデザインも素敵だ。
ちなみに「QQ」はモチモチという意味らしく、「QQ芋圓地瓜」はモチモチの芋団子とさつまいも団子ということなのだそう。ではでは、そのモチモチ団子をいただくとしましょう。

f:id:islog:20160731175418j:plain

ガッとスプーンですくえば芋圓やら豆がたっぷり。

芋圓は里芋から作る伝統的な台湾の菓子。こちらの芋圓はタロイモとサツマイモと緑豆の三色。見た目がカラフルでかわいいのですが、食感も若干違います。白玉よりも弾力のある食感。まさに「QQ」。モチモチ!QQ!

豆はミックスにしたので紅豆・綠豆・大豆が入っています。豆の風味が深みを与えてくれて、なお、おいしい。

f:id:islog:20160731175419j:plain

底にはかき氷がしかれています。たっぷりとかけられたお汁粉は控えめな甘さで、何度口に運んでも飽きがきません。

妻と僕でシェアする形でひとつにしたのですが、正解でした。底の深い大きいカップいっぱいに詰め込まれているため、一人でひとつ食べたら一食分くらい腹にたまりそうな感じです。良心的ですね。

まとめ

台湾旅2度目のひんやりスイーツでしたが、大変おいしかったです。

暑い台湾で具沢山かき氷!延三夜市沿いの杉味豆花の刨冰!!

刨冰(かき氷)もおいしかったですが、 芋圓のほうが個人的には好みでした。餅や団子・白玉なんかが好きな人には堪らないスイーツではないかな。

芋圓だけでなく景色も素晴らしいので、九份に行った際にはいかがでしょう。えっほえっほと階段をのぼったあとに食べるひんやりスイーツ、最高ですよ。

※記事内では1NTD(新台湾元)を記事執筆時のレートの3.3円で計算しています


阿柑姨芋圓

■住所
新北市瑞芳區豎崎路5號

■営業時間
9~20時(土曜は~23時)

■定休日


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!


世界最大の口コミ旅行サイト

海外旅行の際は、いつでもネットに接続できるレンタルWi-Fiルーターが便利。自宅受け取りなら送料無料です!


海外WiFiならエクスモバイル

スーツケースのレンタルなら、スーツケースの破損事故等でも無償対応してくれる下記が便利。ネットから申し込みすれば10%OFFです!


「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら

「旅の指さし会話帳」は海外旅行に欠かせない1冊!指1本さすだけで現地の人に希望を伝えられるので便利ですよ。


旅の指さし会話帳(本・電子書籍・ダウンロード)

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*