拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

京都への小旅行。宿泊するゲストハウスに荷物を置いた頃にはすでに日が暮れていました。

となると頭に浮かぶのは何を食べるか。妻と2人で話を始めます。
京都といえば、やはり京料理。おばんざいに舌鼓なんてたまらん……などと話していた僕らが辿り着いたのは、ラーメン屋。
拳ラーメン」という、ラーメン屋だったのでした。

食べログのベストラーメンに輝く人気店「拳ラーメン」

京都に着いて初日からまさかラーメンを食べるとは思いもしませんでした。そんな僕らが「拳ラーメン」に行くことにしたのは、宿泊したゲストハウス「宿はる家aqua」のスタッフさんがおすすめしてくれたからでした。

宿はる家aqua|築100年以上!京都の町家宿に泊まってみた

食べログでベストラーメンになっている、人気のラーメン屋とのおすすめでした。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

拳ラーメンは七条通沿いのJR山陰本線沿線近くにあります。

宿はる家aquaからは徒歩7〜8分ほど。
最寄駅はJR山陰本線丹波口駅。駅からは歩いて9分ほどです。

モダンな雰囲気の店内

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

店内は木調でモダンな雰囲気。
厨房周りにカウンター席は9席ほどあり、他にテーブル席もあります。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

調理担当のスタッフさんがウエスタンハットをかぶっていたりと、従来のラーメン店と違った雰囲気を感じます。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

カウンター席の前にずらりと置かれた食べログのベストラーメン受賞の賞状。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

柚子一味とコリアンダーが追加調味料としてテーブルに置かれていたりと、あまり見ない店内にワクワクさせられます。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

さてさて注文は…とお品書きを見てみると、メインの拳ラーメンには「濃(こい)」と「淡(あわ)」があるようです。
どっちにしようか悩むところですが、ここは2人いることの強みを使い、それぞれ注文して食べ比べてみることにしてみました。

拳ラーメン煮玉子入り「濃(こい)」

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

「濃(こい)」の拳ラーメン煮玉子入り。おしゃれとも感じるモダンで綺麗な盛り付けです。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

まずはスープをひと口……。
口に含むと醤油の香ばしさが感じられる、旨味の強いクオリティー高いスープ。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

麺はストレートの中太麺。行儀良く漂っている麺を啜ってみると、程よくスープと絡み、小麦の風味も感じられて実においしい。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!
具はレアチャーシューを筆頭に、刻みネギや海苔など。追加した味玉も文句なし。
特に、しっとりした食感のレアチャーシューがスープと相性が良く、じっくりと堪能できます。

拳チャーシュー麺「淡(あわ)」

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

こちらが拳チャーシュー麺の「淡(あわ)」。
ふんだんに盛り付けられたチャーシューと、高さをつけて盛り付けられた白髪ネギとカイワレ大根が目を惹きます。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

「淡(あわ)」のスープは「濃(こい)」とは違い、透明感のある淡口醤油ベースのスープ。
「濃」とは印象が全く違い、口当たりはあっさりとしていながらも、旨味はむしろ後からより強く感じられます。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

麺も「濃」とは違い、縮れ麺が使われています。スープがしっかりと絡んでくるので、スープの旨味が強くしっかりと口の中に広がります。

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

チャーシューは鶏のチャーシューが盛り付けられていたりと、色々な食感や味を楽しめます。トッピングの一つ一つにも手がかけられているのが感じられる、食べるのが楽しいと思えるラーメンでした。

まとめ

拳ラーメン|京都でラーメン食べるなら実力派の濃(こい)と淡(あわ)!

久々にスープを完飲してしまいました。ごくごく飲める系スープです。食べ終わった後に、器から「Thank you」という文字が現れるのも素敵ですね。

「濃」にしても「淡」にしても、麺とスープのバランスに加え、トッピングもクオリティーが高く感じられる満足度の高い1杯でした。ごちそうさまでした!


拳ラーメン

■住所
京都府京都市下京区朱雀正会町1-16

■TEL
075-351-3608

■営業時間
11:30~14:30、18:00~22:00

■定休日
水曜


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*